本・雑誌・記事

日経エンタ連載 vol.86 「コロナ後の客前公演の静けさ」

投稿日:2020-10-02 更新日:

今回は、ナイツテイルコンサートが無事に終わり、「eternal」の稽古に入ったころの記事のようですね。

ですから、静かな客席にも触れてくれています。

おしゃべりがなく、シーンとしていた、と。

そういう観客への感謝のことば もありましたし、敢えて観劇しないことを選んだファンへの思いも受け取りました。

 

しかし、私が一番感じたのは、光一さんは「作り手」であり、それを楽しんでいる、ということです。

 

「eternal」の場合、誰の視線を軸にしていけばいいのか?と書かれていましたが、コロナ関連の多くの制約の中で、物作りに熱中する光一さんは、なんというのか、withコロナの世界を生き抜くコツを、ある意味で教えてくれている気がします。

時がくるのを待つのではなく、今できることをとにかくやってみる。

今を能動的に生きる。

そういう精神のタフさが今、必要ではないのか?

 

その止まらぬ『作り手』としての精神が、年末のキンキコンの可能性に触れることにもなったようですが、まあ、私としては、来年の舞台や、待ち続けているソロコンにこそ、光一さんの新たなモノづくり精神を発揮していただきたいと願っています。

 

光一さんの「家のかたまり」や「硝子のお掃除」、今回の舞台やInstagram、

そういうものが、視聴者にたくさんのパワーを与えてくれて、今を元気に生き抜く素になっていると思います。

実際に観劇できなくても、光一さんが頑張っているのがわかりますし、映像で見るだけで伝わるものがあります。

以前にも言いましたが、光一さんファンで幸せです!!

 

{追記}

 

ナイツテイルのInstagramで、東宝さんの動画アップが報告されていますね。

こちらです。

ダイジェスト動画(ACT1/ACT2)をYouTube東宝演劇チャンネルにアップ! プロフィール欄にACT1をリンクしました。ぜひご覧ください

さらに

#堂本光一
#井上芳雄
#音月桂
#上白石萌音
#岸祐二
#大澄賢也
#島田歌穂
#東京フィルハーモニー交響楽団
#JohnCaird
#HaakMusic
#PaulGordon
#今井麻緒子
#KnightsTale」』

などのハッシュタグが。

 

{追記 2}

残念な記事。

おバカキャラというよりも、おバカでしたね。

宇宙Six・山本亮太の専属契約を解除 ジャニーズ事務所が報告「重大な契約違反行為」

 

・・・今、事務所を退所する人がいますが、一方で、「契約解除」になる人もいる、という事実。

もう子供ではないのですから、大人としての行動をしなければ。

 

{追記 3}

10月に入って今日は秋晴れ。

雲一つない青空です。

もうすぐ「配信日」ですね。

楽しみです!!







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

ザ・テレビジョン「光ちゃん、どうだった?」

楽しく読ませてもらいました。 「昔からの人たちと久しぶりに一緒に遊んでいる感じがいい」というのが光一さんの意向だったそうで。   三枝さんの狙いとしては、 1、動き回らせると魅力的な光一くん …

日経エンタ「だから舞台演劇はやめられない」‼️

「ナイツテイル」ロスから始まって、ナイツテイルを振り返った内容です。 2018年の光一さんは、ナイツテイルで本当に素晴らしいメンバーに恵まれたのですね。 「スタンドプレーに走る人がとにかく1人もいなか …

「ユウマ」観劇と「マスク」についての追記

2月16日、中山優馬くんが観劇されていたそうですね。 座長から紹介があったとか。   また、ちょっと触れた劇場内のマスクについて。 週刊プレーボーイのF1連載で、座長が語っていたと教えていた …

気になる!

こちらの記事 堂本光一が昨年暮れの〝不穏投稿〟を猛省 単なるグチが大騒動に発展しSHOCK!   まあ読んでみてください   わたしはむしろこの発言はよかったのではないか と思って …

日経エンタ連載 Vol.92「ジャニーズのバカ力はどう養われている?」

今月の日経エンタは「新ヒットメーカー」「テレビ新ドラマ」などが特集されています。 残念ながら光一さんはいつもの連載ページのみ。 しかし、芸能界で20年以上も一線を走ってきた歴史を思うと、改めて凄みを感 …