本・雑誌・記事

気になる・・・「13月を探しに行こう」

投稿日:

実は気になる記事が・・・。

こちらです。

2月、3月の公演は今回が最後!?堂本光一 リスクの少ない“13月”の上演を希望

特にここ。

<堂本光一 取材会リポート>

の中の、

『今はコロナ禍で、ちょっとした微熱でもステージそのものをストップさせなければいけない状況。来年は(感染予防対策も)徹底してやらせていただきますけど、自分も年なので。罹ってしまったら重症化のリスクが高いほうに、確か40歳以上は入ると思うんですよ。そのへんもくみ取ってくださるようなので、もしかしたら2月、3月の公演は来年が最後になるかもしれないです。

世の中、どうなっていくのか分からない時代じゃないですか。「SHOCK」をいつまでやろうと自分は考えたことがないですけど、本編はもうできないかもしれないなって、どこかしら思っている部分もあります。今後、やるんだったら2月、3月は避けたいという話を(東宝へ)させていただいたのは確かです

――リスキーじゃない月となるといつ頃なんでしょうか?

“13月”じゃないですか?いいでしょ、(実際にはあるはずのない月という発言が)ジャニーさんっぽかったでしょ(笑)。“13月”をみんなで探しに行きましょう!』

 

⇑ これを読んで思うことがいくつかありました。

2月3月という劇場にとってはお客さんが入りにくい時期に、光一さんは頑張って結果を出してきたと思います。

もう十分に期待に応えてきたでしょう。

2月3月は避けたい、というのは光一さんはご自分の年齢を理由にしていますが、むしろ、ファンの年齢の問題があるのだろうと私は思います。

事実、コロナ禍によって私も含め、観劇を諦めた人がかなりいたはずです。

少しでもリスクを少なくするためには、2月3月を避けるというのもアリだろうと思います。

 

「SHOCK」本編の上演も、もうできない可能性はあるでしょう。

そういう意味で『映画化』は嬉しいですが、さらに『SHOCK』DVDも期待しています。これまでの「SHOCK」の集大成を残して欲しいです!!

 

コロナ禍によって、『スピンオフ』が生まれ、舞台の上演時期も変わるかもしれません。

(内心では、ジャニーズが帝劇に占める舞台の割合が減ってもいいと思っています)

「13月を探しに行く」というのも、笑いの陰に、いろいろな意味での「見直し」があるのではないか、とも思っています。

 

いずれにしても、2021年は新たなスタートになるのかもしれません。

光一さんにとっても、ファンにとっても。

 

それは思い描いたものとは違っていたとしても、現実の状況に即した変化になるのでしょう。

柔軟に今後の状況に対応できるようにしたいものです。







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

TV誌のレポと写真!

このところバタバタで情報に疎くなっているなあと自覚もしているので、書店でTV誌を少し見てみました。   舞台のレポと写真を発見。 特に写真! ピアノの鍵盤の上に隠れた? なんのこっちゃ ? …

改めて・・カーテンコール挨拶はこちら。

昨日はインスタライブを見るだけに夢中で、きちんとキャストの挨拶をお伝えできませでした。 詳しい記事がありましたので、改めてご紹介します。 堂本光一「すごくいい顔してたね!」上田竜也の“成長”を絶賛 ま …

読売新聞 『週刊エンタメ』・・・と「一般販売」・・・。 

まずは読売新聞11日朝刊の「週刊エンタメ」の記事です。 20年を迎えた「Endless SHOCK」についての記事ですね。 特にここが嬉しかったです。 「初演から全席完売のミュージカルは他にない。上演 …

日経エンタ連載 Vol.92「ジャニーズのバカ力はどう養われている?」

今月の日経エンタは「新ヒットメーカー」「テレビ新ドラマ」などが特集されています。 残念ながら光一さんはいつもの連載ページのみ。 しかし、芸能界で20年以上も一線を走ってきた歴史を思うと、改めて凄みを感 …

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …