本・雑誌・記事

注目記事!!

投稿日:

こちらです。

【深ヨミ】直近4作で最大のヒット 堂本光一『PLAYFUL』を過去作と比較

2021年6月14日付のBillboard JAPAN週間“Top Albums Sales”で、堂本光一『PLAYFUL』が108,699枚を売り上げ、首位を獲得』から始まる記事です。

また、

『『PLAYFUL』は直近4作の中では初週販売数が最も高いタイトルとなっている。また販路にも大きな変化が見られ、2012年に発売された『Gravity』では実店舗が三分の二を占め、Eコマースは三分の一にも満たなかったのだが、その後のリリースでは徐々にEコマースの販売比率を上げていき、2017年発売の『KOICHI DOMOTO Endless SHOCK Original Sound Track 2』ではEコマースと実店舗がほぼ互角になり、今作においては逆にEコマースが三分の二以上を占めるに至っている。

 

実店舗での販売以上にネットでの販売が伸びている、という事実をみれば、ようやく販路が広がって新たなファンを獲得しつつある、と言えるのではないでしょうか?

テレビを使ったプロモーションではなく、昨年からのネット配信などで、光一さんに注目する人が増え、また「PLAYFUL」が持つ新たなエンタメの可能性もあって、この結果になったように思われます。

この記事でも言われているように、

『過去作のストリーミング配信』

も始まっています。

『堂本光一』という優れたエンタテイナーの未来がいよいよ開ける時がきたのかもしれません。

だからこそ、今後何に注力していくのか、充分に考えて欲しいと願っています。

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

活字の向こうに見える「光一さん」!!

日経エンタ「エンタテイナーの条件」 私はこの連載かあって本当に良かったと思っています。   多くの方に光一さんのことを知ってもらえるから、というのもありますが。光一さんにとって自分の考えをま …

日経エンタ・・・「伝統」という文字の意味合いが・・・。

今、こんな時期だけに、光一さんの連載を普通に読むことができません。   もちろん、一連の出来事とは無関係に書かれたことではありますが。   「ジャニーズの伝統」と「ジャニーズ事務所 …

ニンマリ!!・・だからしっかり「家のかたまり」で!!

今日、ニンマリしてしまった記事 こちら。 堂本光一、替え歌披露でわかった「異次元ジャニーズ」の実力   まあ、確かに色々な意味で「異次元」です。 まずは、美しさ。 多才さ。 もちろん「舞台に …

楽しみな雑誌情報!「婦人公論」「悲劇喜劇」

まずは「婦人公論」 こちら。 『ちょっと先の予告】 #堂本光一 さんが『#婦人公論』1月28日売りの表紙に! 主演舞台「#EndlessSHOCK」が20周年を迎える光一さんを、篠山紀信さんが撮影しま …

「smile」歌割りの問題??

チャリティーソング「smile」は桜井さんの作曲で「トニトニ」が歌うわけですが、その歌割りが発表されていたようですね。 正直あまり興味がなくて最近知りました。 J-FRIENDSの昔から、こういうとき …