時を超えて

時間は何を語るか?!

投稿日:

 

この頃の報道を見ていると、特に羽生さんの「離婚」など、これまでとは違った見方をする人が増えているようす。

「離婚」というのはとてもプライベートなことであり、他人がどうこう言うべきではない、とは思うものの、羽生さんへの見方がやや変わった気もしています。

どんなことであれ、落ち着いてみればそれなりに違って見えるようになることもあって、一時の気の迷いというか「決めつけ」は危険だなあと改めて思います。

それは自分への大きな警鐘ですし、だからこそ長年見てきた光一さんが信じられる、という確信にもつながっているのです。

 

人は変わってゆくものですが、その真ん中は変わることなく、その人の人生を支えてゆくのでしょう。

 

若い頃から今に至るまで、光一さんの舞台への思いは変わらず、努力を続けて舞台に立ち続けているのです。

そうした生き方を長年見てきたからこそファンとして応援しつづけてきましたし、これからも応援するつもりです。

そういう人に出会えたことは私の大きな幸せです。

一時の人気に惹かれて誰かのファンになる人もいるでしょうし、「担降り」というのですか?

良く知りませんが、他の人のファンになる人もいるでしょう。

それでも長く誰かのファンでいられることは幸せですし、自分は間違ってはいなかったと思えるのは嬉しいことです。

ですから時間をかけてゆっくりとファンになってください。

そうしてずっと応援し続けてください!

そういう人との出会いがありますように!!

【追記】

12月7日からは「大雪」(たいせつ)です。

本格的な「冬の訪れ」

雪の多い地方の方は足元にお気を付けください。

大雪

 

「シクラメン」写真

そうして、なんと言っても「シクラメン」の季節。

いよいよ年末ですね。

 







-時を超えて
-, ,

執筆者:

関連記事

記憶と円熟と・・・・やって来る衰退も・・・「受け止める」潔さ。

  『全て受け止めるさ!』という声が脳内で響きます・・・。 大好きなコウイチの声が・・・・。 光一さんの声を聴いていると昔の記憶が蘇るのか元気がでてきます。 光一さんと出会ってからもう四半世 …

時代は変わってゆく・・・ということか・・・

  以前にも触れましたが、時代が変われば価値観もかわる、人の考え方も変わる、ということかもしれませんね。 昔は許されたことが今では許されない。 ・・・でも今になって、というかピンチになったり …

「その時」の対応・・・。

  人は有事の時の対応に人柄があらわれます。 例えば、交通事故での「逃げ」 私はそういう人は決して信じられませんし、芸能人で多少の人気があっても興味すら持てません。 何か予測不可能の事態が起 …

難しいのは「時」の過ごし方。

  今はまだ60代ですが、難しいのはこれからだ、と思っています。 「老い」と,どう向き合うのか、自分の衰えをどう認めていくのか? そういう事は誰とも話していないけれども・・・・ 肉体的には明 …