本・雑誌・記事

記事『『SHOCK』開幕の堂本光一 対コロナ仕様舞台の苦労明かす』

投稿日:

この記事を読んで、昨今の俳優さんの「自殺」のニュースを思い、コロナ禍における多くの努力と、覚悟と、なかなかわかりにくい関係者の方々のジレンマなど、考えさせられました。

記事はこちらです。

『SHOCK』開幕の堂本光一 対コロナ仕様舞台の苦労明かす

この中で、

『まだまだ油断ならない世の中なので、舞台に行きたくても行けない人もたくさんいると思います。幕を開けても、悲しませてしまうこともある。』

『衣装も毎回消毒が必要で、正直、舞台をやる上では非常に面倒くさいガイドラインがあるけど、それを守らなければわれわれもステージに立つ資格がないし、幕を開けるわけにはいかないんです。』

本当に小さいことでも、何かあったらすぐに幕を閉めることの方が、いまは大事で、そうしないと幕を開けることができなくなってしまう。  この状況の中では、何があってもショーを続けることよりも大事なことがあるんじゃないかと感じているのが、正直な気持ちですね

 

結局、何が あってもショーを続けることよりも大事なことがある

というのが全て、という気がします。

また、それだけの覚悟を持つことが大事ですし、それはたとえば来年のオリンピックにも言えることではないでしょうか?

 

『幕を開けても、悲しませてしまうこともある。』というあたりに、「限定配信」といいながら、たぶん全員が観られる、とい状況になった遠因もあるのではないでしょうか?

 

こういう記事を通して、ますます「堂本光一」座長への信頼が強くなりましたし、今後のエンタメの在り方が変化するとしたら、この座長の試行錯誤が大きな役割を果たすのではないか、と思います。

 

そう、ここに、エンタメの未来がある、と信じます!!







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

日経エンタ連載・・・ジャニーズのイルージョン

光一さんの連載。 今回は、ジャニーズのイルージョンについて。   未熟なジュニアにとっては若さ故のエネルギーが全て。 ジャニーズがイルージョンを多用するのはそのエネルギーを最大限に発揮できる …

「音のリノベーション」~日経エンタで学ぶ「舞台」

  光一さんは、「ナイツテイル」のケアード学校で学んだと言っていましたね。   私は、光一さんの日経エンタの連載で、舞台についてたくさん学ばせてもらっています。   一観 …

日経エンタ連載 特別編 vol.73

  これは7月9日ジャニーさんが亡くなった日の翌日、光一さんからの申し出によって、すでに取材を終えていた別テーマの記事に替えてインタビューをやり直した記事。 ページ数もこれまでの2ページから …

「ひるまない男」日経エンタより

今日は雨。 でも、心には陽が差しましたよ。 (いや、こんな言い方。恥ずかしいけれども) 日経エンタより。 長瀬くんは、「ばかだけど、ひるまない男」だと語る光一さん。 まず「ばかだけど」 ⇑  ⇑ ここ …

こちらの記事も見逃せませんでした!

この記事。 舞台人・光一が戻ってくる 5カ月ぶりステージ「きっかけ、スタートになれば」 KinKiに拘る以前に内容に注目! とくにここ。 『舞台人・光一が戻ってくる。「エンターテイメントっていいものだ …