舞台

3日後は「プレビュー公演」!

投稿日:

キャストのみなさんのツイートが『舞台稽古』

しかも2幕、とか。

照明、セット、舞台美術が素晴らしい、とか。

「ナイツテイル」の世界はどんな世界なのでしょう?

全員で「世界初」の舞台に挑んでいる、とか。

 

中でも、ベテランの岸裕二さんのツイートがこちら。

「本当に世界初演のグランドミュージカルという事の大きさを体感しています。誰も見たことのない物を産み出すために,みんなで悩んで、みんなで苦しんでいます。

でも誰一人その苦しみから逃げたりしません。(中略)芳雄の怪物ぶりと、光一くんの輝きとひたむきさに震える日々・・・」

 

怪物ぶり」と「輝きとひたむきさ

 

この二人が同じ舞台に立った時、どんなことが起こるのか、楽しみというよりも、ただただこの目で観たい!感じたい!と思いますね。

光一さんは舞台稽古からそのひたむきさで輝いているんだなあ・・・。

井上さんの「怪物ぶり」ってどんなんだろう?

 

さらにキャストの方が帝劇の「着到版」をインスタでアップされているのですが、光一さんは「SHOCK」と同じく一番右の一番上で、これは「座長ポジション」?

 

常に責任を負って舞台に立ってきた光一さんですから、この舞台への「ご批判」は受ける覚悟ができているでしょうし、成功と言われればそれはカンパニー全員の成し遂げたこととして、みんなで喜ぶのでしょうね。

 

プレビューがあり、「初日」があって、梅芸千穐楽は10月15日。

その間、修正もありながら、舞台は続くのでしょう。

シングルキャストで続く公演です。

初日の幕が開いたら、カンパニー全員で走り続ける日々が続きます。

光一さんのチャレンジ、というだけでなく、「世界初演」の舞台に挑むカンパニーの成功を心から願っています。

 

 







-舞台
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ナイツテイル」評 朝日新聞 萩尾瞳

朝日新聞、夕刊の劇評、萩尾瞳さんです。   ラストが大きく変わったことで、幸せな大団円。   この幸福感が、一層キャストの魅力を引き立てて、カンパニーも笑顔のカテコで、観客も幸せ。 …

最近気になったナイツテイル関連ツイート まとめ

キャストの方々のパフォーマンスをもっと一人一人見たかった! 目が二つでは足りない! 日が経つにつれて「もっと観たい」という思いが増す舞台でした。 次は梅芸ですが、1ヶ月以上も先・・・・・。 このところ …

ジャニーさんが観劇!!

ジャニーさんが「ナイツテイル」を観劇とか。 光一さんはジャニーさんになんて言われたのでしょう?? 外部舞台に立つ光一さんをジャニーさんはどう思ったのでしょう? もう、光一さんの思うように進ませて欲しい …

ゲネプロに市村さん⁉️

そんな情報もありつつ、終了した模様。   明日のワイドショーのタイトルをチラッとみると、光一さんに嵐へのコメントを求めた様子。   この時期ですから、そういうことになるのでしょうが …

美波里さんと内くんが500回!!

3月23日の公演で美波里さんと内くんが500回、と座長から紹介があったそうです。   もうそんなになるのですね!   植草さんから美波里オーナーに代わったときは、正直嬉しかったです …