本・雑誌・記事

日経エンタ・・思案が止まらない#stay homeの日々

投稿日:

日経エンタ 7月号です。

今回は「自粛中」の日々について。

この雑誌取材が久々の仕事だったそうで。

それ以外は、

自宅ベランダで日焼けするという健康的な毎日ですって!

とはいえ、昼夜逆転生活のままだそうですから、日光浴のあとに就寝?

プラス「思考」と「インプット」の時間を過ごしているそうです。

今後はいろいろなことが変わってゆくとしても、舞台やライブと言った「生」コンテンツの復興はおそらく一番最後になるだろうと言っていますね。

舞台というのは『その場の空気と振動とアナログ感に良さがある』から、と。

ナイツテイルメンバーとのリモート集合の話を交えて、これから始まる世の中でどんなものが生まれてくるのか、その方法を見つけていきたい、と。

今はそんな「インプット」の時間。

で、この2ページの連載で一番印象に残ったのは、もう光一さんが実行していることではありますが、これからは、

”自分で判断し、自分で責任を取らなきゃいけない時代”

だということ。

 

うん、うん、とこのページを読みながら、光一さんの言う「ファンとの関係性をどうやって築いてゆくのか」でちょっとつまずきましたよ。

「ファンとの関係性」というとき、光一さんに頭の中にあるのはどんなファンなのだろう?って。

 

光一さんが「次」にすることで、その「ファン」との関係性を築くというなら・・・黙って待っているしかないのかも。

 

この2ページのバックには様々な写真が配置されています。

筋トレや、「家のかたまり」や、SHOCKのインスタライブや、「KANZAI BOYA」のライト?など・・・・・。

まんべんなくありますね。・・・「まんべんなく」です。

 

さあ、

光一さんは何を判断して、どんなふうに責任をとるのだろう?

 

光一さんの好きな野球に例えれば、

今、ボールは光一さんの手中にあって、どんな方向に、どんな形で投げられるのかを(たぶん)みんなが注目しているのでしょう。

わたしの想像上のミットにボールは投げ込まれるのか?

予想外のとんでもない方向に行ってしまうのか?

 

まだまだ試合が続いている以上、見守るしかない、ということなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 







-本・雑誌・記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

2017年の記事など。

たとえば、こちら。 「SHOCK」1500回を迎えるにあたってのインタビュー記事です。 ここにも「ブレない」座長の姿がありますね。   こちらは別の記事。 「濡れ衣」?? これにはいろいろな …

「smile」歌割りの問題??

チャリティーソング「smile」は桜井さんの作曲で「トニトニ」が歌うわけですが、その歌割りが発表されていたようですね。 正直あまり興味がなくて最近知りました。 J-FRIENDSの昔から、こういうとき …

act guide season6 公演中止中のインタビュー・・・と「更新」!

そろそろ関西でのサクラの開花が始まりました。 まだ、一分二分といったところですが・・・。 帝劇あたりはそろそろ満開? 舞台の「大桜」は今年は見られませんでしたが、今年しか見られないものを見せていただき …

日経エンタ(2019年12月号)に思うこと。

今月号の特集は【ライヴアーティスト】 😞💨 光一さんのソロコンが今年も無い、という事実をまた突き付けられて、ちょっと凹みます。 で、光一さんの連載のページへ! まずは舞 …