本・雑誌・記事

注目記事!!

投稿日:

こちらです。

【深ヨミ】直近4作で最大のヒット 堂本光一『PLAYFUL』を過去作と比較

2021年6月14日付のBillboard JAPAN週間“Top Albums Sales”で、堂本光一『PLAYFUL』が108,699枚を売り上げ、首位を獲得』から始まる記事です。

また、

『『PLAYFUL』は直近4作の中では初週販売数が最も高いタイトルとなっている。また販路にも大きな変化が見られ、2012年に発売された『Gravity』では実店舗が三分の二を占め、Eコマースは三分の一にも満たなかったのだが、その後のリリースでは徐々にEコマースの販売比率を上げていき、2017年発売の『KOICHI DOMOTO Endless SHOCK Original Sound Track 2』ではEコマースと実店舗がほぼ互角になり、今作においては逆にEコマースが三分の二以上を占めるに至っている。

 

実店舗での販売以上にネットでの販売が伸びている、という事実をみれば、ようやく販路が広がって新たなファンを獲得しつつある、と言えるのではないでしょうか?

テレビを使ったプロモーションではなく、昨年からのネット配信などで、光一さんに注目する人が増え、また「PLAYFUL」が持つ新たなエンタメの可能性もあって、この結果になったように思われます。

この記事でも言われているように、

『過去作のストリーミング配信』

も始まっています。

『堂本光一』という優れたエンタテイナーの未来がいよいよ開ける時がきたのかもしれません。

だからこそ、今後何に注力していくのか、充分に考えて欲しいと願っています。

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …

日経エンタ連載 Vol.92「ジャニーズのバカ力はどう養われている?」

今月の日経エンタは「新ヒットメーカー」「テレビ新ドラマ」などが特集されています。 残念ながら光一さんはいつもの連載ページのみ。 しかし、芸能界で20年以上も一線を走ってきた歴史を思うと、改めて凄みを感 …

『AERA』No.26の光一さん!

AERA”「SHOCK」に捧げた20年”は4ページの記事です。 本屋さんで立ち読みしてこよう、という気持ちで書店へ。 ところが購入してしまいました。   「MILLENNIUM SHOCK」 …

日経エンタ連載・・・ジャニーズのイルージョン

光一さんの連載。 今回は、ジャニーズのイルージョンについて。   未熟なジュニアにとっては若さ故のエネルギーが全て。 ジャニーズがイルージョンを多用するのはそのエネルギーを最大限に発揮できる …

紙面を見てテンションアップ❣️

不思議なもので、新聞紙面を見るとテンションがさらにあがります。 なんでしょうね? 大きな見出し? 写真? ファンを煽るような言葉?   その全てが目に飛び込んでくることで の興奮状態? なん …