本・雑誌・記事

気になる・・・「13月を探しに行こう」

投稿日:

実は気になる記事が・・・。

こちらです。

2月、3月の公演は今回が最後!?堂本光一 リスクの少ない“13月”の上演を希望

特にここ。

<堂本光一 取材会リポート>

の中の、

『今はコロナ禍で、ちょっとした微熱でもステージそのものをストップさせなければいけない状況。来年は(感染予防対策も)徹底してやらせていただきますけど、自分も年なので。罹ってしまったら重症化のリスクが高いほうに、確か40歳以上は入ると思うんですよ。そのへんもくみ取ってくださるようなので、もしかしたら2月、3月の公演は来年が最後になるかもしれないです。

世の中、どうなっていくのか分からない時代じゃないですか。「SHOCK」をいつまでやろうと自分は考えたことがないですけど、本編はもうできないかもしれないなって、どこかしら思っている部分もあります。今後、やるんだったら2月、3月は避けたいという話を(東宝へ)させていただいたのは確かです

――リスキーじゃない月となるといつ頃なんでしょうか?

“13月”じゃないですか?いいでしょ、(実際にはあるはずのない月という発言が)ジャニーさんっぽかったでしょ(笑)。“13月”をみんなで探しに行きましょう!』

 

⇑ これを読んで思うことがいくつかありました。

2月3月という劇場にとってはお客さんが入りにくい時期に、光一さんは頑張って結果を出してきたと思います。

もう十分に期待に応えてきたでしょう。

2月3月は避けたい、というのは光一さんはご自分の年齢を理由にしていますが、むしろ、ファンの年齢の問題があるのだろうと私は思います。

事実、コロナ禍によって私も含め、観劇を諦めた人がかなりいたはずです。

少しでもリスクを少なくするためには、2月3月を避けるというのもアリだろうと思います。

 

「SHOCK」本編の上演も、もうできない可能性はあるでしょう。

そういう意味で『映画化』は嬉しいですが、さらに『SHOCK』DVDも期待しています。これまでの「SHOCK」の集大成を残して欲しいです!!

 

コロナ禍によって、『スピンオフ』が生まれ、舞台の上演時期も変わるかもしれません。

(内心では、ジャニーズが帝劇に占める舞台の割合が減ってもいいと思っています)

「13月を探しに行く」というのも、笑いの陰に、いろいろな意味での「見直し」があるのではないか、とも思っています。

 

いずれにしても、2021年は新たなスタートになるのかもしれません。

光一さんにとっても、ファンにとっても。

 

それは思い描いたものとは違っていたとしても、現実の状況に即した変化になるのでしょう。

柔軟に今後の状況に対応できるようにしたいものです。







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

日経エンタ8月号・・・。

  テーマは「真面目にふざける」なんですが、これは前回のような光一さんソロ曲の話ではありません。 グループの新曲の話です。 なので、本屋さんで立ち読み。 この「新曲」には、カップリング曲がな …

「ひるまない男」日経エンタより

今日は雨。 でも、心には陽が差しましたよ。 (いや、こんな言い方。恥ずかしいけれども) 日経エンタより。 長瀬くんは、「ばかだけど、ひるまない男」だと語る光一さん。 まず「ばかだけど」 ⇑  ⇑ ここ …

日経エンタ・・・の前にTOKIOのFCメールに脱力!

  TOKIOのFCメール、事件後初のFCメールの内容がなんと「島茂子の衣装展の案内」だったそうで・・・。 なんでしょうね、もう腹が立つ以前の問題で、ただ・・・脱力。   前々から …

創刊 ”act guide” 巻頭特集!

本屋さんに確認するとあと一冊しかないと言われて慌てて取り置きをお願いし、夕方受け取ってきました。 表紙も素敵でしたが、裏表紙は夜の海の後倒れたコウイチ。 こちらなのですが、本を横にして撮ったものです。 …

2017年の記事など。

たとえば、こちら。 「SHOCK」1500回を迎えるにあたってのインタビュー記事です。 ここにも「ブレない」座長の姿がありますね。   こちらは別の記事。 「濡れ衣」?? これにはいろいろな …