舞台

「ナイツテイル」プログラムを読む

投稿日:2018-08-15 更新日:

「パンフレット」ではなく「プログラム」なんですね。

2階の売店で購入したのが、なんだか新鮮でした。

「トートバッグは1階なんです」と言われたのも、あ、そうなんだ、と。

「SHOCK」とは違うのね、と納得。

ステージフォトもありませんものね。(これは正直、欲しいけれども)

いろいろと新鮮で、嬉しいです。

 

観劇の帰りの車中で読んだのですが、改めて読み返しています。

衣装に関するページでは、アーサイトの衣装が一番多いことに触れられていて。

美術の方のページでは、拘りのいろいろを知り、

さらに、ダンサーさんたちの「鹿」の踊りの素晴らしさをキャストの方たちが語っていて。

そうそう確かに「鹿」にしか見えなかった!と思ったり。

 

ケアード氏が語る各キャラクターや、歴史的背景、「喜劇」の定義など、興味深い箇所がたくさん。

 

しっかり読んでおきたいと思います。

 

 

明日は24公演目。

帝劇での公演も後半ですね。

カテコで登場するキャストさんもどんどん変わってゆくのでしょうが、みなさんの感想を楽しみに、「ナイツテイル」の世界を堪能したいです。

 

 







-舞台
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

見果てぬ夢

  神田沙也加さんの訃報があって 書いていたこれを公開するタイミングを失いました   が やはりこんな時だからこそ 残しておきたいと思いました     松本白鸚 …

穏やかな(稽古)時間と進化する舞台!

主役の二人がピリピリしていなくて、とても穏やか、という話。   「孤高の主役」ではない、お互いに理解し合える相手に出会えた、という幸運、さらに素晴らしい作品に出会えた、という幸せ、光一さんが …

ついに「Endless SHOCK」再開!20日から!!

Instagramで 舞台稽古・座長のフライング目線 『本日18日は再開を願いスタッフ出演者全員集まり全シーンをブロックごとに確認通し稽古をしております 幕を開けられるかわからず稽古をしている作品はS …

「エンタメ見本のよう」ですか??

これは、スタジオジブリ・プロデューサーの鈴木俊夫さんが書かれ「SHOCK」の感想です。 この方は滝本さんのご縁で初めて「帝劇でジャニーズを見る」ことになったのですね。   「途中で寝てしまっ …

「今夜はF1」な光一・アーサイト!

芳雄さんのラジオ、一部聴かせていただきました。 今夜も生放送。 でも、光一さんに「いってらっしゃい!」と送り出されるバージョンはこれが最後だそうで。 ラジオはこんな感じ。 ☟ ☟ ☟   〝 …