覚え書き

帝國劇場!

投稿日:

あえて、帝國劇場とかきますが、むかし、初めて光一さんが座長として帝劇に立つ時、反対の声が大きかった、ということは、よく知られています。

また、アイドルが舞台に立つことについて、(たくさんの『ご批判』と光一さんは言いますが、)たくさんの誹謗も批判もあったわけで。

光一さんは、それこそ『なにくそ』精神で立ち向かっていき、長い年月をかけて、座長としてみとめられるようになったのです。

一方、帝劇はその動員力を知ってからは、あたかもジャニーズの劇場のようになってしまい、光一さんの努力とは別のところで、人気のアイドルを舞台にあげるようになります。

それが、ジャニーズへの忖度なのか、は知りませんが、光一さんの努力を知るファンとしては、帝劇の歴史や格式も知らずに、気軽に舞台に立つ若手のジャニーズメンバーには、平静な気持ちではいられません。

劇場が収益を求めるのはわかります。

しかし、コンサート感覚の若いファンやタレントに長期に渡って舞台を差し出すのはいかがなものでしょうか?

帝劇は舞台人にとっては、やはり目指すべき場所なのです。

その場所を守る姿勢も必要でしょう。

松本白鸚さんのラストの舞台となる『ラマンチャの男』は、日生劇場で上演されます。

日生劇場は私にとっては懐かしい劇場で、大学時代、ここに通って演劇の楽しさを知ったのでした。

久しぶりにこの劇場で『ラマンチャの男』を観たいと思っています。

 

まあ、それはそれとして、今、ジャニーズにとっては、劇場といえば帝劇で、その気軽さにやはり腹がたちます。

実際、長期の公演では満員ばかりでは無いでしょう。

結局、光一さんだけが、帝劇のキングといわれるに相応しい努力と実績を残しています。

 

これからも光一さんを超えるジャニーズメンバーば出ないでしょう。

だからこそ、光一さんは、ジャニーさんのためにも、舞台に立ち続け、座長として努力を積み前に進み続けるでしょう。

光一さんが切り開いてきた帝國劇場という新たな場は、おそらく、光一さん以外のジャニーズタレントを長く立たせはしないでしょう。

それが、舞台の厳しさです。

舞台を観る観客の厳しさでもあります。

だからこそ、できるなら、光一さんには、もっと舞台を極めて貰いたいと願っています。

それは、無邪気に『舞台をやりたい』と語っていた、まだデビュー前のあの頃からずっとすでに運命付けられていた道なのではないか、と最近思うのです。

ジャニーさんが認めた『堂本光一』という見事な素材が、座長として、また演出家としても、帝劇の未来を担うに違いないと思います。







-覚え書き
-, , ,

執筆者:

関連記事

教えていただいた拓郎さんのブログ!

こちらです TAKURO Blog こんな感じ ↓  ↓ 2022.3.25 Fri タイトル題字が完成 光一君に逢えました とりあえず握手して 「拓郎さん全体に細くなりましたね」 「うん?・・そりゃ …

”職人的なエンターテイナーのキング”堂本光一!!

元旦にこんな記事をみました。   堂本光一はジャニー喜多川を超えるべく新たな作品を創り出し続けるーー誕生日を機に考える   特にここ。⇓ 『見た目はいつまでも美しい王子様キャラだが …

「隣のお兄さん」をプレミアム配信のアフタートークで確認!!

「隣のお兄さん」が気になって、有料のLINEプレミアム配信に加入してしまいました。 今まで無料すら放置だったのに・・・・。 なんというか・・・・まあ、光一さんファンでございます。   &nb …

絶妙な?バランス!? つまりはこれが問題!!

会報と日経エンタ。 二つの文章に接してみると、まあ、何とも「絶妙に」バランスのとれたグループだこと!!と思います。   片や言いたい放題。 片や事実のみを淡々と。   昔の雑誌の特 …

幸せなファン!!

昨日の「密会レストラン」 見ながらも、見た後も思ったのですが、光一さんファンは幸せだ、と。   スキャンダルなしに「アイドル」道を歩んできた光一さん。 付き合う相手の方も光一さんだからこそ、 …