舞台

続けること・・・・・💛

投稿日:

 

つくづく思うのは『続けること』の難しさです。

以前、松岡くんが光一さんを迎えるのに後輩くんたちが全員立ち上がった、と言っていましたね。

私はそのシーンを勝手に想像しては、悦に入っています。

芸能の世界で,一つの舞台で再演を重ね継続することがどんなに難しく稀なことか!!

しかもそのスタートは、独自の舞台を作る所から始まったのです、あの「なんちゃって」舞台を大人の鑑賞に耐えるものに変えたのです。

納得できるストーリーに、繰り返し見たくなる作品に!

 

まだ20代の若さで、周りには批判の声が大きい時にそれを成し遂げたのです。

どれほどの勇気と信念とが必要だったでしょう。

「アイドル」と言われTVでドラマやバラエティー番組に出ながらも、25年間も舞台に立ち続けることができる人は他にいません。

そもそもドラマの主演すらなかなか連続ではできません、いくらそれを希望しても、です。

 

そんな世界で、光一さんは『舞台』を選び、ミュージカルを選んで、スキルを磨き続け、演出を学び、スタッフとの信頼を築き、カンパニーを作り上げて、「SHOCK」を続けてきました。

 

演劇の世界では「お客さんを呼べる事」がとても大事です。

それがなければ続けることはできません。

光一さんは重い荷物を背負いながら、舞台を見直し、アップデートを続け、共演者にもたくさんの影響をうけつつ舞台をさらに魅力的にしつづけてきたのです。

観客はそれを支持し「満員御礼」が続き、チケットが手に入らない舞台となりました。

もちろん『好き』な分野でもあったでしょうが、何よりも光一さんを支えたのは『負けるものか』の精神だったと思います。

美しいということは、そのぶん他の才能が低く評価されがちです、光一さんもそうだったでしょう。しかも「人気アイドル」

「負けるものか」の精神が無ければどこかでくじけていたかもしれません、

光一さんは言いませんが、自分の欠点をきっと良く知っているのでしょう。だからこそ努力を重ね、学び、多くのモノを身につけてきたのでしょう。

その精神がこれからも光一さんを支え続けると信じています。

そうしてこれからが、光一さんの新たな人生の始まりであり、新たな舞台の始まりであると思っています。

今年が「SHOCK」のラストイヤーならば、2025年は新たなスタートイヤーです。

これまでと同様に応援しています。

あなたの道を突き進んでください!!

 







-舞台
-, , ,

執筆者:

関連記事

『ようやく折り返し』という座長の言葉‼️

今日が帝劇公演の中日‼️ 座長が挨拶で「ようやく折り返し」という言葉を使ったそうで。   「体力は今の方があるけれど、回復に時間がかかる」 と最近よく言っている座 …

「光一君と一生やっていきたいくらい」 朝日新聞

朝日新聞の 「役とも重なる2人の波長」 こちらです。 「どうしようもないバカなんだけど、お互いが大好きで、言葉にはしないけど認め合っている」(堂本) 「やっぱり重なりますね、俳優同士としてね」(井上) …

「道」は後ろにできる・・・・・

  高村光太郎の詩に 「僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる」というのがあります。 詩集『道程』の一節です。 最期の3行がこちら。 『常に父の気魄を僕に充たせよ この遠い道程のため この遠 …

とうとう残り7公演に・・・・・!

聖火ランナーの辞退あり、俳優さんの事務所からの独立あり、長瀬くんのドラマが間もなく終了とか、世の中動いていますね。 このところ仕事に追われて、ネットでニュースをチラ見するくらいですがそれでも、世間の動 …

「幸せ」な舞台と「幸せ」な感想!

今夜も皆さんの感想を拝見して幸せ!   例えば「SHOCK」では、「無事」終演の無事にとにかくホッとして一日が終わるのでしたが、(そうして、それって楽しいの?とずっと思っていた)この作品では …