舞台

「ナイツテイル」評 朝日新聞 萩尾瞳

投稿日:2018-08-14 更新日:

朝日新聞、夕刊の劇評、萩尾瞳さんです。

 

ラストが大きく変わったことで、幸せな大団円。

 

この幸福感が、一層キャストの魅力を引き立てて、カンパニーも笑顔のカテコで、観客も幸せ。

・・・・光一さんの纏う明るくて楽しい空気がなんとも嬉しい😃

「ナイツテイル」

まさに

「なついている」ですね!

 

 

 

一方でこんなこともあったらしい。

⬇️

「本日「ナイツテイル」夜公演で

見かけました。

キンキコンのグッズバッグ

に加えて。

剛くんのソログッズバッグを持って

帝国劇場内をウロウロしてるひとを。

失礼すぎる行動で気分を害されました。

もう「KinKi Kids」外して欲しい。

心の底から思った。」

⬆️

何かを主張しているつもりかもしれませんが、結果としては呆れられているだけ。

 

いつもながら、恥ずかしいです。

 

 

幸せな思いの一方で、必ず付いてくる不快な出来事。

あちらのソロには立ち入る事がないので、こういう心理が理解できません。

同じようなことをこちらもすれば少しは気持ちがわかるのかもしれませんが。

でも、全く関心がないので、そんなことをする気にもなりません。

 

 

まあ、このような行動そのものが、この人たちを語っていますよね。

何も言わなくても世間は見ていますから。

タレントも同様ですが。

 

 

 







-舞台
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Instagram更新!『菊田一夫演劇大賞』受賞!!

Instagramが更新されました。 懐かしいシーンも見られます。 こちら。 Koichi Domoto has won the Kikuta Kazuo Award 『『Endless SHOCK』 …

Instagram更新!20周年プレイバック 2017年!

⬆️ こちらはこの年のパネル展のポスターです。 ちょっと手違いでこの写真が先になりました。 Instagramはこちらです。 0周年プレイバック 2017年EndlessS …

「ナイツテイル」評 by日経新聞

  日経新聞です。 「二大スターは輝くばかり」の一方で「練り上げ不足の感は否めないが、大きな進化が望める舞台だろう」と。 と言いつつ、「総合力」が魅力とも。 指摘したいところはあれど、観て楽 …

変化と進化

「SHOCK」は進化してきた舞台ですが、いくつか大きな変化を遂げています。   もちろん一番大きな変化は、「Endless SHOCK」になったことです。   その後の大きな変化は …

千穐楽・1700回おめでとうございます!

市村正親さんがご観劇。カテコまでずっといらしたそうで。 1700回セレモニーでは井上芳雄さんがご自分の舞台後に駆けつけてくださったそうで。 Wカテコは芳雄さんの司会で進行。 芳雄さんの登場に客席から歓 …