時を超えて

難しいのは「時」の過ごし方。

投稿日:

 

今はまだ60代ですが、難しいのはこれからだ、と思っています。

「老い」と,どう向き合うのか、自分の衰えをどう認めていくのか?

そういう事は誰とも話していないけれども・・・・

肉体的には明らかに衰えている。反射神経も、シンプルに「力」も「スピード」も。

自分では分からないけれどもきっと思考力も。記憶力も。

まあ今更ジタバタしてもねえ、と思って開き直ってみてもなんだかつまらない・・・。

 

自分の「老い」にうまく向かい会えていない気もする。

 

「楽しく過ごす」というのはよく聞くけれども、ストレスを抱え込まずに過ごすのがいいらしい。

タンパク質をしっかり摂って身体を動かし、薬はできるだけ服用せず、明るい気持ちで過ごすのがいいらしい。

と本に書いてあったり、誰かが言っているらしい。

 

たとえば60代と、70代80代では「時」の感じ方が違うのだろうか?

「老い」の感じ方も違うのだろうか?そういうことを知りたいけれども・・・

それは「残り時間」が減ってゆく感じなのだろうか?

だんだんできることが少なくなって、でもそれが悲しいわけでもない。それはまあ「想定内」なので。

 

それともだんだん「慣れて」ゆくのだろうか?多少、不自由でもそれが当たり前になってゆくのかもしれない。

それは悲しいのやら悲しくないのやら・・・・

結局「時」「老い」との付き合い方がわからない。

「今」に慣れてしまえばそれが一番いいのかもしれませんね。

その中で楽しめばいい。

若い頃には戻れないのだから・・・・。

と言いつつ納得できない気が、まだしています。

 

 







-時を超えて
-,

執筆者:

関連記事

このところ・・・

ドキュメンタリー番組ばかり見ています。アマゾンプライムビデオで。 キノコの世界、宇宙、エジプトetc. 私は今68歳ですが、もうあまり時間がないと感じていて、そういう「時」をどうとらえるのか?どう考え …

「その時」の対応・・・。

  人は有事の時の対応に人柄があらわれます。 例えば、交通事故での「逃げ」 私はそういう人は決して信じられませんし、芸能人で多少の人気があっても興味すら持てません。 何か予測不可能の事態が起 …

最近はすっかり「二次元」沼に浸る・・・

  考えてみると光一さんは私にとって一番の「推し」ではあるけれども。 劇場で見る光一さんは、間近で見てもやはりどことなく「二次元」で。 もちろん信じられない位に美しいのですが・・・。 &nb …

時代は変わってゆく・・・ということか・・・

  以前にも触れましたが、時代が変われば価値観もかわる、人の考え方も変わる、ということかもしれませんね。 昔は許されたことが今では許されない。 ・・・でも今になって、というかピンチになったり …

timelesz?・・・ともうすぐ「清明」

光一さんの記事に笑いながら、これエープリルフール?と疑う私。 記事はこちら。   堂本光一「timelesz」オーディションに「芸歴32年 45歳 応募資格ないっすか?」   In …