本・雑誌・記事

もう少し詳しく ジャニーさんイズムと光一さんについて

投稿日:

ご紹介したくなる記事を次々に発見!

まあ同じような内容ですがちょっと違うこちら

堂本光一の“ジャニーさんイズム”。佐藤勝利「時々ジャニーさんと電話してるのかと思う」

二人のライバル役やその他のキャストの皆さんの言葉もあって

たとえば

前田美波里さんは、「このような状況下で、また-Eternal-の公演になってしまうことを、残念がる方もいらっしゃっると思いますが、光一さんは、毎回進化させていく方です。きっと、昨年とは違うものを見せてくれると思います。皆さんもぜひ、ご期待ください。新しいメンバーと共に、素敵な作品を作って行きたいと思います」と笑顔で語りました。

島田歌穂さんは、「大先輩の美波里さんがずっと演じてこられた、オーナー役というお話をいただき、プレッシャーに押しつぶされそうなのですが、精一杯頑張ります」と話しました。

とか

さらに

「演出家として大切にしていること」を聞かれた堂本さん。

「この作品は、ジャニーさんと共に歩んできた作品なので、常にジャニーさんを感じながら稽古場でもステージ上でも動いています」と答えたうえで、想いを語りました。

「この状況下で、『ジャニーさんだったどうする?』って聞いたら『そんなの新しいもの作っちゃえばいいんだよ!』って言うと思うんですけど、そんなこと僕にはできないので…。

でも、昨年よりも、表現の仕方が緩和されている部分もあるので、できる限りの本編と同じようなセットの転換もありつつ、以前のものよりもダイナミックなものをお届けできるのではと思っています」

さらに、「配信をやった上で、ステージをやると2日前に決めたので、勝利からしたら『え?!嘘だろ!?』って絶対思ったと思うんです」とエピソードを紹介。

「昨日、電話でそのことを話して、すごく不安になってましたね。思いが強すぎるからこそ、どっちつかずの結果になるのが嫌だという思いがあるようで、話していると、いいライバル役を仕上げてくれるだろうと思いました」とコメントしました。

また演出面について、「本編の方を稽古した上で、-Eternal-で同じシーンをやることによって、役の中身を掘り下げることができると思っています。2つの稽古をするのは大変なんですけど、役を作る上で、より掘り下げた稽古ができると思うので、博多座で本編をやるとなっても、-Eternal-の方も北山に覚えてもらおうかな」と笑っていました。

など

もういくらでも

なんどでも

言いたい読みたい記事ばかり

 

これだから光一さんファンはやめられません!!







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

日経エンタ 「エンタテイナーの条件」とミュージカル特集

雨が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 兵庫県西宮市は昨日から大雨警報や避難勧告で携帯メールが何度も鳴っています。 幸い、私が住むあたりは、あまり被害はないようですが、まだまだ雨が続くよう …

日経エンタ 「現状維持ほど難しいものはない」?

日経エンタ、光一さんの連載のタイトル?は「現状維持ほど難しいものはない」 なのですが・・・・・。   「SHOCK」は18年、KinKiは22年続けている、と。 「この状態、まずいよね。どう …

日経エンタ(2019年12月号)に思うこと。

今月号の特集は【ライヴアーティスト】 😞💨 光一さんのソロコンが今年も無い、という事実をまた突き付けられて、ちょっと凹みます。 で、光一さんの連載のページへ! まずは舞 …

”コロナ禍における「Endless SHOCK」と堂本光一”・・・『大衆文化』を読む。

『大衆文化』2022年9月号を送っていただきましたので、読ませていただきました。 3年間にわたる演劇界へのコロナの影響。 そこでの「堂本光一」独自の対応についてまとめられています。 以下私のつたない感 …

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

以前に「二人の貴公子」がなかなか手 に入らないので、探していたとき、 電子書籍で販売されていると教えてい ただいたのですが、amazonでは既に 売り切れでした。   ところが再販されたよう …