覚え書き

無いものねだり・・・・?

投稿日:

 

このところ「演出家」堂本光一にフォーカスした記事が目立ちます。

たしかにジャニーさん亡きあと、舞台を再生し、新たに創ることができるのは光一さんだけでしょう。

ジャニーさんの舞台に敢えて異を唱え、変えていけたのは光一さんだけですから。

 

ただ、今となると、「演出家」としても「舞台役者」としても、もっと外部舞台で学ぶ機会があったら、と思わずにはいられません。

 

「ナイツテイル」が初の外部舞台というのは遅すぎます。

光一さん自身も「自分を変えてくれる人(演出家)」と出会いたい、と言っていませんでしたっけ?

そういう演出家と出会い、役者としても、演出家としても、たくさんの刺激を受けて多くを学び、もっともっと引き出しをつくれたら、と想像すると、外部舞台への出演が許されなかったことが残念でなりません。

(まったくいろいろな意味でメリーさんの存在は・・・)

 

20代30代の時に、そういう経験を積んでいたら。

その年齢なら失敗を恐れずに自由にチャレンジできたはず。

まだ40代になったばかりですから、遅すぎはしない、とは思うものの、座長として長く帝劇に立ち、賞も受賞していては、それなりに制限される部分もあるかもしれません。

 

それでも光一さん自身はチャレンジャーであることを恐れはしない、と思っています。

 

さらにもう一歩、自身を外から眺めて、新たな発見、新たな気づきがあれば、光一さんは自身の翼でさらに高く飛べるでしょう。

 

それが、「ジャニーさん」の枠を超えて自由になることに繋がるかもしれません。

ジャニーさんの夢を残しながら、光一さん独自の舞台が生まれるかもしれません。

 

可能性は無限だ!

と思っています。

 

 







-覚え書き
-, ,

執筆者:

関連記事

この時代から「新しい文化」が生まれる!?

「7月に早々と舞台に立たせていただいて、その時は言葉にならないくらい胸が熱くなりました。今まで普通だった『舞台に立つ』ということが、こんなに凄いことだったとは、と。今回の朝ドラじゃないですが、こういう …

「怒涛の日々」が続きます。

井上芳雄さんがラジオで、ペットの鳥さんが手の上で亡くなったことを話していらっしゃいました。 さらにその日は次男の赤ちゃんのお祝いの日?(井上さんはクリスチャンだそうですが、そこに詳しくなくてすみません …

良いお知らせと悪いお知らせ‼️

どうやら今日はロケが無かった? 大澄賢也さん出演の.「よ~いドン」で、森のダンス(大澄さんと光一さんの)が見られたこと。 大澄さんは「もうチケットはありません!」と言ってましたね。 でも当日券はありま …

今幸せに触ったみたい♫

「ぼくの背中には羽根がある・再考。」 ということで。   もうこの頃、この曲の脳内再生が止まりません。 ただし、光一さんソロで、という条件付きです。     こんな状況下 …

光一さんの通学路!

前楽の3月30日。   たまたま芦屋を歩いていて、ああこの道は光一さんが歩いていたと思われる通学路だと思い出し、写真を。     当時光一さんが住んでいたマンションはもう …