覚え書き

『Document of Endless SHOCK』の衝撃!!

投稿日:

2012年、初めての4か月連続公演。

初めての博多座。

初めての地方公演。

(KD応援団ができたのもこのときでした)

 

さらに「明日の舞台へ~」も。

 

ポスターも素敵でした!

 

で、今、改めてこの冊子を読むと、こんな状況だからこそ刺さる言葉がたくさんありましたので、少しだけご紹介します。

お手元にお持ちでしたら読み返してみてください。

 

だから、辛いときこそ人はエンターテインメントを必要とし、どんな状況にあってもそれは生まれ、やがて文化になってゆくのだと思う。

エンターテインメントは、それくらい大きな可能性を秘めている。そこに携われることを僕は、本当に幸せだと思っている。

そのことにいつも感謝しながら、僕はこれからも作品を作り続けていきたい。

2012年の言葉です。

 

2020年の今、この言葉を見ると、まさにだからこそ「家のかたまり」が生まれ、Instagramで「SHOCK」公演が行われたのだ、と思うのです。

 

人はそれを必要とし、どんな状況でもそれは生まれ、やがて(きっと新しい社会で)文化となる。

光一さんの今の言葉とも重なります。

ひたすらに考え、作り続けてきた光一さんにとって、エンタメの可能性にはきっと限りがなく、”ワクワクしながら”携わっていけるものなのですね!

 

エンターテインメントは仮に形が変わっても、生き続けるでしょう。

だって、それは必要とされているから!!

 

その光一さんの「確信」に大きく同意します!!

そこには20年以上に渡って「作り続けてきた」光一さんと「見守り続けてきた」私たちファンの、経験と願いがありますから。

 

 

 

・・・ただ、舞台だけじゃないですけど?

と思い続けてもいるのです。

必要とされているものは他にもありますけど?

光一さんだけにしかできないこと、こんな状況だからこそ待っているもの。

 

全部ひっくるめて、光一さんが見せてくれる世界を待っています!!

 

{追記}

DVDも見てしまいました。

久しぶり‼️

Higherのレッスン風景での、トラヴィスの言葉

「光一には不可能なんて、ないんだから」

がやはり印象的です。

 

あら、混同していますね、内くんのライバル役は2010年からだったのに。

 

2011年3月3日の公演中止の発表からの復活公演でもありましたね。

「やれることが嬉しいです」という博多座初日の座長挨拶。

その意味で今回の状況に重なる部分も大きいです。

 

2012年が、震災後の再スタートならば、コロナ後の再スタートはいつになるのか?

そうしてそれは、どんな形になるのか?

そのとき、座長は、どんな挨拶をするのでしょう?

DVDを見ながら考えています。

でも、その前にやはりSHOCKの新しいDVDが欲しいです。

40歳を超えた光一さんならではの表現が随所に見られる舞台、かつ「コロナ以前」の舞台の。

 

2012年の千穐楽挨拶

「今回の137公演、このカンパニーとやってこれて良かったです」

 

さらに

「みんなのことが大好きなの」と。

 

そんな座長が大好きです❗️

 

 

 

 

 

 

 







-覚え書き
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

KinKi Kids⁉️

このところ、新曲のプロモーションということか、雑誌やネットニュースにキンキがよくとりあげられていますね。 これらをざっと見たところ、どうやら解散はないらしい。 あちらの、会報での発言は、例によって無か …

まだまだ続く「トニー賞への招待」に思うこと

井上さんは、今関西で「12番目の天使」公演中。 今日4月27日のチケットを取っていたのですが、気管支炎の咳があまり改善されず、観劇を断念。 チケットは当日受け取りとしていたので念のため電話でキャンセル …

それぞれの道・・・・。

最近の劇場やコンサートの様子をみると、入場できる人の数が緩和されつつあるのかな、と思います。 コロナ禍が収まってきた、という「専門家」もいれば「まだまだ」という「専門家」もいて、世界的に見てもコロナウ …

乗り越える!

改めて振り返ってみると 光一さんファンも多くのことを乗り越えてきたなあ と思いますね。 デビュー後の尖っていたころの光一さんは Endless SHOCKのころになって変わってきたと思います。 やはり …

しなの路さん 閉店❗️

残念です。2月10日で閉店。 昨年から、帝劇に行けていないので、心残りもあります。 写真は送っていただいたものです。 毎年、帝劇に行くたびに、しなの路さんに行くのが習慣で楽しみでもありました。 長引く …