本・雑誌・記事

日経エンタ・・思案が止まらない#stay homeの日々

投稿日:

日経エンタ 7月号です。

今回は「自粛中」の日々について。

この雑誌取材が久々の仕事だったそうで。

それ以外は、

自宅ベランダで日焼けするという健康的な毎日ですって!

とはいえ、昼夜逆転生活のままだそうですから、日光浴のあとに就寝?

プラス「思考」と「インプット」の時間を過ごしているそうです。

今後はいろいろなことが変わってゆくとしても、舞台やライブと言った「生」コンテンツの復興はおそらく一番最後になるだろうと言っていますね。

舞台というのは『その場の空気と振動とアナログ感に良さがある』から、と。

ナイツテイルメンバーとのリモート集合の話を交えて、これから始まる世の中でどんなものが生まれてくるのか、その方法を見つけていきたい、と。

今はそんな「インプット」の時間。

で、この2ページの連載で一番印象に残ったのは、もう光一さんが実行していることではありますが、これからは、

”自分で判断し、自分で責任を取らなきゃいけない時代”

だということ。

 

うん、うん、とこのページを読みながら、光一さんの言う「ファンとの関係性をどうやって築いてゆくのか」でちょっとつまずきましたよ。

「ファンとの関係性」というとき、光一さんに頭の中にあるのはどんなファンなのだろう?って。

 

光一さんが「次」にすることで、その「ファン」との関係性を築くというなら・・・黙って待っているしかないのかも。

 

この2ページのバックには様々な写真が配置されています。

筋トレや、「家のかたまり」や、SHOCKのインスタライブや、「KANZAI BOYA」のライト?など・・・・・。

まんべんなくありますね。・・・「まんべんなく」です。

 

さあ、

光一さんは何を判断して、どんなふうに責任をとるのだろう?

 

光一さんの好きな野球に例えれば、

今、ボールは光一さんの手中にあって、どんな方向に、どんな形で投げられるのかを(たぶん)みんなが注目しているのでしょう。

わたしの想像上のミットにボールは投げ込まれるのか?

予想外のとんでもない方向に行ってしまうのか?

 

まだまだ試合が続いている以上、見守るしかない、ということなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 







-本・雑誌・記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ「だから舞台演劇はやめられない」‼️

「ナイツテイル」ロスから始まって、ナイツテイルを振り返った内容です。 2018年の光一さんは、ナイツテイルで本当に素晴らしいメンバーに恵まれたのですね。 「スタンドプレーに走る人がとにかく1人もいなか …

7月17日『菊田一夫演劇大賞授賞式』

Instagramが更新されましたね。 こちらです。 堂本光一 第四十五回菊田一夫演劇大賞受賞 『コロナ感染を抑止する形で授賞式が催されました 以下、当日の光一さんのご挨拶です。 2月、3月に今年も帝 …

日経エンタ連載・・・ジャニーズのイルージョン

光一さんの連載。 今回は、ジャニーズのイルージョンについて。   未熟なジュニアにとっては若さ故のエネルギーが全て。 ジャニーズがイルージョンを多用するのはそのエネルギーを最大限に発揮できる …

日経エンタ連載 vol.86 「コロナ後の客前公演の静けさ」

今回は、ナイツテイルコンサートが無事に終わり、「eternal」の稽古に入ったころの記事のようですね。 ですから、静かな客席にも触れてくれています。 おしゃべりがなく、シーンとしていた、と。 そういう …

日経エンタ連載と、嬉しいお知らせ⁉️

⏫ こちらは六甲山の紅葉とレトロな街灯がある、晴天の芦屋川駅あたり。 嬉しいときには、なんとなく嬉しい景色を‼️ で、 まずは 日経エンタ‼&# …