本・雑誌・記事

週刊ザ・テレビジョン‼️「2人の王子」

投稿日:

NHK、SONGSに関する記事が3ページ、しかし、その前に、ブンブブーンの記事が数ページあって、さて、購入するべきかどうかしばらく迷っていました。

 

とりあえず「立ち読み」

何しろ「ブンブブーン」の記事の分量が多く、しかも、もう5年も続いている?

 

ブンブブーンの為に買ったと思われるのも嫌なので。

 

・・・・ともかく「2人の王子」です。

SONGSのチーフプロデューサーの町田さんのお話。

町田さんは光一さんとは、あの「ポップジャム」からのお付き合いとか。

「すべてはステージのために」にも関わってくださった方。

以前から「SHOCK」の曲をTVで放送したいと熱望されていたそうで。

『全然扉が開かなかったんです。理由は「舞台にしかない空気感をテレビで伝えるのは難しい」という光一さんのこだわりだったんです。だから正直なぜ今回OKなのか分らない』と。

ナイツテイルの楽曲の演出については、東宝関係者を交えて、2人と打ち合わせを行い徹底的に話し合ったそうです。

「宿敵がまたとない友」について。

『この共演は二人が本当にイーブンな関係でなければ成立しなかった』と。

また、町田CPが見た二人の魅力も語っています。

光一さんについては、

『これだけ自分に厳しい人に会ったことがない』と。

『18年間一度も作品に満足したことがない。そして自分の理由で休んだことが一度もない強さと覚悟。・・・本当の意味で全てを”背負って”いる人が何人いるか』とも。

 

また、芳雄さんについては、

『ミュージカルをやるために生まれてきたとしか思えない声と華。

声に品がある。それがプリンスと呼ばれる所以だろうと思う』と。

 

このお二人が出会ったからこそ実現した『SONGS』

11月3日は正座して見ることになりそうです!

 







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「BEST STAGE」は梅芸ゲネプロも?・・・そして思うこと。 

さて、「BEST STAGE」もチェックです。 こちらは梅芸でのゲネプロのレポが載っていますね。 「将来舞台に関わることになるかもしれない学生さんたち」(大阪芸術大学舞台芸術学部)を招待したそうで、歌 …

創刊 ”act guide” 巻頭特集!

本屋さんに確認するとあと一冊しかないと言われて慌てて取り置きをお願いし、夕方受け取ってきました。 表紙も素敵でしたが、裏表紙は夜の海の後倒れたコウイチ。 こちらなのですが、本を横にして撮ったものです。 …

「婦人公論」のツーショットが大好き!となるファン心理!しかも今日7/12はデビュー記念日!

これは好みの問題かもしれませんが・・・・。   いろいろな雑誌で光一さんと井上さんのツーショットがありましたが、その中でも一番好きなのがこの構図です。   「婦人公論」の5ページの …

週刊朝日6/29表紙の光一さん!!

備蓄用のレトルト食品や水が売り切れで棚がガラガラのスーパーが多い関西地方です。 が、光一さんが表紙の「週刊朝日」買ってきました。   なんといっても、「KinKi kidsの」とかが一切無い …

楽しみな雑誌情報!「婦人公論」「悲劇喜劇」

まずは「婦人公論」 こちら。 『ちょっと先の予告】 #堂本光一 さんが『#婦人公論』1月28日売りの表紙に! 主演舞台「#EndlessSHOCK」が20周年を迎える光一さんを、篠山紀信さんが撮影しま …