本・雑誌・記事

ステージナビの光一さん!

投稿日:2018-03-29 更新日:

 

1600回の特別カテコのレポと写真がたっぷり。

(表紙は滝沢くんと健くんです)

 

で特に印象に残ったのが、15時公演を東宝さんに申し入れたのは光一さん、ということ。

 

出演者の体のメンテナンスの時間が昼・夜公演では取れないので、東宝さんに了承してもらったそうで。

 

結果、地方からのお客さんも帰れるようになって良かった、と。

 

光一さん自身もこれでよかったそうなので、安心しました。

 

開演時間が不規則になるのはどうなのか?と思っていたので。

 

このところ、身体作りに成功していて、以前のようにゲッソリ痩せることがなくなりましたね。

 

年齢とともに、しっかり身体作りをしていて、さすがです。

 

階段落ちはちょっと考えていただきたいけれども、「Endless SHOCK」はやはり「コウイチ」の物語。

 

まだまだ物語を見続けたいです。

 

 

もうひとつ、印象的だったのは久野さんの言葉。

「光一さんになって、フライングをしてみたい」って。

 

「光一さんは不思議なかた」って。

可愛い方ですね。

 

また、自由に演じてくれたら、どんなふうにも受けますから、という座長の言葉を知って美波里オーナーが毎日表現を変えてきた、と以前に座長が言っていたのを思い出しました。

 

ライバルが変わっても、オーナーが変わっても、ちゃんと受けてくれる座長の存在が1600回の歴史をそのまま語っていますね。

 

すべての経験が血となり骨となって今の「堂本光一」を作っている。

デビュー前の光一くんを思うと、よくぞここまで(涙!)と、化け猫ファンは感動するのです。

 

さあ、そろそろ今夜の舞台が開演です。

 

1631公演目。

帝劇公演もあと3日4公演です。

満開の桜のころには千穐楽。

ここ数年そんな3月を過ごしていますね。

今夜の舞台もキラキラの座長がカテコでガッツポーズをするのでしょうか?

 

帝劇を想いながら

小さく乾杯!







-本・雑誌・記事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

舞台誌!・・・選んだのは”STAGE SQUARE”ですが何か?

書店に並ぶ舞台誌! この時期はもちろん光一さんが表紙です!! どれも素敵な光一さんです! ・・・が一番に目に飛び込んできたのは『二の腕』 腕だしの光一さんはこの”STAGE SQUARE”だけですから …

創刊 ”act guide” 巻頭特集!

本屋さんに確認するとあと一冊しかないと言われて慌てて取り置きをお願いし、夕方受け取ってきました。 表紙も素敵でしたが、裏表紙は夜の海の後倒れたコウイチ。 こちらなのですが、本を横にして撮ったものです。 …

市村さんとの対談・・・週刊新潮より

週刊新潮に市村正親さんと光一さんの対談さんが載っていますね。 4ページほどですが・・・。 特にこういうところ 『光一くんの歌は”酔っている”ことが一切ないから。あくまでセリフの延長線上で、声に気持ちを …

さあ、明日8日の休演日のあとは千穐楽まで4日間 !

  配信映像の余韻を雑誌の写真などで楽しんでいます。 こちらは「サンデー毎日」の記事の一部分。 『物語の舞台を本編から3年後に据え、登場人物一人一人のドラマを掘り下げた。本編での悲劇を乗り越 …

こちらの記事も見逃せませんでした!

この記事。 舞台人・光一が戻ってくる 5カ月ぶりステージ「きっかけ、スタートになれば」 KinKiに拘る以前に内容に注目! とくにここ。 『舞台人・光一が戻ってくる。「エンターテイメントっていいものだ …