舞台

「ナイツテイル」評 朝日新聞 萩尾瞳

投稿日:2018-08-14 更新日:

朝日新聞、夕刊の劇評、萩尾瞳さんです。

 

ラストが大きく変わったことで、幸せな大団円。

 

この幸福感が、一層キャストの魅力を引き立てて、カンパニーも笑顔のカテコで、観客も幸せ。

・・・・光一さんの纏う明るくて楽しい空気がなんとも嬉しい😃

「ナイツテイル」

まさに

「なついている」ですね!

 

 

 

一方でこんなこともあったらしい。

⬇️

「本日「ナイツテイル」夜公演で

見かけました。

キンキコンのグッズバッグ

に加えて。

剛くんのソログッズバッグを持って

帝国劇場内をウロウロしてるひとを。

失礼すぎる行動で気分を害されました。

もう「KinKi Kids」外して欲しい。

心の底から思った。」

⬆️

何かを主張しているつもりかもしれませんが、結果としては呆れられているだけ。

 

いつもながら、恥ずかしいです。

 

 

幸せな思いの一方で、必ず付いてくる不快な出来事。

あちらのソロには立ち入る事がないので、こういう心理が理解できません。

同じようなことをこちらもすれば少しは気持ちがわかるのかもしれませんが。

でも、全く関心がないので、そんなことをする気にもなりません。

 

 

まあ、このような行動そのものが、この人たちを語っていますよね。

何も言わなくても世間は見ていますから。

タレントも同様ですが。

 

 

 







-舞台
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

週末の出来事

ちょっと夏バテで昨日は何もできず、ツイッターのまとめでお茶を濁してしまいましたが・・・・。   光一さんが何かやっちゃた?と気になって調べてみると、こういうこと?     …

「SHOCK」の栄光と孤立!

    Twitterをみていて気になった一文がありました。 数日遡ってみつけたのがこれです。 早稲田大学教授・児玉竜一さんの「SHOCK」評から抜粋されたこの言葉でした。 「ジャ …

稽古場から舞台稽古へ!

  稽古場でのラストは円形になってのワークショップだったとか。 ケアード氏のやり方が、カンパニーのみなさんの「世界初」の舞台へ向けてのさらなるテンションアップになっている様子がキャストの方々 …

早くも5公演!

どうも、スッキリしないお天気の大阪です。 それでも、光一さんは美しく、歌が一段と進化しているとか。 梅芸の3階席は舞台全体が見渡せて最高だとか。   来週の梅芸マイ初日は、まさにその3階から …

穏やかな(稽古)時間と進化する舞台!

主役の二人がピリピリしていなくて、とても穏やか、という話。   「孤高の主役」ではない、お互いに理解し合える相手に出会えた、という幸運、さらに素晴らしい作品に出会えた、という幸せ、光一さんが …