舞台

ポポロ10月号!・・・と、ふぉーゆー観劇?

投稿日:

ポポロで光一アーサイトが踊るシーンのアップを確認。

(森で、グリーンの衣装で踊るところ)

テキストはほぼ他誌と似たような内容でしたが、このアップの写真が嬉しかったです。

ここ、光一さん歌ってないんですよね。

 

歌って踊る光一さん、というか、歌いながら踊れる光一さん、最高!

といつも思っています。

光一さんの言う「音楽の可視化」

ダンスも照明も含めての演出。

この光一ワールドが、私にとっては最上のステージです。

プロのダンサーさん達と作るステージ、今年は見られないのでしょうか?

この分野での光一さんは、プロ中のプロ、と私は思っています。

 

 

「ナイツテイル」帝劇公演はあと一週間、10公演です。

カテコに登場するキャストのみなさんの緊張や、やり遂げた感満載のツイートを拝見して、カンパニーの充実ぶりが良くわかります。

光一さんが楽しんでいるのも。

 

本当に、こういう舞台が実現できて良かった!

改めて東宝さんの企画力に感謝です。

舞台は楽しんで観たい、そう思っていたことが現実になって、本当に良かった。

 

また、光一さんがリスクを承知で飛び込んだ「ミュージカル」の舞台で、「華」「殺陣の動き」が評価され、「歌」はやや井上さんに譲るものの、光一さんの努力が評価されて、(ファンとしては、危惧していなくもなかったわけですが)安心もしました。

 

ジョン・ケアード氏による「世界初演」の舞台、という部分も大きいですね。

オリジナルキャストである、ということも含めて、東宝さんの戦略の勝利かな、とも思っています。

なにはともあれ、「外部舞台」は成功した、と思います。

 

あとは、今後にどう活かすことができるか?

ここですね。

 

梅芸での公演もありますから、シングルキャストのカンパニーも大変でしょうが、一層の充実ぶりを見たいと思っています。

 

ところで、ふぉーゆーが揃って観劇していた、というツイートを拝見しました。

となると、感想が楽しみです。

 

 

 







-舞台
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年 初日!

無事に初日が終わりましたね。 変更箇所がかなりあったようで。 一番は、セリフが歌に変わったことでしょうか? パネルマジックがなくなった。 (車に乗るところからスタート?) ジャングルがなくなった。 ( …

プログラム写真差し替えの件

今日8/25から、「ナイツテイル」のプログラムの写真が稽古風景から舞台写真に差し替えられたそうですね。   梅芸バージョンが出るのかな?と思っていたのですが、帝劇に問い合わせたところ、56〜 …

「ナイツテイル」初めの一歩の始まり!

あの斎藤安彦さんが「ナイツテイル」のプロデューサーと知ってなんだか安心しました。 素晴らしい環境で、光一さんが笑顔になっているんだろうなあと思えます。   日本初演の作品、ゼロから作る舞台。 …

「ナイツテイル」評 by日経新聞

  日経新聞です。 「二大スターは輝くばかり」の一方で「練り上げ不足の感は否めないが、大きな進化が望める舞台だろう」と。 と言いつつ、「総合力」が魅力とも。 指摘したいところはあれど、観て楽 …

10/5 夜観劇‼️

  夕闇が迫る梅芸です。 関西は雨も降らず、暖かな夕方。 これまでは3階からの観劇でしたから、全体は眺められたものの、やはり遠い感はありましたが、今日は2階席。 お誘いに感謝です&#x1f6 …