本・雑誌・記事

国連の声明!!

投稿日:

 

こちらです。

国連部会「被害者の実効的救済を」 ジャニー氏の性加害問題で声明

いちおうご紹介。

ジャニーズ事務所の創業者、故ジャニー喜多川氏(2019年死去)の性加害問題について被害を訴える元ジャニーズJr.や事務所関係者らから聞き取りをしたことを明らかにし、「政府が主な義務を担う主体として透明な捜査を確保し、謝罪であれ金銭的な補償であれ、被害者の実効的救済を確保する必要性」があることなどを示唆する声明を公表した。

また

事務所の特別チームによる調査については「証言によると、透明性と正当性に疑問が残っている」と指摘。「あらゆるメディア・エンターテインメント企業が救済へのアクセスに便宜を図り、正当かつ透明な苦情処理メカニズムを確保するとともに、調査について明快かつ予測可能な時間軸を設けなければならない」とし、日本の全企業に対して、虐待に対処するよう強く促すと訴えた。 」と。

さあ、これを受けて企業はどう対処するのでしょう。

ここまで言われないといけないという情けなさもありますが、政府も企業もきちんと受けとめるべきでしょう。

もうジャニーズ事務所もあきらめたらいいのでは?

ここで変化がないようでは、もう終わりでしょうね。

 

 

一方、羽生さんのお相手探しは大変なようで・・・。

ご本人の意思もあるでしょうから、もう「プーさん」でいいのではないでしょうか?

詮索もほどほどに。

 

 

こちらは全然違う記事。

大好きな俳優さんなのでこの記事をご紹介。

堺雅人、「嫉妬もない。次元が違う」と大絶賛する俳優を実名告白…「画に映るとスケールが大きくなる」

それならば日曜劇場を見なさいという話なんですが。

何となく興味が持てないので仕方がありません。

阿部さんというと、ローマ人、とか「トリック」とか。「結婚できない男」のようなちょっと変人役が好き。

もちろん「新参者」とかそのほかの作品も好きなんですけど・・・。

 

さあ、8月に入って、羽生さんや藤井さん、ジャニーズなど、さまざまな話題が出てきました。

良いことも、そうでないこともありますが、やはり何ごとも妙な画策をせずに、できることに全力を注ぐのが一番だと思います。

見る人は見ています。

声の大きい少数者に惑わされず、声はいちいち出さずとも心ある人は多いと信じていきましょう!!

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

「ユウマ」観劇と「マスク」についての追記

2月16日、中山優馬くんが観劇されていたそうですね。 座長から紹介があったとか。   また、ちょっと触れた劇場内のマスクについて。 週刊プレーボーイのF1連載で、座長が語っていたと教えていた …

”キングオブ帝劇”堂本光一!!

帝劇でのゲネプロや記者会見に関する記事が嬉しいです。   そのなかでも”キングオブ帝劇”のフレーズが出てくる記事をご紹介いたします。 こちら “キングオブ帝国劇場”堂本光一&井上芳雄が「ナイ …

注目記事!!

こちらです。 【深ヨミ】直近4作で最大のヒット 堂本光一『PLAYFUL』を過去作と比較 『2021年6月14日付のBillboard JAPAN週間“Top Albums Sales”で、堂本光一『 …

いろいろな記事があります・・・・。

光一さんの舞台や映画の話がネットの記事にも増えてきていますね。 こちらは2月1日から14日まで映画が上映される、という情報と光一さんが変化したところを語る共演者の人たちについての記事。 上田竜也、堂本 …

2017年の記事など。

たとえば、こちら。 「SHOCK」1500回を迎えるにあたってのインタビュー記事です。 ここにも「ブレない」座長の姿がありますね。   こちらは別の記事。 「濡れ衣」?? これにはいろいろな …