本・雑誌・記事

エンタテイナーの条件 vol.113

投稿日:2023-01-07 更新日:

少しリハビリを兼ねて本屋さんへ。

しかし、階段を降りるときの恐怖心が問題です

上るのには、ほぼ問題ないのに・・・・。どうもかかとが引っかかる気がして非常に怖いです。

これは肉体の問題というよりも精神的な問題ですね。

今後の大きな課題です。少しづつ克服していかないと。

 

で、日経エンタです。

記事の内容は12月初めのようで、その時点での話になります。

光一さんも2023年の7月までが「25周年」だと初めて知ったと言ってますね。

そのことも含めて曖昧さが嫌いな光一さんらしい記述がたくさんありました。

 

まず紅白出演の基準の曖昧さ。さらに白組紅組という分け方についても。

コンサートでの「声出し」の基準もあいまい。

「ジャニワ」についてもこの時点ではまだまだこれから。

むしろ幕が開いてからのダメ出しが続くのだろうと思っています。

それが光一さんの真骨頂でしょうから。

舞台に立ち続けているからこその気づきもたくさんあるでしょうし。

 

光一さん作詞の「天からの手紙」については結構語ってくれていますね。

 

しかし、光一さんのジャニーさんへの思いというのは、想像以上に深くて重く、やはりジャニーさんを思いながらこれからもそういう道を行くのだろうなあと思います。

ここはもう光一さんを見守るしかありません。

 

それでも、こういう場や「SMGO」で思いを語ってくれるのは嬉しいことです。

 

日経エンタではちびっこジュニアの多さにもちょっと触れていて、もうこの子たちはイノッチに任せたほうがいいのでは?と私は思っています。

ジュニア育成まで光一さんに、というのはねえ・・・・。

 

さあ2023年1月。

走り出した光一さんがどこへ向かうのか、ちょっと心配しながら寒い道を歩いて帰ってきました。

 







-本・雑誌・記事
-, , ,

執筆者:

関連記事

日経エンタ・・・「伝統」という文字の意味合いが・・・。

今、こんな時期だけに、光一さんの連載を普通に読むことができません。   もちろん、一連の出来事とは無関係に書かれたことではありますが。   「ジャニーズの伝統」と「ジャニーズ事務所 …

ステージナビの光一さん!

  1600回の特別カテコのレポと写真がたっぷり。 (表紙は滝沢くんと健くんです)   で特に印象に残ったのが、15時公演を東宝さんに申し入れたのは光一さん、ということ。 &nbs …

前田美波里さん、武田真治さん、市村さん・・・。共通するもの・・。

『婦人公論』の表紙が美波里さんでした。 何時も素敵な方ですが、今年「年女」だそうで・・・。 エッ!!72歳!?   ジムで筋トレもされている?   今年の「SHOCK」ではオーナー …

気になる・・・「13月を探しに行こう」

実は気になる記事が・・・。 こちらです。 2月、3月の公演は今回が最後!?堂本光一 リスクの少ない“13月”の上演を希望 特にここ。 <堂本光一 取材会リポート> の中の、 『今はコロナ禍で、ちょっと …

こんな記事が!

美しく年を重ねること 読みました。 盛るのではなく、 そぎおとしてゆく。 機能美が結果うつくしい。 道はいろいろ ひとつじゃない。   確かに、 光一さんを知って、一人で遠征できるようになっ …