本・雑誌・記事

山本寛斎さん追悼。『七人の侍』

投稿日:

山本寛斎さんが7月21日に亡くなっていたことが27日にわかったそうで。

光一さんの追悼文。

堂本光一「とにかく豪快な方。衣装を身にまとえた事は誇り」 

 

もうあれから10年なのですね。

「七人の侍」

2010年有明コロシアム。

11月20,21日?

行きましたね、有明。

確か公演は見たはず、ですが・・・・・。

こちらに感想がありました。

『七人の侍』2日4公演が終わって。

昔のブログです。

いただいているコメントの方が当時を知る参考になるかもしれません。

 

ただこのときも、「もっと光一さんを知ってもらいたい」という思いがあって、結局、光一さんのソロ活動はなかなか周知されにくい、というのか、広報が全く不十分というのか、むしろ「宣伝されていない」という感覚が長く続いているわけです。

(やはり事務所が足かせ。)

 

光一さんも言っているように、あの衣装はよく覚えています。

いかにも寛斎さんらしい色彩豊かな衣装でしたね。

光一さんが派手な衣装に全然負けていなかったところが、さすがでした。

 

また2日目でいろいろな場面が変わっていて、光一さん自身の演出が加わったことで、作品が締まったように思われました。

 

昔のブログにでてくるM.A.Dというのは、ふぉーゆーの前身ですね。あまり覚えていませんが、当時の印象はよくありませんでした。

私としては今も微妙にこのとき印象が残っていて、ふぉーゆー大好き!とはなりません。

 

 

・・・あれからもう10年、となると、ちょっと、ため息が出ます。

光一さん個人の進化はともかく、環境としては相変わらず。

 

光一さんファンとしては、もっと外部舞台に出てほしい、もっと光一さんのソロ活動を多くの人に知って欲しい、と思う日々が延々と続いているのです。

 

 

『七人の侍』の衣装の一つはこんな感じでした。

 

さらにこちらはポスター。かなりピンボケ。

「七人の侍」ポスター

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

創刊 ”act guide” 巻頭特集!

本屋さんに確認するとあと一冊しかないと言われて慌てて取り置きをお願いし、夕方受け取ってきました。 表紙も素敵でしたが、裏表紙は夜の海の後倒れたコウイチ。 こちらなのですが、本を横にして撮ったものです。 …

日経エンタ 「現状維持ほど難しいものはない」?

日経エンタ、光一さんの連載のタイトル?は「現状維持ほど難しいものはない」 なのですが・・・・・。   「SHOCK」は18年、KinKiは22年続けている、と。 「この状態、まずいよね。どう …

ニンマリ!!・・だからしっかり「家のかたまり」で!!

今日、ニンマリしてしまった記事 こちら。 堂本光一、替え歌披露でわかった「異次元ジャニーズ」の実力   まあ、確かに色々な意味で「異次元」です。 まずは、美しさ。 多才さ。 もちろん「舞台に …

ザ・テレビジョン「光ちゃん、どうだった?」

楽しく読ませてもらいました。 「昔からの人たちと久しぶりに一緒に遊んでいる感じがいい」というのが光一さんの意向だったそうで。   三枝さんの狙いとしては、 1、動き回らせると魅力的な光一くん …

「座長祭り」の始まり‼️

やはり書店に舞台誌が並ぶようになると 「SHOCK」の季節が来たな‼️と思います。 今年は20周年、かつ光一さんが「演出」でクレジットされることもあって、ライバル、アンサン …