舞台

映画を観て気づく「生」の舞台の奥深い魅力!!

投稿日:

久しぶりの「Endless SHOCK」を満喫してきました。

映画の大画面、劇場ではなかなか見られない光景にも大満足。

劇場ではよほど良席でないと見られない座長のアップや、他のキャストの方の表情もバッチリで。

 

そんな場面を見ながら、劇場の隅の席で観た、表情まではよくわからない座長の姿や、大好きな「ソリタリー」の2階席からでも美しい群舞、舞台全体が見渡せる2階最後尾の席が結構好きだったこと、などを思い出していたのでした。

 

・・・で、結論は、

やはり劇場が好き!!ということ。

 

席について周りを見渡し、今日も満員だ、と思い、緞帳を眺めて緊張感が高まり、オープニングからドキドキワクワクがはじまり、座長の登場で一気にテンションがMAXまで上がる。

あとはただ、座長の姿を追いかけてふと気づけばもう「夜の海」だったりする。

いつも「目が足りない」と嘆き、舞台上の全員が見たいのに叶わず、座長にばかりロックオンしてしまう自分。

そんな風な観劇の日々がもう何年もつづいて、それでも毎年同じように緊張しながら座長だけを追いかける・・・・。

劇場での舞台観劇は、稀に前の席の人の頭が邪魔だったり、舞台が見切れてしまったり、と不運なときもあるけれども。

それでも、生の舞台の何ともいえない緊張感が好きだった・・・。

 

映画を観ながらそういうことを思ってしまうのでした。

 

 

映画やDVDの良さは、もちろん普段なかなか見られないシーンを心行くまで見られることであり、特にDVDは何回でも繰り返し見られるわけで。

逆に劇場では唯一その日その時のみのシーンを目に焼き付けて帰ってくるわけですが、それがいいんですよね。

 

映画館の席でそんなことを考えてしまいました。

 

昨年はとうとう劇場にいけませんでした。

今年はどうでしょう?

来年は?

 

座長も言っていたように、「Endless SHOCK」が今後見られるかどうかすら、まだわかりません。

そういう意味ではこれが「映像」で残るのは価値あることです。

 

でもやはり「SHOCK」シリーズでなくても、舞台に立つ座長を見たい、と思います。

観客として劇場で座長を見る幸せ。

それは他のどんなものとも比べられない幸せです。

(ソロコンを会場で見る幸せはまた格別ですが)

 

今日の帝劇の初日を観劇された方は幸せですね!

 

改めて、

 

初日おめでとうございます!!

千穐楽まで、完走できますように!!

 

 

 

 

 

 







-舞台
-, , , ,

執筆者:

関連記事

次へ~「SHOCK-eternal- 」梅芸にて

Instagramも更新されていますね。 Endless SHOCK-eternal- 梅田彩佳さん メッセージをお届けです! Endless SHOCK-eternal- 前田美波里さん メッセージ …

Instagram更新!2019年の「SHOCK」

20周年プレイバック、更新されていますね。 こちら。 EndlessSHOCK #2019年2・3月帝劇9・10月梅田芸術劇場 『#光一40歳 #SoFeelItComing #NewHorizon …

素敵な記事をご紹介!

最近、あまり本屋さんに行かないのでネットで見つけた記事をご紹介します。   「ナイツテイル」の魅力を語ってくれています。特に今回の再演について、さらに、進化した魅力をきちんと取り上げてくださ …

「エンタメ」は平和でなければ・・・・。

25日カテコ挨拶 「SHOCKは20周年となりましたが、今までたくさんの共演者、スタッフ達との出会いがあり、時間や想いを共有してきましたが、その一つ一つが僕にとって宝物だと感じています」 とのこと。 …

え?カミカミでアドリブ自爆?

前楽の日のInstagramストーリーズ更新! こちら 良くわかりませんが、たのしそうだから、ま、いいか。 と思う 関連しそうなツイートを発見 こちらでしょうか? ⇓  ⇓ ソワレ前楽無事終演です 『 …