本・雑誌・記事

気になるのは「フレイル」と「ワクチン」

投稿日:

最近気になるのは「フレイル」と「ワクチン」

コロナのワクチン接種で死亡、というニュースが気になります。

ワクチンはそもそも副反応があるもので自己責任といわれますが、やはり十分なデータがないと判断ができませんし、ちょっと怖いですね。

感染予防が先行して治療薬の開発が遅れ、副反応や後遺症についてもまだまだデータ不足。

今後数年または十数年の研究が必要でしょう。

自分のことは自分で慎重に考えなければなりません。

 

もう一つは「フレイル」

この言葉そのものを最近知りました。

きっかけはふくらはぎ。

手の親指と人差し指で輪っかを作ってふくらはぎの一番太い部分がそこに収まると筋肉不足らしい。

あと自然な体重減少も問題とか。

つまりは運動不足による諸機能の衰え「老化」ですね。

何でも自分でするという意欲が大切。

運動をしてたんぱく質を摂って筋肉をつける。

それで介護から自分を守り、健康寿命を延ばそうということのようです。

 

骨折するまでは考えたこともありませんでした。足腰には自信があったのに・・・。

 

「フレイル」

学ぶことが多いです。

そのほかにも多くのことを知りましたし、考えました。

身体も心もずっと学び続けて鍛えていきましょう、ということですね。

それも自分の責任でしょう。

 

やれやれ、なかなか「のんびり」はできませんねえ。

 

運動 ウォーキング 体操[10447000161]の写真素材・イラスト素材|アマナイメージズ

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

市村さんとの対談・・・週刊新潮より

週刊新潮に市村正親さんと光一さんの対談さんが載っていますね。 4ページほどですが・・・。 特にこういうところ 『光一くんの歌は”酔っている”ことが一切ないから。あくまでセリフの延長線上で、声に気持ちを …

世界を見ると・・・曖昧さは許されない。では今後どうしますか?Instagram更新も!

  こちらを読んでください。   ビジネス優先で「見て見ぬふり」は許されない ジャニーズ問題で日本企業が知ってほしい「海外の視点」 そこで今現在こういうことになっています。 『自社 …

末来へ繋がる・・・・

この「週刊朝日」の写真は、ある意味、今の光一さんの姿をそのままに伝えていると思います。 それだけに、敢えてここに残しておきたくなりました。 最近、雑誌類はあまり買わないのですが、表紙の笑顔と、グラビア …

「音のリノベーション」~日経エンタで学ぶ「舞台」

  光一さんは、「ナイツテイル」のケアード学校で学んだと言っていましたね。   私は、光一さんの日経エンタの連載で、舞台についてたくさん学ばせてもらっています。   一観 …

テンション上がる「ニャンコ先生」!?

  この記事でなんだかご機嫌になる私。 声優「井上和彦」が演じた好きなテレビアニメキャラランキング! 2位は「はたけカカシ」、1位は? もちろん1位は「ニャンコ先生」 弟の形見でもあるこのぬ …