覚え書き

どうやら繰り返される明暗・・・・

投稿日:

 

・・・・明暗という言い方はちょっと違うと思うのですが。

光一さん事で盛り上がっていると、必ず聞こえてくる不愉快な出来事。

毎日、もちろん、いろいろなことがあって、最近では大雨やその被害。

高温の日々、熱中症、などなど。

 

世間的には、特に注目されることではないかもしれませんが・・・・。

光一さんファンにとっては忘れる事が不可能な昨年10月31日。博多座「SHOCK」大千穐楽。

その当日に、東京で同じGのメンバーのソロのステージで堂々と繰り広げられた『葬式ごっこ』の参加者である吉本芸人が、来年帝劇の舞台に立つそうですね!

 

名前を出すことすら不愉快ですし、以後一度も見たことはありません。

しかし、帝劇で再演が繰り返されている舞台に、彼が立つ、と思うとあの時の怒りが蘇ってきます。

 

吉本新喜劇ではなく帝劇です!

 

帝劇の座長を務める光一さんの、『葬式ごっこ』を行った人間が、どういうつもりで帝劇に立つのでしょう?

 

しかも、「ナイツテイル」帝劇千穐楽の余韻に浸っている今、それが発表される。

 

これまでの苦い歴史を思い出します。

少なくとも私にとっては、たびたび繰り返されてきた不愉快な出来事です。

 

またしても(怒💢 )と思ってしまいます。

 

 

 

・・・・・・光一さんには、ジャニーさんにも褒められた舞台で、もっともっと様々な役を生きて欲しい。

楽しそうな生き生きとした笑顔を見せていただきたい!

ファンにとっては、そういう光一さんが見られる事こそが幸せなのですから!

「ナイツテイル」の再演、映像化、(ソロコンの要望も)の声を上げつつ、光一さん関連のものについてのファンの購買力を示すことで、ファンの意思を明らかにしていきたいと思います。

その意思は、『買わない、参加しない』ことでも表すことができます!

 

ファンの声に力があるなら、何を望み、何を望まないのかを明確にするべきでしょう!

 

 







-覚え書き
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2012年の4か月連続公演から現在まで「Endless SHOCK」の流れ

内くんの登場、沙也加さんのリカ役、博多座~帝劇へと続く4か月連続公演。 さらに「Higher」の登場。 2012年の「Endless SHOCK」はDVDで見る「ドキュメント」も含めていろいろな意味で …

まだまだ続く「トニー賞への招待」に思うこと

井上さんは、今関西で「12番目の天使」公演中。 今日4月27日のチケットを取っていたのですが、気管支炎の咳があまり改善されず、観劇を断念。 チケットは当日受け取りとしていたので念のため電話でキャンセル …

「祭り」になれない緊張が!・・・・今の気持ち。

このところの雑誌の表紙、特集、対談など嬉しい記事が多くて、「光一さん祭り」と言いたいところですが・・・・。   やはり「祭り」というには緊張感が邪魔しているように思われます。   …

「怒涛の日々」が続きます。

井上芳雄さんがラジオで、ペットの鳥さんが手の上で亡くなったことを話していらっしゃいました。 さらにその日は次男の赤ちゃんのお祝いの日?(井上さんはクリスチャンだそうですが、そこに詳しくなくてすみません …

10/8 芦屋川 駅の景色は変わらないけれど・・・。

これは、昨日の写真です。 梅芸に向かうときに阪急芦屋川駅近くで撮ったもの。 JR芦屋駅あたりは随分変わりましたが、芦屋川駅は光一さんがいた頃とほとんど変わらず。 たぶん、光一さんも同じ風景をみていたは …