本・雑誌・記事

とかくこの世はすみにくい・・・

投稿日:

 

脳の、どこを通って出てくるのかわかりませんが、突然出てきたのは

「とかくこの世はすみにくい」

さてどこで読んだのでしょう?

七五調?漱石?と思って調べてみたら・・・

 

私はてっきり「猫」かと思っていたのですが、「草枕」でした。

読んだ記憶はあまりないけれども・・・。

で、全文は、

『智に働けば角が立つ、情に棹せば流される、意地を通せば窮屈だ、兎角にこの世は住みにくい』です。

つまり、理知だけで割り切っていると他人と衝突するし、他人の感情を気遣っていると、自分の足元をすくわれる。ということ。

「草枕」読んだような・・・でも多分あまり面白いとは思わなかったのでしょうね。

冒頭だけ覚えていたらしいです。

まあそれはともかく、急に記憶の中から出てくるところがちょっと面白い・・・?

 

大谷選手や水谷通訳にはほとんど興味がありませんが、いろいろな人の思惑が見えて本当に「この世は生きにくい」と思います。

メディアやコメンテイターの思惑、Xでの発言、批判や擁護、その言い方や表現の方法・・・・

人には様々な思いがあり、表現方法があり、感情があり、なにより『思惑』があります。

きっとこれが一番やっかいでわかりにくい。

 

棲みにくい世の中ですね。

なまじSNSで多くの意見が伝わってくるだけに、理解できないことには黙り込んでしまいます。

単純に「がんばれ」と言っていいのか?だって今までファンでもないし・・・。

よく知らないし。

 

ただ、これまでの実績は残ります。「なかった」ことにはならない。、

ですから、これからも「がんばれ」と思っています!

{追記}

最終回『葬送のフリーレン』

 

タイトルは

また会ったときに恥ずかしいからね

 

・・・そうですね、また会ったときに恥ずかしくないように・・・!

そうありたいですね!

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:

関連記事

日経エンタ(2019年12月号)に思うこと。

今月号の特集は【ライヴアーティスト】 😞💨 光一さんのソロコンが今年も無い、という事実をまた突き付けられて、ちょっと凹みます。 で、光一さんの連載のページへ! まずは舞 …

Instagram更新!!

更新されていますね。 「SHOCK」オフィシャルと光一さんのストーリーズ。 一部だけご紹介。 ストーリーズは殺陣の稽古。 オフィシャルは新加入の「シャボンテ」に演技指導。 いよいよ始動ですね。 光一さ …

日経エンタ連載 「 ぎゅうぎゅうエレベーター‼️」

日経エンタテインメント連載で、光一さんは先輩タレントが後輩たちを育てる、それがジャニーズと言っていますね。   で、「ナイツテイル」について。 自分だけが「座長」と大袈裟に扱われない点が心地 …

信じること・・・何を信じますか?

こんな記事を教えていただきました。 『SHOCK』編曲家明かす「堂本光一に託されたジャニーさんの夢」   以下引用 ⇓  ⇓ 「YOU、最悪だよ!」。9月に行われたお別れの会で、堂本光一はジ …

「忖度」をやめないテレビ局やマスメディアは・・・

わたしが見た記事のいくつかには、いまだに「忖度」するところがある、と書かれています。 現在の状況でもなおそうした忖度が存在するのであれば、それが許される「何か」があると思われます。 それは単に『旧』事 …