本・雑誌・記事

もう少し詳しく ジャニーさんイズムと光一さんについて

投稿日:

ご紹介したくなる記事を次々に発見!

まあ同じような内容ですがちょっと違うこちら

堂本光一の“ジャニーさんイズム”。佐藤勝利「時々ジャニーさんと電話してるのかと思う」

二人のライバル役やその他のキャストの皆さんの言葉もあって

たとえば

前田美波里さんは、「このような状況下で、また-Eternal-の公演になってしまうことを、残念がる方もいらっしゃっると思いますが、光一さんは、毎回進化させていく方です。きっと、昨年とは違うものを見せてくれると思います。皆さんもぜひ、ご期待ください。新しいメンバーと共に、素敵な作品を作って行きたいと思います」と笑顔で語りました。

島田歌穂さんは、「大先輩の美波里さんがずっと演じてこられた、オーナー役というお話をいただき、プレッシャーに押しつぶされそうなのですが、精一杯頑張ります」と話しました。

とか

さらに

「演出家として大切にしていること」を聞かれた堂本さん。

「この作品は、ジャニーさんと共に歩んできた作品なので、常にジャニーさんを感じながら稽古場でもステージ上でも動いています」と答えたうえで、想いを語りました。

「この状況下で、『ジャニーさんだったどうする?』って聞いたら『そんなの新しいもの作っちゃえばいいんだよ!』って言うと思うんですけど、そんなこと僕にはできないので…。

でも、昨年よりも、表現の仕方が緩和されている部分もあるので、できる限りの本編と同じようなセットの転換もありつつ、以前のものよりもダイナミックなものをお届けできるのではと思っています」

さらに、「配信をやった上で、ステージをやると2日前に決めたので、勝利からしたら『え?!嘘だろ!?』って絶対思ったと思うんです」とエピソードを紹介。

「昨日、電話でそのことを話して、すごく不安になってましたね。思いが強すぎるからこそ、どっちつかずの結果になるのが嫌だという思いがあるようで、話していると、いいライバル役を仕上げてくれるだろうと思いました」とコメントしました。

また演出面について、「本編の方を稽古した上で、-Eternal-で同じシーンをやることによって、役の中身を掘り下げることができると思っています。2つの稽古をするのは大変なんですけど、役を作る上で、より掘り下げた稽古ができると思うので、博多座で本編をやるとなっても、-Eternal-の方も北山に覚えてもらおうかな」と笑っていました。

など

もういくらでも

なんどでも

言いたい読みたい記事ばかり

 

これだから光一さんファンはやめられません!!







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

週刊ザ・テレビジョン‼️「2人の王子」

NHK、SONGSに関する記事が3ページ、しかし、その前に、ブンブブーンの記事が数ページあって、さて、購入するべきかどうかしばらく迷っていました。   とりあえず「立ち読み」 何しろ「ブンブ …

市村さんとの対談・・・週刊新潮より

週刊新潮に市村正親さんと光一さんの対談さんが載っていますね。 4ページほどですが・・・。 特にこういうところ 『光一くんの歌は”酔っている”ことが一切ないから。あくまでセリフの延長線上で、声に気持ちを …

少しずつ明らかになってゆく嬉しさと・・・・。

今日はこんな記事。 堂本光一「Endless SHOCK」スピンオフ版でうれしい“誤算” シリーズ“醍醐味”にゴーサイン! 2020年9月18日 05時00分 とくに、 『描いたのは主人公コウイチの死 …

TV誌のレポと写真!

このところバタバタで情報に疎くなっているなあと自覚もしているので、書店でTV誌を少し見てみました。   舞台のレポと写真を発見。 特に写真! ピアノの鍵盤の上に隠れた? なんのこっちゃ ? …

さまざまな出来事。

開設された光一さんのInstagramをみて、関連するネットニュースをみて。送っていただいたWSの映像を見ました。 光一さんは、尊敬されている「先輩」なんや、と嬉しくなったり。   メリーさ …