本・雑誌・記事

「エンターテイナーの条件」2を!

投稿日:

 

「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。

約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。

 

あれからもう二年を超えています。

 

そろそろ「2」はどうでしょう?

 

光一さんの的確な話しぶり、何を目指してどうしようとしたのか。

 

余計なものを足さず引かず、きちんと話してくれています。

 

この二年の間にも、いろいろな事がありました。

貴重な写真もたくさん!

 

ページの周りに使われた、ちいさな写真たちをもう少し大きくしてもらって、堂本光一さんがしっかり詰まった一冊を待ってます。

 

SHOCKが1600回を超え、キンキは20周年を終えて、光一さんには新たなチャレンジが待っていますが、そんな時だからこそ、一区切り。

 

この二年間のファンの寂しかった思いや、山あり谷ありだった気持ちの揺れや、光一さんを取り巻く環境への不信感。

 

舞台に立つ座長の姿に、かなり力付けられたものの、手に取れる「もの」として光一さんの作品が欲しいです。

 

2018年は、新作舞台があって、光一さんの今後に期待したいところですが、外部舞台への出演はやはり簡単ではなさそうで、一気に道が開ける、とはいかないように思います。

 

そんな中で一つ一つ困難を乗り越えてきた光一さんの道筋を辿りながら、光一さんの目指すものを知りたい。

 

どのように応援すればいいのか、それを掴みたい。

 

光一さんの思い、考え方、に沿って何ができるのかをもう一度考えてみたい。

 

夏の舞台が始まる前のこの時期が、そうしたことに一番ふさわしいのではないかと思っています。

 

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TV誌のレポと写真!

このところバタバタで情報に疎くなっているなあと自覚もしているので、書店でTV誌を少し見てみました。   舞台のレポと写真を発見。 特に写真! ピアノの鍵盤の上に隠れた? なんのこっちゃ ? …

ニンマリ!!・・だからしっかり「家のかたまり」で!!

今日、ニンマリしてしまった記事 こちら。 堂本光一、替え歌披露でわかった「異次元ジャニーズ」の実力   まあ、確かに色々な意味で「異次元」です。 まずは、美しさ。 多才さ。 もちろん「舞台に …

穏やかならぬ空が!!変化するものと変わらないもの・・

このところ天候が変わりやすい関西です。 朝はこんな感じの曇り空。 ところがしばらくするとこんな感じ。 六甲の山並みは変わらないのに、イメージがかなり違いますね。   自然現象はただ普通に眺め …

日経エンタ・・・の前にTOKIOのFCメールに脱力!

  TOKIOのFCメール、事件後初のFCメールの内容がなんと「島茂子の衣装展の案内」だったそうで・・・。 なんでしょうね、もう腹が立つ以前の問題で、ただ・・・脱力。   前々から …

台風と日経エンタ!

昨日9月4日、台風21号の被害は関西では予想を超えていましたね。 停電や断水、浸水など、場所によっては大変だったようで、まだ停電が続いている地域もあります。 我が家は、数分の停電程度でしたが、今日にな …