会いたいぞ!

毎日の雨で・・・・

投稿日:

毎日続く雨で気持も⤵ばかりです。

水害のニュースを見て改めて大雨の怖さを感じていますが、皆様のお住まいの地域はいかかですか?

関西地方は、ときどき急に雨が降ったり、非常に不安定な毎日です。

何よりこんなに雨の日が続くことが珍しく、コロナ禍と合わせて今年2020年は試練の年のようだ、と思っています。

気になる「ナイツテイルコンサート」はどんな具合なのでしょうか?

Instagramの更新もなくとても気がかりです。

 

東京では感染が広がってるようですが、政府も都も「静観」するばかりで、危機管理能力があるのやらどうやら疑問です。

結局は個人の自粛しかないのだろうと思います。

そんな中で劇場での感染のニュースもありました。

こちら。

山本裕典の出演舞台でクラスター、出演者、スタッフ、観客含め14人が新型コロナ感染

 

”6月30日~7月5日、東京・新宿シアターモリエール”でのことだそうです。

『6月30日昼公演の観客と7月4日昼夜2公演の観客からも陽性反応が確認された。同舞台では保健所の指示に従い、観客にマスク着用を徹底させ、劇場入り口にアルコール消毒液を設置。サーモグラフィーによる検温も実施し、座席の間隔を空けて最大収容数(186人)の半数以下にしていた。』

とのことですが、ウィルスに対して100%有効な対策は無いようにも思われ、結局は運次第ではないかと思っています。

 

光一さんや井上さんが感染されるのも心配ですし、特に今の東京での舞台は十分に安全が担保されないのではないか、と気がかりです。

経済的にもエンタメの復活は必要とは思いますが、だからと言って拙速は避けるべきでしょう。かえって舞台の再開を遅らせることになってしまうかもしれません。

ただ今のところ公的に何かの要請が出ているわけでもなく、劇場としても、出演者としても、さらに主催者側としても、対応が難しいところでしょう。

 

ここで思うのは、やはりエンタメは「不安」を抱えていては楽しめない、という基本的な事実です。

 

今、振り返っても、楽しかった舞台「ナイツテイル」でしたが、この状況ではあの時と同じようには楽しめないように感じられます。

 

動画配信などで楽しめるような形が一番ではないか、と思っています。

厳しい現実を見つめて、最善の道を選んでいただきたいと願っています。

 

そうして、いつか楽しく「ナイツテイル」再演の日と、光一さんのソロコンの日を迎えられますように、祈っています!!

 

 







-会いたいぞ!
-, , , ,

執筆者:

関連記事

師走

師走です。 落葉と冬の花。 未曾有の感染症という災厄に見舞われた2020年。 これがどんな結末を迎えるのか、まだわかりません。 世界的な広まりをみれば、各国バラバラの対応では、終息しないでしょう。 生 …

「プロデューサー」!?

こんな記事を教えていただきました。 堂本光一、ジャニー氏の死で増すプロデューサーとしての自覚   この記事によると『“自分で演出しても最後に責任を取るのはジャニーさんだったので、そこに甘えて …

懐かしの「銀狼怪奇ファイル」!!

なぜだかわからないけれどもTwitterでトレンド入りしたそうで。 懐かしさのあまり、思い出に浸りたくなりました。   「ぎんろうかいき」の部分を変換すると「銀郎」「会期」になってしまうのが …

「トニー賞への招待」引き続き動画鑑賞中!

見ればみるほどに『15分』なのにこの満足感は何だ!! と思います。 1700回セレモニー。 「トート」のシーン。 もちろん「SHOCK」のシーン。 今年注目のNYで上演中の舞台のシーンの数々。 さらに …

梅芸ナイツテイルは9月7日から!

さあ、もうすぐ九月です。 ナイツテイルの上演は7日から。 舞台のキャストの方がコロナ陽性というニュースもあり、タレントさんのニュースもあって、具体的な感染経路がハッキリしないぶんやはり不安は募ります。 …