本・雑誌・記事

日経エンタ 「現状維持ほど難しいものはない」?

投稿日:

日経エンタ、光一さんの連載のタイトル?は「現状維持ほど難しいものはない」

なのですが・・・・・。

 

「SHOCK」は18年、KinKiは22年続けている、と。

「この状態、まずいよね。どう改善すればいいかな?」とストレートにスタッフと話し合っている、と。

 

「SHOCK」はともかく、KinKiはどうでしょう?

何しろ、もう一人のメンバーが、「俺が何をやっても喜んでくれるだろう」と思っている当人ですから。

 

光一さんが、「甘えを持ってしまった途端、絶対にそれは維持できないんです」と言い切っているんですけど。

 

多くの人が関わっているキンキだとしても、今の現状を見て、誰かがもう決意しなければならないでしょう。

 

「自分の感情は二の次」という光一さんの言葉は理解できますが、もはや感情ではなく、事実として、キンキの現状を判断するべき時でしょう。

 

現状維持の方が、楽かもしれません。

 

敢えて自分の意思を通すことは、自分だけのことならできても、もう一人のメンバーもいることを考えれば、簡単ではないでしょう。

 

しかも、そのメンバーが、なんだかんだ言っても、グループの存続を望んでいるらしいとなれば、なおさらです。

 

 

昔々の記事で、キンキの大人と子ども、という記事を覚えていらっしゃる方も多いと思います。

その当時から、光一さんは「大人」でした。

もう一人は常に子ども。

あれから20年が経ってもそこは変わりません。残念ながら。

 

今のキンキの現状を客観的に見ることができて、判断することができるのは、

大人である光一さんしか居ないのです。

 

あちらの「子ども」に出来ることは、あとからブツブツ言うだけ。

 

もうこれまでの経験で分かっていることです。

 

もちろん、人生の大事ですから、光一さん自身が決めることではありますが。

 

 

ただファンとしては、今後見たい未来の光一さんの姿があります。

もう見たくないキンキがあります。

そんなファンの気持ちは声に出していきたいと思います。

 

 

「ナイツテイル」のアーサイトを見られて幸せでした。

パラモンに出会えて良かったと思います。

だからこそ、光一さんも言っているように、これだけで終わらないように、未来に繋がるように、強く願っているのです。

 

18年に及ぶ舞台SHOCKを経て、ようやく叶った外部舞台ではありませんか。

光一さんが求め続けた場所でしょう。

掴める時に掴んでください!

全力で!!

 

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …

楽しみな雑誌情報!「婦人公論」「悲劇喜劇」

まずは「婦人公論」 こちら。 『ちょっと先の予告】 #堂本光一 さんが『#婦人公論』1月28日売りの表紙に! 主演舞台「#EndlessSHOCK」が20周年を迎える光一さんを、篠山紀信さんが撮影しま …

文春の恥ずかしい40票‼️『口汚く罵る』と呆れられています!

↑ こちらは教えていただいた文春の記事の一部です。   もはや平成も終わろうとしているこの時期、もうジャニーズという名称もある意味揶揄の言葉になっている気もしているのですが・・・・。 &nb …

2/7  2公演終了‼️  雑誌のことなど。

今日は2公演。 無事終演、を確かめて。 観劇された方のツイートを拝見しながら、まだ今年の舞台を観ていないので同意もしにくいし、初観劇の方々の感想を嬉しく思っても、リツイートもしにくくて。   …

日経エンタ連載Vol.57は2ページ全てが見どころ読みどころ!

  前回はGコンの話だったので、正直まあ普通に読んで終わりでした。 この時の感想はこちらです。 日経エンタに見る相違   が、今回は2ページ全てがいわば「読みどころ」   …