本・雑誌

ステージナビの光一さん!

投稿日:2018-03-29 更新日:

 

1600回の特別カテコのレポと写真がたっぷり。

(表紙は滝沢くんと健くんです)

 

で特に印象に残ったのが、15時公演を東宝さんに申し入れたのは光一さん、ということ。

 

出演者の体のメンテナンスの時間が昼・夜公演では取れないので、東宝さんに了承してもらったそうで。

 

結果、地方からのお客さんも帰れるようになって良かった、と。

 

光一さん自身もこれでよかったそうなので、安心しました。

 

開演時間が不規則になるのはどうなのか?と思っていたので。

 

このところ、身体作りに成功していて、以前のようにゲッソリ痩せることがなくな
りましたね。

 

年齢とともに、しっかり身体作りをしていて、さすがです。

 

階段落ちはちょっと考えていただきたいけれども、「Endless SHOCK」はやはり「コウイチ」の物語。

 

まだまだ物語を見続けたいです。

 

 

もうひとつ、

印象的だったのは久野さんの言葉。

「光一さんになって、フライングをしてみたい」って。

 

「光一さんは不思議なかた」って。

可愛い方ですね。

 

また、自由に演じてくれたら、どんなふうにも受けますから、という座長の言葉を知って美波里オーナーが毎日表現を変えてきた、と以前に座長が言っていたのを思い出しました。

 

ライバルが変わっても、オーナーが変わっても、ちゃんと受けてくれる座長の存在が
1600回の歴史をそのまま語っていますね。

 

すべての経験が血となり骨となって

今の「堂本光一」を作っている。

デビュー前の光一くんを思うと、よくぞここまで(涙!)と、

化け猫ファンは感動するのです。

 

さあ、そろそろ今夜の舞台が開演です。

 

1631公演目。

帝劇公演もあと3日4公演です。

満開の桜のころには千穐楽。

ここ数年そんな3月を過ごしていますね。

今夜の舞台もキラキラの座長がカテコでガッツポーズをするのでしょうか?

 

帝劇を想いながら

小さく乾杯!







-本・雑誌
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ連載Vol.57は2ページ全てが見どころ読みどころ!

  前回はGコンの話だったので、正直まあ普通に読んで終わりでした。 この時の感想はこちらです。 日経エンタに見る相違   が、今回は2ページ全てがいわば「読みどころ」   …

日経エンタ連載 Vol.57 「~自分という強敵」

さて、本題です。 後半はオリンピックの話題から。 カーリングからのフィギュアの話。 靱帯損傷というのは克服まで「年単位」でかかるそうで。 これには驚きました。   そうなると羽生選手の頑張り …

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …

日経エンタ・・・の前にTOKIOのFCメールに脱力!

  TOKIOのFCメール、事件後初のFCメールの内容がなんと「島茂子の衣装展の案内」だったそうで・・・。 なんでしょうね、もう腹が立つ以前の問題で、ただ・・・脱力。   前々から …

日経エンタ・・・「伝統」という文字の意味合いが・・・。

今、こんな時期だけに、光一さんの連載を普通に読むことができません。   もちろん、一連の出来事とは無関係に書かれたことではありますが。   「ジャニーズの伝統」と「ジャニーズ事務所 …