本・雑誌・記事

もう、見たいものだけを見る!と決めた!!

投稿日:2019-12-02 更新日:

 

もう12月なんですけど。

写真は11月の終わり。

美しい紅葉と、秋らしい青空‼️

堂本光一という美しい生物‼️

それだけでいいかな~と。

 

書店で「サンデー毎日」と「AERA」を立ち読みしてきました。

その結果、せめて秋の美しい紅葉でも見ないことにはやってられない!という心境になったわけで・・・。

 

 

キンキの新曲とコンサートについてのインタビューが掲載されてました。

結局、あの会報はなんだったのか?

どうやら、自分は可哀想、というアピールのひとつだったようですね。

何かにつけて「自分可哀想アピール」を続けたいらしい。

で、キンキはあちらの思うような形で続く?

普通の人は、書いた文章や、言った言葉に拘りますし、何らかの責任を感じますが、彼は違うらしい。

まともに会報の文章を読んだ自分を、蹴飛ばしたい気分です。

さらに余計な「心配」までしてしまった。

いい加減学ぶべきなのに .

 

世は事もなく進み、雑誌の記事のプッシュもあって年末にはキンキコン。

雑誌のなかに「もうひとりひとり別々の道をすすめばいい」というファンの声もある、と書かれていたのが、まあ救いでしょうか?

 

今はただ、内も外も美しいものだけを見ていたいです。

 

 

FNSで光一さんを見て、あとは冬眠?

落葉樹は葉を落として来春新芽が出るまではそのままで冬越え。

 

それを見習って多少寒くても頑張って時が来るのを待っだけ。

美しい記憶があれば、待つことが苦にならない。

もう、あちらは好きな方へ転がっていけばいいのです。

同情を求めて。

 

「やれやれ」の12月。

「SHOCK」カンパニーをTVで見て。

そのあとは、Instagramと格闘しながら来年の「SHOCK」を待ちましょう!!

 

(「ソロコン」はどうなるのか??見通しが立ちません。涙!)

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


  1. 林和泉 より:

    昨今の政権のさまざま不祥事があからさまになっていますが、それでもまだ安部さんを支持する人がいることに心底呆れました。そして、堂本剛氏のファンも「何があってもかばうし、考えられないなあ」と思っていましたが、「安部の支持者がいるくらいだから剛の支持者がいてもおかしくないな。本当に理解できない人っているものだ」とつくづく思うようになりました。もし葉月さんが安部さんを支持してらしたら、申し訳ないですが・・・もしそうでなければ、少し慰めにならないかと思って書きました。安倍氏もそう簡単には終わらないようです。キンキ解散ももう少し時間がかかりそうですね。悪行も長くやってると実績?になるんですね・・・困ったことに。

    • 葉月 より:

      コメントの公開がおくれてすみませんでした。そもそもこのところバタバタしていてコメントをいただいていたことに気づかず、失礼いたしました。
      確かにいわゆるキンキファンは「母の心」で何があろうと応援を続けるわけで。もう、時の流れのままに、という心境です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …

日経エンタ(2019年12月号)に思うこと。

今月号の特集は【ライヴアーティスト】 😞💨 光一さんのソロコンが今年も無い、という事実をまた突き付けられて、ちょっと凹みます。 で、光一さんの連載のページへ! まずは舞 …

20年前の自分に「今の俺がどう声をかけても届かないと思います」

AERAの「表紙の人」の記事です。 舞台誌では想定内の記事が多いですが、そうではない雑誌では思いがけない文言に出合います。 タイトルの言葉には前後があって、それはこちら。 ”20年前の自分に声をかける …

「光一さんは菩薩のような・・・」と、斗真くん、結婚おめでとうございます!

今日は一日バタバタで書店にも行けず(日経エンタチェックのため)夕方になってやっとネットのニュースで、生田斗真くんの結婚を知りました。 「おめでとうございます!」 お幸せになってください! 風間くんもそ …

教えていただいたこの投票に、よろしければご協力を!

こちらです。 https://twitter.com/rankingoo_jp/status/1361159355563839490 投票ってあまりしないのですが、参加してみると結構熱くなるものですね …