舞台

素敵な記事をご紹介!

投稿日:

最近、あまり本屋さんに行かないのでネットで見つけた記事をご紹介します。

 

「ナイツテイル」の魅力を語ってくれています。特に今回の再演について、さらに、進化した魅力をきちんと取り上げてくださっているのが嬉しいです。

 

こちら。

堂本光一、「特盛り状態」の舞台再演 井上芳雄と挑む進化系の「ナイツ・テイル」とは〈AERA〉

たとえば

”ケアード曰く、「同い年で、ハンサムで、カリスマがあり、歩んできたキャリアは違うけれど本当によく似た二人」である光一と井上が、プライベートでの仲の良さをそのまま舞台に上げたかのような無邪気な掛け合いを展開し、笑いを誘う。  囚われの身となっても揺るがぬ友情を誓い、快活に歌い合ったかと思えば、電光石火で衝突する。そのさまが清々しくもコミカルで、再演ではその勢いや滑稽味(こっけいみ)が増したようだ。初演時よりも二人の息が合っているのはもちろんだが、シェイクスピア劇の風味を残した難易度の高いテキスト、その詩情あふれる言葉の数々を、十分に咀嚼(そしゃく)して我がものとし、ゆとりをもって表現できているからだろう。”

”初演からの大きな変化は、昨年のコンサートで披露され、この再演から劇に挿入された二人の新曲だ。アーサイトの「贈り物」はエミーリアへの思いをストレートに歌ったアップテンポのナンバーで、女声コーラスをバックに華麗に歌い踊る光一のセクシーな魅力が炸裂した。パラモンの「悔やむ男」は、フラヴィーナの献身に対する自省を歌う、こちらは男声コーラスに支えられたミディアムバラードで、井上の歌声の艶を存分に堪能できる一曲だ。真逆のテイストのソロナンバーが、彼ら独自の華を際立たせ、キャラクターの魅力を増幅する。”

⇑  ⇑

こういうところ

やはり三年という期間があっての変化を的確にとらえてくださっていますね!

ナイツテイルの映像化もぜひ!!

 

 







-舞台
-, , ,

執筆者:

関連記事

変化と進化

「SHOCK」は進化してきた舞台ですが、いくつか大きな変化を遂げています。   もちろん一番大きな変化は、「Endless SHOCK」になったことです。   その後の大きな変化は …

博多座二日目、無事終演❗️

台風のニュースばかり見ていました。 博多駅の様子とか、新幹線、天気予報。 大変だった方も多かったでしょうが、無事に 公演ができたようで、よかったです。 これからはだんだん秋らしくなるのでしょうか。 も …

稽古場から舞台稽古へ!

  稽古場でのラストは円形になってのワークショップだったとか。 ケアード氏のやり方が、カンパニーのみなさんの「世界初」の舞台へ向けてのさらなるテンションアップになっている様子がキャストの方々 …

5月1日はコーイチの日!!

さあ5月公演の初日です!! 5月の帝劇って!! なんだか『感無量』 そうして「コーイチ」の日 どうやら今年光一さんに堕ちたらしい人たちのツイートを見て ニンマリする私。 テレビだけでは絶対にわからない …

「ナイツテイル」9/30公演は10/8に振り替え‼️

台風のため交通機関も多数停止。 9月30日の公演は10月8日夜に振り替えとなりましたね。 実は私もお誘いを戴いていたので、どうなることかヒヤヒヤでした。 幸いに8日なら観劇可能なので安心しました。 & …