覚え書き

収益が続くジャニーズ事務所と メディアとのずぶずぶの関係・・・(怒!)

投稿日:

 

ジャニーズ事務所は関西ジュニアを押してみたり歌番組に所属タレントを出したり、とほとんどダメージを受けていない様子。

退所者がでたところで、あまり影響がないようにも見えます。

これはつまり、決定的なダメージをうけていないからで。

 

もともとアンチジャニーズのひとは相変わらずで、ジャニーズファンもまた「相変わらず」だからでしょう。

ファンが好きなタレントを応援するのは当たり前ではありますが、過去のこととはいえ、許されてはならない「セクハラ」にはきちんと「ノー」というべきでしょう。

ファンがまだ幼すぎてそれが理解できないというなら、スポンサーやテレビ局が断固たる姿勢を示すべきだと思っています!

 

けっきょくのところ、「大人」がきちんと対処しなければ、何も変わらないのです。

 

日本という国は日々、あるいは時と共に、その評価をどんどん下げています。

技術力。経済。学力・・・・

せめて道徳、という言い方は古いかもしれませんが「モラル」を守る、あるいは「人としての尊厳」を守る国としての誇りをもったらどうでしょう。

そのくらいしかない、というのも寂しいことではありますが。

それなら「決意」ひとつでできることでしょう。

 

 

それすらもできない、というのであれば、もはやこの国に期待できることはありません。

社会のモラルを守り『被害者』を減らし、これまでの慣例や忖度を見直す。

それは「決意」があればできることなのに、それをしようとしない。

 

そういう「曖昧さ」または周りを見つつ態度を決めようとする「姑息さ」がこの国の社会をどんどんダメにしてゆくのです。

だからもう期待もしない。

ただ 黙って諦めている多くの人がいます。

そういう人々に対して何か言えますか、

私自身、この怒りとも何とも言いようのない気持ちを持ってゆく場所がありません。

 







-覚え書き
-, ,

執筆者:

関連記事

もうすぐ「立冬」

なんだか他のことにばかりに気持ちが行っているうちに、もうすぐ「立冬」です。 なんだったのでしょうね、今までの期間というのは・・・。 私ももっと落ち着いて過ごすべきだったなあ、と今更ながら反省しています …

思い出・・・ソロデビューのころ。

  楽しいと思えるニュースは無くて、なんだかなあと思うことばかり。 しばらくは「待つ」時間と決めて、昔の思い出をすこし。   光一さんのソロデビューは剛さんにかなり遅れて2006年 …

あまりに「のんき」な人たち。

  最近の「流れ」に今更ながら驚いているのはジャニーズ事務所の「新社長」たちでしょう。 タレントを前に出して自分は影に隠れるのが昔からの事務所のやりかたです。 そもそもこんな時に経営のプロで …

今日は晴天の土曜日・・・

頑張って歩きました。 こちらは一休みした公園のあずまや。 暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じでした。 でも歩く速さはあまりかわらない・・・・。   まあ焦らずにいくつもり。   …

演劇界の『苦渋の選択』!!

こちらの記事。 堂本光一「SHOCK」、海老蔵の歌舞伎が中止 演劇界にも広がるコロナ禍   光一さんの舞台に限らず、多くの劇場公演が中止になっています。   「Endless SH …