覚え書き

『Document of Endless SHOCK』の衝撃!!

投稿日:

2012年、初めての4か月連続公演。

初めての博多座。

初めての地方公演。

(KD応援団ができたのもこのときでした)

 

さらに「明日の舞台へ~」も。

 

ポスターも素敵でした!

 

で、今、改めてこの冊子を読むと、こんな状況だからこそ刺さる言葉がたくさんありましたので、少しだけご紹介します。

お手元にお持ちでしたら読み返してみてください。

 

だから、辛いときこそ人はエンターテインメントを必要とし、どんな状況にあってもそれは生まれ、やがて文化になってゆくのだと思う。

エンターテインメントは、それくらい大きな可能性を秘めている。そこに携われることを僕は、本当に幸せだと思っている。

そのことにいつも感謝しながら、僕はこれからも作品を作り続けていきたい。

2012年の言葉です。

 

2020年の今、この言葉を見ると、まさにだからこそ「家のかたまり」が生まれ、Instagramで「SHOCK」公演が行われたのだ、と思うのです。

 

人はそれを必要とし、どんな状況でもそれは生まれ、やがて(きっと新しい社会で)文化となる。

光一さんの今の言葉とも重なります。

ひたすらに考え、作り続けてきた光一さんにとって、エンタメの可能性にはきっと限りがなく、”ワクワクしながら”携わっていけるものなのですね!

 

エンターテインメントは仮に形が変わっても、生き続けるでしょう。

だって、それは必要とされているから!!

 

その光一さんの「確信」に大きく同意します!!

そこには20年以上に渡って「作り続けてきた」光一さんと「見守り続けてきた」私たちファンの、経験と願いがありますから。

 

 

 

・・・ただ、舞台だけじゃないですけど?

と思い続けてもいるのです。

必要とされているものは他にもありますけど?

光一さんだけにしかできないこと、こんな状況だからこそ待っているもの。

 

全部ひっくるめて、光一さんが見せてくれる世界を待っています!!

 

{追記}

DVDも見てしまいました。

久しぶり‼️

Higherのレッスン風景での、トラヴィスの言葉

「光一には不可能なんて、ないんだから」

がやはり印象的です。

 

あら、混同していますね、内くんのライバル役は2010年からだったのに。

 

2011年3月3日の公演中止の発表からの復活公演でもありましたね。

「やれることが嬉しいです」という博多座初日の座長挨拶。

その意味で今回の状況に重なる部分も大きいです。

 

2012年が、震災後の再スタートならば、コロナ後の再スタートはいつになるのか?

そうしてそれは、どんな形になるのか?

そのとき、座長は、どんな挨拶をするのでしょう?

DVDを見ながら考えています。

でも、その前にやはりSHOCKの新しいDVDが欲しいです。

40歳を超えた光一さんならではの表現が随所に見られる舞台、かつ「コロナ以前」の舞台の。

 

2012年の千穐楽挨拶

「今回の137公演、このカンパニーとやってこれて良かったです」

 

さらに

「みんなのことが大好きなの」と。

 

そんな座長が大好きです❗️

 

 

 

 

 

 

 







-覚え書き
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2015年 名古屋ガイシホールの思い出

6年前のソロコン「Spiral」は名古屋がオーラス。 あれから6年。2015年には「ミタライ」も「陰陽師」もあったのでした。 その後、まさかの『コロナ禍』 世界は変わったのかどうか・・・。 こういうと …

木漏れ日 が見える・・・ 次がある幸せ❓

紅葉の隙間からの”木漏れ日” 嘆いているうちに、発見しました!   まあ、嫌なら「おーりた!」でいいのがファンというものでしょうが、その決意もなく、やっぱり光一さんファンなのです、はい。 & …

くも膜下出血⁉️

今日、主治医からの説明がありました。 ようやく頭痛が収まり、さまざまな検査とその結果について、丁寧に説明してもらいました。 まず、最初に「くも膜下出血」が疑われたそうで、事実、脳内に微量の出血があり、 …

ヤレヤレ‼️ 無駄な気遣いだった?⁉️

こんなツイートを見ました。        🔽       🔽 彼方ファン情報だと、▲は今年たくさんのCDやDVDのソロリリースを計画してるみたいですよ。光一さ …

Instagram学習中!?

そもそも「Instagram」とは? 『Instagramとは、Facebook, Incが提供している無料の写真共有アプリケーション。 略して「insta」と呼ばれることもある。 Facebook, …