本・雑誌・記事

注目記事!!

投稿日:

こちらです。

【深ヨミ】直近4作で最大のヒット 堂本光一『PLAYFUL』を過去作と比較

2021年6月14日付のBillboard JAPAN週間“Top Albums Sales”で、堂本光一『PLAYFUL』が108,699枚を売り上げ、首位を獲得』から始まる記事です。

また、

『『PLAYFUL』は直近4作の中では初週販売数が最も高いタイトルとなっている。また販路にも大きな変化が見られ、2012年に発売された『Gravity』では実店舗が三分の二を占め、Eコマースは三分の一にも満たなかったのだが、その後のリリースでは徐々にEコマースの販売比率を上げていき、2017年発売の『KOICHI DOMOTO Endless SHOCK Original Sound Track 2』ではEコマースと実店舗がほぼ互角になり、今作においては逆にEコマースが三分の二以上を占めるに至っている。

 

実店舗での販売以上にネットでの販売が伸びている、という事実をみれば、ようやく販路が広がって新たなファンを獲得しつつある、と言えるのではないでしょうか?

テレビを使ったプロモーションではなく、昨年からのネット配信などで、光一さんに注目する人が増え、また「PLAYFUL」が持つ新たなエンタメの可能性もあって、この結果になったように思われます。

この記事でも言われているように、

『過去作のストリーミング配信』

も始まっています。

『堂本光一』という優れたエンタテイナーの未来がいよいよ開ける時がきたのかもしれません。

だからこそ、今後何に注力していくのか、充分に考えて欲しいと願っています。

 

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:

関連記事

「座長祭り」の始まり‼️

やはり書店に舞台誌が並ぶようになると 「SHOCK」の季節が来たな‼️と思います。 今年は20周年、かつ光一さんが「演出」でクレジットされることもあって、ライバル、アンサン …

2公演終了! 日経エンタと「最後のピース」

今夜もツイッターは喜びがいっぱい! まだ観ていなくても、なんだか嬉しく幸せな気分になれます。   日経エンタの光一さん連載は、まだ稽古中のときのこと。   差し替えが多いこと、踊る …

少しずつ明らかになってゆく嬉しさと・・・・。

今日はこんな記事。 堂本光一「Endless SHOCK」スピンオフ版でうれしい“誤算” シリーズ“醍醐味”にゴーサイン! 2020年9月18日 05時00分 とくに、 『描いたのは主人公コウイチの死 …

こちらはネットの記事。

堂本光一、『SHOCK』7ヶ月ぶり再開に決意 感染対策徹底&階段落ちも封印「赤字覚悟で…」 まずはこちらの記事。 いらない「KinKi Kidsの」がついているのですが・・・・。 注目はここ。 『一方 …

ザ・テレビジョン「光ちゃん、どうだった?」

楽しく読ませてもらいました。 「昔からの人たちと久しぶりに一緒に遊んでいる感じがいい」というのが光一さんの意向だったそうで。   三枝さんの狙いとしては、 1、動き回らせると魅力的な光一くん …