時を超えて 覚え書き

最近はすっかり「二次元」沼に浸る・・・

投稿日:

 

考えてみると光一さんは私にとって一番の「推し」ではあるけれども。

劇場で見る光一さんは、間近で見てもやはりどことなく「二次元」で。

もちろん信じられない位に美しいのですが・・・。

 

で、最近は「コナン」とか「鬼滅の刃」とか「キングダム」とか「フリーレン」・・・などに嵌っています。

 

これはある意味「時間を超越」した存在へのあこがれなのか?

と思いつつ、まあ「人」に嵌れなくなっている現状の表れでもあるのか?

などとも考えるわけですが・・・・。

もう「人」はめんどくさい気もしています。

 

ドラマや映画で見る俳優さんにはあまり嵌らないので、もちろんその役がいい、というのはありますが、基本たいして興味はない。

テレビをほとんど見ない、というのもあるでしょうね。

 

そんなこんなで、

まだ「老い」を楽しむ心境でもなく、なんだか中途半端。

「衰え」は感じていても、一方で「まだまだ」と思っている、その状態も中途半端。

 

結局はまだ諦めていない、というのか、ジタバタしているのでしょうね。

「衰え」もまだ改善できると思いたいので。

 

今一番したいことは「一人旅」なのですが・・・。

それにはまず体力・・・。

まあ。がんばりましょう!!

 

昨日も「幕間順調」「無事終演」のようです。

今日も帝劇の幕が開き、そして閉じる。

光一さんの舞台は、誰もがこの「唯一の一回」を楽しめる舞台でもあります。

あなただけの光一さんを胸に刻んで欲しいと、心から願っています!

 

 

{追記}

人はもういい、と思っていましたがこの人は別。

やはり長い年月と努力の結果です。

日本人ハリウッド俳優が語る…『SHOGUN 将軍』で真田広之が勝ち取った地位は「日本人で最大級」と断言する理由

真田広之さんは今ようやく注目されていますが、これまで、アメリカで積み重ねた経験と努力を忘れてはなりません。

一俳優に留まらず、プロデューサーとしての地位を得るまでには長い時間がかかっています。

それほどの信頼を手にするまでの過程があってこそですし、渡米するだけで満足してしまう日本の俳優とは違うのす。

すぐに帰国する安直さを見れば、ひとりでオーディションを受け、英語をしっかり学ぶ姿勢が欠如しているのは明らかですから。







-時を超えて, 覚え書き
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

真実??

  何が真実なのか?それは結局当事者にしかわかりません。 自分が信じていることが真実かどうかもわかりません、 ただ私はできるだけ「陰謀」とか「でっちあげ」とか「詐欺」とかいう「誹謗」に加担し …

「その時」の対応・・・。

  人は有事の時の対応に人柄があらわれます。 例えば、交通事故での「逃げ」 私はそういう人は決して信じられませんし、芸能人で多少の人気があっても興味すら持てません。 何か予測不可能の事態が起 …

24時間テレビ。

  24時間テレビでの記憶といえば・・・・。 キンキが総合司会をした1997年。デビューの年ですよね。 「硝子の少年」の歌唱や、TOKIOのマラソン。「お手紙」や光一さんのドラマ「勇気という …

2015年 名古屋ガイシホールの思い出

6年前のソロコン「Spiral」は名古屋がオーラス。 あれから6年。2015年には「ミタライ」も「陰陽師」もあったのでした。 その後、まさかの『コロナ禍』 世界は変わったのかどうか・・・。 こういうと …

休演日にロケ 怒💢・・・いつまで続く⁉️

昨日の休演日はロケだったとか。   全国放送でもない、ローカル番組、しかもダラダラと屋外ロケ。 時期など御構い無しで、思いつきといいたいくらいありがちな企画、帝劇の座長へのリスペクトまったく …