舞台

「婦人公論」とかインスタとか・・・・。「SHOCK」20周年!!

投稿日:

光一さんが表紙の「婦人公論」

良く売れているらしいですね!

単純に嬉しいです!

 

インスタも更新とか。

何時も教えていただいてから見に行くので、かなり遅れているなあと思っています。

 

また、座長が喉を傷めている?

この時期、特に東京は人が多いだけに危険もいっぱい。

舞台の初日が近づいてきて、疲れも溜まっているでしょうからとにかく祈るだけです。

 

Instagramの更新という今までなかった出来事は、やはり嬉しくて舞台の稽古中の様子が分かる喜びは格別です。

 

あらゆるところに目を配る座長の姿を改めて知ることができたのは、ありがたいことですが、今年はアンサンブルが大きく変わったこともあって、座長の負担も大きいのではないでしょうか?

 

若い頃よりも体力はある、と座長は言っていますが、そうはいっても40代。

それなりに体をいたわって欲しいと思います。

 

「20周年」ということでグッズも発表されていますね。

グッズもいいですが、もう何年も発売されていない「SHOCK」DVDはどうなっているのか。

「20周年記念」DVDBOXとか、ぜひお願いしたいです!!

 

事務所はあてにならないので、東宝さんやNHKさんに応援していただいて、座長のこれまでの歩みも含めた20年間をまとめたものを映像化してもらいたいです。

 

正直20年も「SHOCK」が続くとは想像できませんでした。

特に初期の「SHOCK」は。

「Endless SHOCK」の誕生には感動しましたが、いずれは別の新作が観られるのでは?とも思っていました。

(ソロデビュー後のソロ活動についても、期待通りとは言えず、ファンにとっては、なかなか厳しい道のりではあります。)

 

結局、光一さんは何が一番したいのか?

そこがはっきりわからないのがもどかしい。

 

そんなもやもやが晴れません。

 

「20周年」の長さ、舞台がそれだけ継続できる凄さは十分に理解できますが、それはどこに繋がってゆくのか?

 

少しばかり気持ちに隙間ができたようで・・・。

というよりも、やや冷静になってきた、というべきか・・・。

やはり、気持ちの揺れは残っていて、いつもとはちょっと違う1月の終わりです。

 

間もなく2月。

座長とカンパニーの2020年の旅立ちを見守りたいと思います。

 

 

 

 







-舞台

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ナイツテイル」初めの一歩の始まり!

あの斎藤安彦さんが「ナイツテイル」のプロデューサーと知ってなんだか安心しました。 素晴らしい環境で、光一さんが笑顔になっているんだろうなあと思えます。   日本初演の作品、ゼロから作る舞台。 …

今日は1800回公演!!“Show Must Go On!”は変わらず・・・。

最近、光一さんと「SHOCK」に関する記事をよく見ます。 それだけ注目されているなら嬉しいことです。 今回はこの記事。 「いきなり自分たちの武器を奪われた」…堂本光一が明かす「SHOCK」20年の想い …

「ナイツテイル」二回目の休演日。

今日は二回目の休演日。 梅芸は30日までですね。 そのあとは、帝劇、さらに博多座。 コロナ禍での長丁場ですが、なんとか千秋楽まで頑張って欲しいです。   入場時の体温測定、場内での会話の禁止 …

Instagram更新 !2015年が抜けていた!

こちらです。 20周年プレイバック 2015年が飛んでおりました 申し訳ございません 『EndlessSHOCK15周年記念公演 2015年2・3月帝劇 9月梅田芸術劇場 10月博多座 #光一36歳 …

「ナイツテイル」プログラムを読む

「パンフレット」ではなく「プログラム」なんですね。 2階の売店で購入したのが、なんだか新鮮でした。 「トートバッグは1階なんです」と言われたのも、あ、そうなんだ、と。 「SHOCK」とは違うのね、と納 …