覚え書き

晴天!!

投稿日:

今年は東京の桜の開花が早いらしいですね。

関西はもう少し先ですが。

それでも今日は青空。

もうすぐ春!と思うだけでテンションが上がります。

 

この頃は光一さんに関する動画を送っていただいたり、ネットのニュースを見たり。

KAT-TUN上田くんが語る光一さんとか、ブンブブーン(見てはいないのですが)の話題とか・・・。

5人だったTOKIO、6人だったV6に対して、2人というのはやはり大変というのか、ある程度当たり障りのない距離感がないとやっていけないのか?と思うこのごろ。

まあ、KinKiの存続については当事者が決めることではありますが。

今後何を目指すのか、どうしたいのか?

きちんと話し合うべきだとは思います。

先輩・後輩のグループがそれぞれに岐路に立ち、メンバーひとりひとりが道を決めてきた中で、KinKiはどうするのか?

私としては特に期待しているわけでもなく、光一さんファンの一人として、光一さんの今後を見守り続けるだけです。

 

舞台はほぼ3/4の日程が終わろうとしています。

今は光一さんも舞台に専念していたいでしょう。

「仕事」については基本「受け身」と言っている光一さんですが、

TOKIOの番組については「志願」の出演だった、と。

「アイドル」として生きる芸能の世界は、明日がわからない、というのが昔、光一さんが語っていたことであり、それはある程度真実ではあるのでしょう。

でも、だからこそ、今後はどうするのか?

考えるべき時期でもあると思うのです。

40代を過ぎて、もう子どもではありません。

自身の人生を選び取って欲しいと願っています。

 

帝劇あたりの桜は今、開き始めているのでしょうか?

こちらは昨年のさくら。

 

春は希望の季節です。

旅立ちの季節でもあります。

この時期の「SHOCK」は今年が最後?

いろいろな意味で、新たなスタートの年です。

2021年が実り多き年になりますように!!

 

 

 

 

 

 

 

 







-覚え書き
-,

執筆者:

関連記事

「行動」には断を下せても「愚痴と文句」には・・・・・??

  手越くんという人はよく知らないので、この「退所」が吉となるのかどうかの判断はできません。 ただ言えることは彼のした「行動」が事務所の処断を促したということです。 もうこれ以上は放置してお …

ふと気の毒になるとき。

  今日は休演日。 ソロ活動中の光一さんの話題で盛り上がって幸せなこの時期。 あちらもソロ活動中であちらファンもさぞ幸せでしょうと思っていたら。 よくわからない妄想キンキファンは不満らしいで …

光一さんの真骨頂「keep fighting」

もうこの言葉がこびりついてしまいました。 ”keep fighting” まさに「闘う王子」に相応しい言葉。 かつて拓郎さんがおっしゃった「闘う王子」は、光一さんをみごとに言い表わしている …

踊らされず流されず・・!!

  このところの雑誌やネットニュースは、例えば大勢が独立を考えているとか、いやジャニーズ事務所は安泰だ、とか、事務所への忖度の有無、もしくは事務所御用達かそうでないか、で内容が様々。 &nb …

「19年」の重み!

昨日2019年3月21日、イチロー選手が現役を引退しました。 その記者会見を見ていて、特に2つの言葉が心に残りました。 それは、『応えたい』ということと、『自分なりに頑張ってきた』ということです。 & …