本・雑誌・記事

日経エンタ連載 特別編 vol.73

投稿日:2019-08-04 更新日:

 

これは7月9日ジャニーさんが亡くなった日の翌日、光一さんからの申し出によって、すでに取材を終えていた別テーマの記事に替えてインタビューをやり直した記事。

ページ数もこれまでの2ページから4ページに増やしての「特別編」となっています。

 

光一さんが発表した「SMGO」

また事務所から発表された各タレントの「コメント」

よりも詳しく、その時の様子や、光一さんの心境などが語られていて、饒舌に自分のことを語らない光一さんが、「インタビュー」を受ける形で、いろいろ話してくれたんだなあ、とまず思ったのでした。

と同時に、ジャニーズのタレント、というかジャニーさんの「息子」のひとりとして、公の「堂本光一」として、こうした「記録」にもなる一文を残しておくべきだ、と思ったのだろうな、とも思いました。

 

このあたりは、舞台の座長を務める光一さんの、ある種の「責任感」というのか、明らかにできることはしておく、という姿勢の表れでもあると思いましたし、この記事中で、中居くんのジャニーさんへの「愛」に触れているあたりに、光一さんならではの姿勢を感じたりもしたのでした。

 

「病院に夕方行って朝までいる」時間があって、良かった、と思いましたし、これがもしも舞台中であれば、そうはいかず、光一さんの気持ちも違ったものになっていたでしょう。

「ジャニーさんとふたりきり」の時もあり、十分な時間を持てたことは、光一さんにとって幸せだったでしょうし、他の人たちもそうだったでしょう。

 

光一さんの言葉を通して知る「ジャニーさん」は、やはり凄い人だったのだと思います。

また、「なんで事務所の代表が出てこないんだ」という指摘に対する、光一さんの『違和感のなさ』という部分を読んで、なるほど、こういう感覚なのか、と思ったりもしました。

 

「ユー最悪だよ」

「ユーやばいよ」

この二つの言葉が一番思い起こされると光一さんは言っていますね。

やばい方は私生活の面でよく言われたそうですが、なんでしょう??

 

光一さんの中でジャニーさんは生きている

だから悲しくないし、「お別れ」する必要もないのかな、とも言ってますね。

 

F1の、シューマッハとセナのエピソードを絡めて、

シューマッハはセナの記録をすべて塗り替えた時に「涙した」と。

『その意味では一生ジャニーさんの死を認められないのかもしれない、だって、ジャニーさんを超えるのは不可能だから』と光一さんは言っています。

これがいい意味での「トラウマ」だと。

 

・・・・光一さんの7月10日の思いですね。

 

この時の光一さんの思いを、このように語って残してくれたのはとても嬉しいことです。

光一さん自身にとっても、ファンにとっても、大事に残しておきたい言葉ばかりだと思います。

 

キャップのジャニーさんが写りこんでいる写真もあって、「保存版」として残しておきたい一冊です。

 

 

ちょっと気になったのが「今月のメモ」

「音楽の日」では、

『ボクの背中には羽根がある』を歌いたかったそうで。

でも差し替えが間に合わないと、言われたとか。

調べてみるとこの日歌われたのは。

『永遠のBLOODS』『フラワー』『Hey!みんな元気かい?』の3曲。

 

 

7月10日の光一さんの「SMGO」で、

「この羽根を大事にこれからも育てていきたい」と綴った光一さん。

「この羽根で羽ばたかせていただいた」とも。

 

光一さんは歌いたかったでしょうね。

 

・・・・でも、その羽根を大事に育ててきたのは光一さんですから。

その羽根でもっと高く、もっと遠くへ、飛翔してほしいと私は願っています。







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

記事『『SHOCK』開幕の堂本光一 対コロナ仕様舞台の苦労明かす』

この記事を読んで、昨今の俳優さんの「自殺」のニュースを思い、コロナ禍における多くの努力と、覚悟と、なかなかわかりにくい関係者の方々のジレンマなど、考えさせられました。 記事はこちらです。 『SHOCK …

舞台誌!・・・選んだのは”STAGE SQUARE”ですが何か?

書店に並ぶ舞台誌! この時期はもちろん光一さんが表紙です!! どれも素敵な光一さんです! ・・・が一番に目に飛び込んできたのは『二の腕』 腕だしの光一さんはこの”STAGE SQUARE”だけですから …

”可愛いい”と”大人”の間で・・・!

「PON」のインタビューの光一さん、GYAOの#0の光一さん、どちらもやっぱり可愛くて。 39歳の男性に「可愛いい」って?と思うのだけれども。 それでも可愛いとしか言えない笑顔で。 光一さんの露出が増 …

20年前の自分に「今の俺がどう声をかけても届かないと思います」

AERAの「表紙の人」の記事です。 舞台誌では想定内の記事が多いですが、そうではない雑誌では思いがけない文言に出合います。 タイトルの言葉には前後があって、それはこちら。 ”20年前の自分に声をかける …

素敵な記事を教えていただきました!

こちらです。 社会の危機に底力発揮する堂本光一、「SHOCK」再生へのアイデア次々実現 昨日、この記事を教えていただいてから、考えていました。   もうね、「硝子の窓ふき」から「家のかたまり …