本・雑誌・記事

「エンターテイナーの条件」2を!

投稿日:

 

「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。

約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。

 

あれからもう二年を超えています。

 

そろそろ「2」はどうでしょう?

 

光一さんの的確な話しぶり、何を目指してどうしようとしたのか。

 

余計なものを足さず引かず、きちんと話してくれています。

 

この二年の間にも、いろいろな事がありました。

貴重な写真もたくさん!

 

ページの周りに使われた、ちいさな写真たちをもう少し大きくしてもらって、堂本光一さんがしっかり詰まった一冊を待ってます。

 

SHOCKが1600回を超え、キンキは20周年を終えて、光一さんには新たなチャレンジが待っていますが、そんな時だからこそ、一区切り。

 

この二年間のファンの寂しかった思いや、山あり谷ありだった気持ちの揺れや、光一さんを取り巻く環境への不信感。

 

舞台に立つ座長の姿に、かなり力付けられたものの、手に取れる「もの」として光一さんの作品が欲しいです。

 

2018年は、新作舞台があって、光一さんの今後に期待したいところですが、外部舞台への出演はやはり簡単ではなさそうで、一気に道が開ける、とはいかないように思います。

 

そんな中で一つ一つ困難を乗り越えてきた光一さんの道筋を辿りながら、光一さんの目指すものを知りたい。

 

どのように応援すればいいのか、それを掴みたい。

 

光一さんの思い、考え方、に沿って何ができるのかをもう一度考えてみたい。

 

夏の舞台が始まる前のこの時期が、そうしたことに一番ふさわしいのではないかと思っています。

 

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ連載 「 ぎゅうぎゅうエレベーター‼️」

日経エンタテインメント連載で、光一さんは先輩タレントが後輩たちを育てる、それがジャニーズと言っていますね。   で、「ナイツテイル」について。 自分だけが「座長」と大袈裟に扱われない点が心地 …

『AERA』No.26の光一さん!

AERA”「SHOCK」に捧げた20年”は4ページの記事です。 本屋さんで立ち読みしてこよう、という気持ちで書店へ。 ところが購入してしまいました。   「MILLENNIUM SHOCK」 …

「act guide」の『発売初日に増刷決定』がニュースに!!

『発売初日に増刷決定』というのは出版業界も厳しい状況であることを考えれば快挙かもしれませんが・・・・。 しかし、光一さんファンの購買力を舐めてはいけませんよ!と思ってしまいます。 あの表紙、あの内容で …

活字の向こうに見える「光一さん」!!

日経エンタ「エンタテイナーの条件」 私はこの連載かあって本当に良かったと思っています。   多くの方に光一さんのことを知ってもらえるから、というのもありますが。光一さんにとって自分の考えをま …

いろいろな記事があります・・・・。

光一さんの舞台や映画の話がネットの記事にも増えてきていますね。 こちらは2月1日から14日まで映画が上映される、という情報と光一さんが変化したところを語る共演者の人たちについての記事。 上田竜也、堂本 …