本・雑誌・記事

事務所の思惑??

投稿日:

改めてあの会報の堂本剛くんの記事を振り返ってみると。

…と言ってもネット記事ではよくわからなかったところをツイートで確認したのですが。

こんなふうだったらしい。

 

以下引用

⇓  ⇓

#堂本剛 さんは会報に「今までのキャリアは辛い事ばかりだった。その中でもソロの音楽活動には楽しさと自信がある。(アイドル業と俳優業が辛かったらしい。)30歳を過ぎたあたりから趣味をゆっくり楽しみながら、全て自分で決められるソロ音楽活動がしたいと考え始めた」とハッキリ書いてます。

 

さらに引用

⇓  ⇓

自作曲以外の歌を歌うと身体にカスがたまりフィルター掃除をしたくなる

 

とか。

 

さすがにネット記事ではここまであからさまには書けなかったようですね。

しかし、FCの会報にこれが掲載されたということは、事務所がチェックしないはずはないと思うのですが。

にもかかわらずキンキコンをドームでするって??

 

つまり事務所も剛くんの言うことをまともに受け止める気が無い、ということか、と思うわけです。

いわゆる「キンキファン」も、これを読んでもキンキコンを楽しみにしているというのであれば、剛くんが書いた文章は誰も本気で相手にしていない、ということ。

 

自業自得、という言い方もできなくはありませんが、ちょっと気の毒にも思うのです。

 

とはいえ「30歳を過ぎたあたりから」って。

10年間もソロ活動をしたいと「考えていた」って。

 

考えるだけで10年過ごしましたか!?

ま、そういう人なんでしょう。

事務所もそう考えたのでしょう。

ドームでキンキコン、といえばやるだろう、と。

どんなことになっても「光一がなんとかするだろう」ですか??

 

ジャニーさんが亡くなっても大勢に影響なし、としたい事務所にしてみれば、「キンキ解散」は避けたいところ。

 

また、剛くんがあんな発言を会報でしておきながら、キンキコンのステージに立つなら、やはりあれは単なる愚痴に過ぎないことにもなる、という事務所の考えもあるかも。

 

本当に真剣になんとかしたいのなら、もうそのステージで宣言してしまうしか方法はないのでは?

と私は思います。

 

もちろん相当の覚悟は必要でしょうが、

ソロの音楽活動には楽しさと自信がある』のであればできるのではありませんか?

これまでは、そこに自信がないからキンキを続けるのかと思っていました。

とんだ誤解でしたね!

 

本気のほどを見せてもらえませんか?

もう40歳過ぎですし、10年考えてきたのですから!!

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さあ、恒例の『光一さん祭り!!』

書店の演劇誌の表紙が光一さんでいっぱいの、光一祭りが始まります!! ・・・しかし、ここ数年の雑誌は光一さんのビジュアルが変わらなさすぎて、いつのものやら判別不能状態。   さらに、さらに、『 …

2017年の記事など。

たとえば、こちら。 「SHOCK」1500回を迎えるにあたってのインタビュー記事です。 ここにも「ブレない」座長の姿がありますね。   こちらは別の記事。 「濡れ衣」?? これにはいろいろな …

えっ!NY?・・・  という情報と「日経エンタ」の連載!

こんなツイートがあったらしいです。 ↓ ↓ ”マジェスティックシアターにオペラ座の怪人見に行ったら堂本光一いてビビった。トニー賞の番組関連で鑑賞しにきたらしい。“   ↑ ↑ 世界は狭い!と …

白シャツ、サスペンダーに紅い薔薇!!

あまりにツボにハマり過ぎて一瞬固まりました。 「STAGE navi」です。 なにしろ、表紙を開くとピンナップも次のページも紅い薔薇🌹 黒も素敵ですが、やっぱり白! しかも手には紅い薔 …

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

以前に「二人の貴公子」がなかなか手 に入らないので、探していたとき、 電子書籍で販売されていると教えてい ただいたのですが、amazonでは既に 売り切れでした。   ところが再販されたよう …