舞台

2019「Endless SHOCK』大千穐楽!!

投稿日:2019-10-05 更新日:

⏫ 頂き物です。

とうとう大千穐楽。

1731公演が終わりました!

お疲れさまでした!

・・・で、まずは来年の「SHOCK」について。

座長からお話があったそうです。

キャスト、アンサンブルは大きく変わるけれども来年も舞台はある、と。

梅芸公演があるかどうかはまだ言えないそうです。

 

キャストの変更は予想できたことだけれども、美波里オーナーにはぜひ来年もいて欲しいと思います。

ふぉーゆーも忙しくなりそうですし、ライバル役とリカは変わるでしょうね。

アンサンブルも大きく変わるとのことで、どんなカンパニーになるのか、楽しみではあります。

 

来年も「SHOCK」はある、ということで一安心。

 

ただし、クレジットはどうなるのか?

内容は今年の大きな変更ほどには変わらないのか?

いろいろ気になります。

 

 

 

昨日は町田さんが観劇、という情報をいただきました。

町田さん頑張っていますよね。

いつかまた光一さんと同じ舞台に立つ町田さんが見たいです。

 

 

 

・・・しかし・・・・、来年の舞台の前に・・・・、

「ソロコン」は???

 

どうしてもそこが気になります。

 

 

2019年は、帝劇での大幅な演出の変更があり、ジャニーさんが亡くなるという大きな出来事があり、、梅芸では『ジャニーさんが居ない」初めての状況での公演、と、大きな『変化』の年となりました。

 

光一さん40歳の節目の年でもあり、年齢に見合ったというのか新たな曲も追加されました。

そうして来年も「SHOCK」は続き、キャストは変わる・・・・。

 

コウイチ以外のキャストは旅立ってゆき、コウイチだけは永遠に「SHOCK」の舞台に立ち続ける。

 

これは幸せなことなのか?

ふと、そんなことも思います。

 

「SHOCK」は「コウイチ」と共に成長する舞台であり、だからこそ、どこまでも変化し進化してゆくのでしょう。

 

多くの後輩たち、キャストたちを見送りながら、「コウイチ」は「SHOCK」に戻ってゆく。

 

「SHOCK」がある故の幸せと、「SHOCK」座長としての立場がある故の外部舞台への出演への制限?

 

もちろん光一さんは「SHOCK」に支えられた、と言っていますし、「幸せだ」と言っています。

 

でもこの何とも言えない切なさはなんでしょう?

 

ファンはソロコンも待っていますが、テレビドラマも見たい、ドラマ以外の光一さんらしいエンタメ番組も見たいと願っています。

 

 

もちろん来年も「SHOCK」を観に帝劇に、もしあれば梅芸にも博多座にも行きます。

ただ、来年の「コウイチ」に会いに行くファンの気持ちには、待ち続けている「ソロコン」への思いがもう胸一杯に詰まっています。

4年分の思いです。

 

そろそろこの気持ちを一度解放して欲しい!!と願っています。

 

 







-舞台
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初日の余韻

  まだ二日目の公演の開演前ですが。 昨日の初日の後の様々な感想を拝見しながら、「SHOCK」の光一さんばかりを見てきた自分の感覚とは全く違った舞台なのだろうなあ、と楽しみがどんどん膨らむば …

カテコもリニューアル!

休演日前から、カテコもリニューアルだったそうで。 鹿さんのダンスが加わったようですね。 こんなツイートを発見。   【おはようございます🌞 休演日前からカーテンコールがリニュ …

「とんがっていた頃」の光一さん!!

Twitterで、最近ポップジャムの映像がよくアップされています。 KAT-TUNをバックにカナシミブルーを歌い踊っている映像を先日見ました。 まさに「尖がっていた頃」らしいです。 確かに光一さんの表 …

千穐楽、終演しました!おつかれ様でした。

とうとう3月31日、 千穐楽も「無事終演」です。 座長の胴上げもあったとか。男性陣に3回胴上げされて、 「階段落ちよりもこれが怖い」と座長。 出演者一人一人の挨拶もあって。   松崎くんは2 …

「ナイツテイル」評 朝日新聞 萩尾瞳

朝日新聞、夕刊の劇評、萩尾瞳さんです。   ラストが大きく変わったことで、幸せな大団円。   この幸福感が、一層キャストの魅力を引き立てて、カンパニーも笑顔のカテコで、観客も幸せ。 …