本・雑誌・記事

「ミュージカルの話をしよう」井上芳雄・後半

投稿日:

こちらで少しだけ光一さんのことがでてきます。

ミュージカルの話をしよう 第7回 井上芳雄、誰も言葉や形にできなかったものに触れる喜び(後編)

長くなりますが引用します。

堂本光一くんも、ずっと王子じゃないですか。彼を見ていると、「こういう人が王子なんだな」と思います。光一くんのもとには人が集まるし、何を言うわけでもないけど、「光一くんがやっているならやってみよう」と、彼の姿に周りが納得させられる。それがスターということなのかもしれないし、僕もそうありたいなと思いますね。

──お二人が共演したミュージカル「ナイツ・テイル」は2018年に初演され、先日再演が発表されましたが、当時のお二人の舞台姿を振り返ったり、インタビューを拝読したりすると、堂本さんと井上さんはとても波長が合うのだろうなと感じます。

そうですね。でも、めったにそういう人っていないし、お互いがそうだとわかることも難しいんです。光一くんとも最初は“違う国の住人”みたいな感じだったし(笑)。でも、理屈じゃなく“楽”なんですよね。長くやっているとそういう相性の良い人がパッとわかるんです。坂本真綾さんもそう。大切にしていることが似ていて、共有できる部分が多くある。光一くんは本当に、僕にとってそういう存在です。』

 

井上さんが語る「ミュージカル」はある意味「気づき」がたくさんあって、日本におけるミュージカルの未来を思うとき、とても勉強になります。

ちなみに「前半」はこちら。

井上芳雄、僕はミュージカルがすごく…好き(前編)

 

再演「ナイツテイル」がますます楽しみになりました!!







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

「少年隊」に感謝!!

20日夜に語った光一さんの言葉が記事になっていますね。 こちら。 堂本光一「今の自分いなかった」少年隊に感謝の思い   一部を抜粋します。⇓ 『夜公演のカーテンコールで「『SHOCK』の原点 …

「座長祭り」の始まり‼️

やはり書店に舞台誌が並ぶようになると 「SHOCK」の季節が来たな‼️と思います。 今年は20周年、かつ光一さんが「演出」でクレジットされることもあって、ライバル、アンサン …

日経エンタ連載❣️

今回はvol.85 「エンタメの新しい様式から生まれるもの」 音楽の日のこと ナイツテイルコンサートのこと、 SHOCK eternal のこと。 これまであちこちで光一さん自身が話してくれた内容とほ …

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親さん

夢中になって読みました。 市村正親さんの、「役者」としての心意気が伝わってきましたし、光一さんとも共通する部分が多いのだろうと思いました。 また、市村さんが劇団四季を退団されたのが41歳のとき。 御本 …