覚え書き

事態は時間と共に・・・・。

投稿日:

 

たとえば、松本人志さんの問題。

結局は「時代」の流れと共に様々なことが変わってゆく、ということなのかもしれませんね。

でも、さすがに『戦う』と言っている松本さんに対して、白黒もはっきりしないうちからスポンサー離れ、というのはあまりにも自己保身が過ぎる、というのか、疑問には思いますね。

結局は声の大きさに配慮せざるを得ない、ということなのでしょうか?

声の大きさは『正しい』かどうかという事と比例しませんが。

 

SNSの誹謗中傷に対して法的対応を検討しているそうですが、今のような状況では必要かもしれませんね。

ただし、その基準については判断が難しい気もしています。そもそも「運営」母体は外国ですし。

 

何にしても一時の報道や記事に右往左往せずに、しばらく時間を置くことは必要でしょう。

沈静化することもあるでしょうし、逆もあるでしょうが、「あおり」記事や意見に簡単に同調してしまうことは危険です。

 

 

 

 

ある意味「変わらない」キンキキッズは、その「変わらなさ」が魅力でもあり、今にも通じるパワーにもなっているのかもしれません。

デビューから四半世紀以上が過ぎて、スマップでもなく嵐でもなく「主流」でもなくやってきた歴史がしっかり生きていると思います。

アイドルでもあり、アーティストでもある存在として。

ソロとしてもそれぞれの分野で活躍できるのは素晴らしいこと。

40代半ばの大人として、今後の人生も含めてしっかりと「これから」を考えて欲しいと思っています。

 

2024年がどういう年になるのかわかりませんが、私はまず体力・筋力共にできるだけ鍛えて、せめて無理なく動けるようになりたいと思っています。

ささやかな目標ですが、70代を元気に過ごすためにも頑張らないとね!

さて、博多座公演も明日が千穐楽。

この後は大阪ですね。

観劇はかないませんでしたが来年も再来年もある、と思えば「励み」にもなります。

今度こそチャーリーに会えますように!

もちろんコンサートの光一さんも大歓迎!!!

ワクワク、ドキドキしながらお知らせを待ちましょう!

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:

関連記事

今幸せに触ったみたい♫

「ぼくの背中には羽根がある・再考。」 ということで。   もうこの頃、この曲の脳内再生が止まりません。 ただし、光一さんソロで、という条件付きです。     こんな状況下 …

小雪舞い散る・・・・

今日は寒くて朝から時々雪が舞う一日でした。   友人の勧めで障害保険に加入しました、いつも何かあった時には保険に加入していなくて。 障害保険なら怪我の保証があるようで加入することにしました。 …

「劇場クラスター」の意味するものは『移動』の危険?

  このところ、『劇場クラスター』があちこちで取り上げられていますが、私が一番納得できたのがこちらの記事です。 山本裕典らの“劇場クラスター”、尾上松緑の大激怒に納得「東京舞台の恐怖」 &n …

「休演日」が覚えられない・・・

関西は、すっかり「葉桜」になってしまいました。 地震があったり、大地震の「予測」があったり、「円安」があったり、アメリカで「J-POP」が今後の注目になったり・・・・世界は動いていますね、というか「そ …

情熱の本能 ♬ と雑誌「悲劇喜劇」

真っ赤な紅葉。 思い浮かぶのは、「情熱」 この曲は好きでした。 光一さんのドラマの主題歌でしたね。 「情熱の本能 君の手を奪って ♬」   新人刑事「愛田誠くん」のドラマ「ルーキー」の主題歌 …