舞台

変化と進化

投稿日:2018-03-21 更新日:

「SHOCK」は進化してきた舞台ですが、いくつか大きな変化を遂げています。

 

もちろん一番大きな変化は、「Endless SHOCK」になったことです。

 

その後の大きな変化は「オーナー」だったのではないでしょうか?

 

植草さんから美波里オーナーへ。

男性オーナーから女性オーナーに変わったことで、コウイチを見守る視線が変わりましたし、このカンパニーに注がれる愛情の質も変わりました。

 

それはまさに美波里さんを得たことによる変化でした。

 

このオーナーの存在感と華やかさは、そのまま森公美子さんにも受け継がれましたが、「美波里オーナー」のイメージはあまりにも大きく全く同じ楽曲・ダンスでは、やはりどうしても美波里オーナーをイメージしてしまいます。

 

ユウマをキャストに迎えたことでコシオカが存在感を発揮したように、(これにはユウマをカバーする、という意味合いが強いと思いますが)新たなオーナーの個性を引き出す新たなシーンがあってもいいのかな、と思います。

 

キャストが新しくなれば舞台は変化します。

もちろん変化=進化ではありません。

が、変化がなければ進化はありません。

そう言う意味で「SHOCK」は変化を進化に変えながらセンターに立ち続ける座長とともに成長してきた舞台といえます。

 

ライバル役は屋良くんも内くんも数年をかけて深めてきたのですから、ユウマにいきなり同じレベルのものを求めるのはそもそも間違っているのでしょう。

 

長く続く舞台にはキャストの交代は必要です。

それが舞台に新たな息吹を吹き込み、新たな感動と新たな発見を呼ぶのだと思います。

 

・・・ユウマはどんな息吹を、どんな感動をどんな発見を感じさせてくれるのかな?

 

今回のリカが、いろいろなシーンで新たな発見をもたらしてくれるように、ユウマは何をもたらしてくれるのだろう?

 

最初の観劇からちょうど一ヶ月。

 

明日の観劇を前にして、今年の「SHOCK」についての自分のイメージを整理しておこうと思いました。

 

今日が最後の休演日。

座長は休めたのでしょうか?

明日からは10日連続の14公演です。

『千穐楽に乾杯!』と全員で高らかにいえる素敵な千穐楽になりますように!

 

 

 







-舞台
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井上芳雄さん、弟キャラなの?

最近、芳雄さんが心開いていて、すっかり弟キャラらしい。 二週間前の観劇時には、そうは思わなかったのですが。 そこまで感じる余裕がなかったのか、その時から変わってきたのか・・・。   光一さん …

梅芸2日目は初日以上の盛り上がり!?

拍手鳴り止まず、4回目のカテコとか。 光一さんすでに裸になっていたのをまた衣装をつけて出て来てくれた模様。 加穂先生のお誕生日だったそうですね。カンパニーの一体感が、ますます濃くなったようす。 客席の …

「光一君と一生やっていきたいくらい」 朝日新聞

朝日新聞の 「役とも重なる2人の波長」 こちらです。 「どうしようもないバカなんだけど、お互いが大好きで、言葉にはしないけど認め合っている」(堂本) 「やっぱり重なりますね、俳優同士としてね」(井上) …

市村さん、森公美子さんが観劇!!

今日のカテコはバックでみんながラインダンス? 3人の方がパフォーマンス。 毎回、どなたがパフォーマンスされているのか、知りたいです。 光一さんもよく足が上がっていたとか・・・。 カテコでの楽しそうな様 …

衣装合わせに舞台フルセット?

Twitterで知る「ナイツ・テイル」の進展。 「い、衣装合わせ~!!」 どんな衣装なんでしょう? まさか、筋肉がかなり見える感じ? 捕虜となると、地味なのでしょうか? 舞台もフルセットで。 和楽器の …