本・雑誌・記事

日経エンタ連載と、嬉しいお知らせ⁉️

投稿日:

⏫ こちらは六甲山の紅葉とレトロな街灯がある、晴天の芦屋川駅あたり。

嬉しいときには、なんとなく嬉しい景色を‼️

で、

まずは

日経エンタ‼️

FCメールはあちらの情報ばかりとか。

もうFCの意味がないんじゃ❓と思います。

ま、私は もうFC会員ではないので、実害はありませんが。

売れないものを宣伝するのが役目らしいですから頑張ってください!

 

光一さんの情報はやはり日経エンタ、と思うのですが、この時期は、キンキコンネタでのインタビュー記事多し‼️

 

なので、まず今月号は買わないと決めて、立ち読みです。

「2019年の個人的エンタ事情」というタイトルの今月号。

例の滝沢歌舞伎の「腹筋太鼓」について。

腹筋しながら太鼓をたたくのですか?

そのシーンだけ見せられても意味不明ですよね。

光一さんも言ってますが、だから舞台のワンシーンだけというのは難しいと。

いや、この連載の記事での注目点は、そこではなく、ラストのこちら。以下引用。

さて、2020年は1年間、堂本光一、死ぬほど忙しくなると思われます。まだ詳しくは言えないけど、特に夏ごろかな、「どうすんだこれ?」ってぐらい忙しそう。ヤバいですけど(苦笑)、前を向いてやっていくしかない!と思ってますので、皆さんよろしくお願いします

 

さて、何でしょう??

『堂本光一』って言ってますし。

『ソロ』ですよね?

後輩のこと?

それもあるかもですが、それだけではないでしょ??

早く「詳しく言って」ほしいです!!

 

さらに、武田真治さんについて。

『長く付き合いが続いている理由は「人を色眼鏡で見ないから楽でいられる。ド変態やな!って思うこともあるけど(笑)振り切ってるところは俺が持ってない部分で面白い。ちょっと長瀬との関係に似ているんだよね。自然体な感じが』

と言ってます。

長瀬くんとの関係に似ているって。

なんだか嬉しいです!!

 

やはり日経エンタの連載が一番光一さんの真ん中に迫っている気がします。

 

長くなったのでFNSについては次に回します。

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライブ待機中ですが・・・様々な見解があります。

まずは「Endless SHOCK」の中止決定について。 堂本光一「SHOCK」開演7時間前ドタバタの中止 また、 SHOCK復活から一転中止…座長・堂本光一の決断に称賛集まる   とか。 …

エンタテイナーの条件 vol.81・・・全公演中止

日経エンタの連載があって良かった、といつも思います。   今回の中止についてはInstagramでも、「SMGO」でも十分に説明してくれましたが、こういう連載の紙面で改めて話してもらうと、あ …

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親さん

夢中になって読みました。 市村正親さんの、「役者」としての心意気が伝わってきましたし、光一さんとも共通する部分が多いのだろうと思いました。 また、市村さんが劇団四季を退団されたのが41歳のとき。 御本 …

日経エンタ連載 vol.86 「コロナ後の客前公演の静けさ」

今回は、ナイツテイルコンサートが無事に終わり、「eternal」の稽古に入ったころの記事のようですね。 ですから、静かな客席にも触れてくれています。 おしゃべりがなく、シーンとしていた、と。 そういう …

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

以前に「二人の貴公子」がなかなか手 に入らないので、探していたとき、 電子書籍で販売されていると教えてい ただいたのですが、amazonでは既に 売り切れでした。   ところが再販されたよう …