本・雑誌・記事

光一×竜也のトーク!?

投稿日:

記事はこちら。

ヒューマン】堂本光一×上田竜也で激論SHOCK!挑戦が切り開いた21年目の可能性(前半)

光一さんのこの発言、

誰が見たってちょっとガラが悪いけど、少しおちゃめだったり、そういう部分を『SHOCK』で彼にやらせるのがワクワクする

まあ確かに、立ち姿を見ても「ガラが悪い」と思いましたが・・・。

「タツヤ」というキャラの魅力は感じました。

これまでにないキャラですよね。(型破りともいえる・・)

端正な光一さんとは対極にいる感じ。

ちょっと身悶えますね。屋良くんのワイルドさとは違いますし、もちろん内くんとは違う。

そんな上田くんの舞台は観ることができず、梅芸の「Eternal」は配信で見て、「Endless SHOCK」は映画で観たのでした。

生の舞台ではきっと印象も違うのかもしれない、と思うので、何とも言えませんが・・・・。

ライバル役「タツヤ」のキャラがまだつかめません。

 

 

対談の後半がこちら。

【ヒューマン】堂本光一×上田竜也で激論SHOCK!ジャニーさんを思わせる天才コウイチの発想…「その脳みそほしいわ」(後編)

 

この記事は「サンスポ」で読めるらしいです。

私は最近『紙』媒体のものは極力避けるようにしているのです。

保存が難しい上に、量がすぐに増えてしまうので。

 

まあ内容は同じですが。

紙面はこんな感じらしいです。(いただきものです)

この「対談」の言葉の端々にも上田くんらしさが見える気はしますね。それが「好き」かどうかはまだわかりませんけれど。

 

光一さんと、上田くん。

舞台で演じる者同士としての共感はあるでしょうが、まだ一定の距離があるように思われます。

千穐楽までに、そこが変わってゆくのかどうか、注目したいところです。

 

初日から今日まで5公演。

明日8日は休演日です。

3月公演のチケット一般販売があるのかどうか、まだはっきりしませんね。

まだまだ「エンタメ」の在り方が不確実、ということなのかもしれません。

ただ、初日の幕が開いた以上は、千穐楽まで続いて欲しい、と願っています!!

 

 

 







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …

ニンマリ!!・・だからしっかり「家のかたまり」で!!

今日、ニンマリしてしまった記事 こちら。 堂本光一、替え歌披露でわかった「異次元ジャニーズ」の実力   まあ、確かに色々な意味で「異次元」です。 まずは、美しさ。 多才さ。 もちろん「舞台に …

もう、見たいものだけを見る!と決めた!!

  もう12月なんですけど。 写真は11月の終わり。 美しい紅葉と、秋らしい青空‼️ 堂本光一という美しい生物‼️ それだけでいいかな …

2/7  2公演終了‼️  雑誌のことなど。

今日は2公演。 無事終演、を確かめて。 観劇された方のツイートを拝見しながら、まだ今年の舞台を観ていないので同意もしにくいし、初観劇の方々の感想を嬉しく思っても、リツイートもしにくくて。   …

これまでの「まとめ」ともいうべき記事に拍手!!

こちら。 堂本光一、『Endless SHOCK』公演中止を受けた一連の活動を振り返る インスタライブなどから伝わる舞台への思い   何とも素敵な記事なので紹介します。 インスタライブ、「R …