舞台

SHOCK観劇二日目 2/23

投稿日:

二日目にしてマイ楽。

2階席からの観劇でした。

サイドの席でしたが、2階からの観劇は大好きです。

なんといっても「ソリタリー」のフォーメーションを見るのが大好きで、今年は一部動きが変わったように思いましたが、最終的には見事に美しく収まって、やはり圧巻のシーンでした!

 

昨日は1階から見上げていたラダーフライング。座長が2階に着地するところは見えなかったのです。

が、今日は座長の横顔がくっきりと美しく、補助棒を使わずに着地して、見得を切るところをじっと見続けたのでした。

これが正面ですと、逆に座長が正視できず、下を向いたりしてしまうので。

 

群舞のフォーメーションの美しさは昔からではありますが、演者の皆さんの努力の結果であり、何より気持ちが揃っていることの証でもありますね。

 

2幕も演出の変更がたくさんありました。

まだまだここは詳しく書かないほうが、皆さんの観劇の楽しみを削がずに済むと思います。

とにかく観てください!!

 

・・・・で、座長の演出家としての感覚の鋭さというのか、セリフのひとつでガラッと観方が変わって、そのシーンの意味がさらに深く迫ってくる、という、その感じの何とも言えない驚き。

 

「ナイツテイル」でジョン・ケアードさんが、適当なところで作品から離れる?でしたっけ?あまり長く一つの作品に拘っていてもいけない、ということをおっしゃっていましたが、長く「SHOCK」に関わってきた座長だからこそ、ひとつの「セリフ」の重みや衝撃で大きく変わる「そのシーンの意味」を知り尽くしているわけで。

 

また、そんな演出の変更に応える「ウチ」の存在がとても大きいと思いました。

しばらく「ライバル」ウチを観ることができない時期があった分、それこそ「成長した」ウチに出会うことができました。

歌い方も、セリフ回しも昔とは違っていて、私見ながら、とっても良くなっていたと感動しました。

戻ってきてくださった美波里オーナー、可愛いリカ、「大人」になったウチ。

 

演出の変更に伴い、これまでとは違った表現が生まれ、それを受けて、さらに進化した舞台が生まれたのだ、と思っています。

 

「2か月という長い公演期間をカンパニー全員で走っていきたい」

と座長が言っているとおり、まだ帝劇での公演は半分も終わっていません。

まだまだ演出も変わるのかもしれません。

それでも、[SHOCK」は大きな転換期を迎えた、と思いますし、その「転換」に成功したと思います。

 

それは40歳になって円熟味を増した光一さんの、広い視野と鋭い視点があってこそだと思っています。

コウイチをその仲間たちをどう表現するのか?

正解はわからないとしても、おそらく今後もさまざまなアプローチが試みられるのでしょう。

それはキャストの変更によっても変化するでしょうが、その真ん中にはやはりコウイチがいてこその「SHOCK」

1700回を超えたあとに、どんな未来が待っているのか?

 

光一さんの目指すものをこれからも楽しみにしています!

 

 

 







-舞台
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日は休演日ですが、盛り上がる梅芸!

大澄賢也さん@osumikenyaのInstagram 大阪公演も大盛況です🎉🎉🎉 カンパニージャージ‼️ 光一君の一声で作 …

NHK「ごごナマ」を見ていたら・・・・。

たまたま今日は時間があって、NHKの「ごごナマ」を見ていたら、 ゲストが阿部サダヲさんと岡田将生さんでした。 現在共演の舞台の舞台稽古の最中だとか。 お二人のさまざまな話が聞けてよかったです。 &nb …

「ナイツテイル談義」の嬉しさ‼️

大澄賢也さんのブログ。 こちら。 ナイツテイル談義 この中の、これ。 ここから ⬇︎  ⬇︎ 「そして自分が光一君の踊りについて話した。   「光一君の踊りって、 …

幕が下りた後、あちら側とこちら側から大きな拍手!!

  座長挨拶のあと、幕が下りると「ワ~ッ!」というキャストさんの歓声が上がって、それを聞いた会場からも大きな拍手が!!   ずっと鳴りやまなかったそうで・・・・。   1 …

浜島さんが観劇!!

もう長いお付き合いになる浜島さんが今年も観劇されたようですね。 浜島さんのツイートです。 『昨晩は、堂本光一さん主演のエンドレスショックを観劇させていただいた。演出の大幅な変更がなされていました。公演 …