覚え書き

和暦と西暦?

投稿日:

 

全て西暦のほうがわかりやすいわぁ、と思うこのごろ。

今年2023年は令和5年。

2019年が令和1年。かつ平成31年。(令和は5月1日から)

1989年が平成1年、かつ昭和64年。(平成は1月8日から)

1926年が昭和1年、かつ大正15年。(昭和は12月25日から)

この辺りで降参です、「降参」というのも死語かも・・・・。

 

そうか、大正が15年まで、昭和は64年まで、平成は31年まであったのか、と思ってみても、多分すぐに忘れそう・・・。

特に昭和1年は一週間ほどですしね、自分や家族のお誕生日は西暦で覚えている人が多いのではないでしょうか?

「昭和」はもう37年も前なんですねえ。

 

山田太一さんが亡くなったという記事を読んで、「男たちの旅路」「ふぞろいの林檎たち」はもうそんなに前だったのか、と改めて驚いています。

まあ、KinKiのデビューも1997年ですから、平成9年?

指折り数えてみると、結構な年月が過ぎています。

昭和に青春を過ごし、平成で子育て、地震を経験して、令和ではそろそろ老年期で入院も経験しています。

そんなこんなの年月。関西住まいも、もう40年です。

 

記憶というのは自分なりの思い込みも多くて定かでなく、なにをしてきたのか?自分、と振り返ってみると、曖昧な時を過ごしてきたようで、なんだかフワフワしていたなあ、と思うのです。

今更そう思っても遅いのでしょうが・・・。

これからも同じようにトボトボと、できれば楽しく、歩いていきたいものです。

 

 

でもよ~く考えてみると、元号にもそれなりのイメージはあって、(たとえば「大正デモクラシー」とか)時代の空気を映しているのかもしれませんね。

 

昭和は長すぎますし、平成も令和もまだイメージが作れませんが・・・。

いつか未来に。何かのイメージができるのでしょう。

それが良いものかどうかは今後次第です。

 

 

 

 

 

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:

関連記事

「ナイツ・テイル」チケット詐欺に注意!!

ツイッターのフォロワーさんが被害にあったようです。 光一さん初の外部舞台でもあり、入手困難なチケットですから、なんとかして手に入れたいというファンの切ない気持ちを逆手にとる輩がいる、というのは本当に許 …

満開の桜に帝劇を思いながらもモヤモヤ・・・

  何かと忙しい毎日で、今日は梅田で研修など。 その合間に見た桜がこちら 梅田の真ん中の公園ですが、暖かい夕方、しばし桜に見入ったのでした。 ・・・・で、今日は2公演だったなあ、と一日を振り …

今年もあと20日・・・

師走になって寒さがさらにきびしくなったそうで・・・。 確かに寒くなりましたが、今年中に、と思っていたことがなかなか片付かず なんだか気持ちばかりが焦る師走です。 まあ考えてみれば光一さんのソロコンに参 …

こんなツイートを発見!!

”光一さんに惚れたのは顔だろうとよく言われますが、違うんだよね… 光一さんは昔から決して上手とは言えないぐらいの事や最初から出来なかった事などを、凄まじい吸収力と努力により上手になっていく …

1月17日は「阪神淡路大震災」・・・もうあれから29年・・・

  嬉しいニュースもおめでたいニュースも、ひどい話もいろいろありますが、 あれから29年・・・なのですね。阪神淡路大震災は1995年。 まだ早朝の大きな「揺れ」と、空が明るくなった頃に見た火 …