ラジオ

光一さんのラジオ 2/25

投稿日:

 

舞台中に聞くラジオって、以前の収録だろうなあとは思いつつ、「座長」とは別の光一さんの声にとても惹かれます。

 

この声を聴きながら、舞台の座長を思い返すのが、なんともいえないシアワセでもあります。

 

TOKIOのリーダーは仕事後の移動中に飛行機内でワンカップを飲むそうですが、光一さんは国内便の飛行機では寝てしまうので何も食べないとか。

 

ハードコンタクトの光一さんは、目をこすってしまい、白目のところでコンタクトから空気が抜けて目にくっつく吸盤状態になったことが2回あったらしい。

そうなると取れないそうで、そうなったら「地獄」だそうです。

 

そんなときは「つまようじ」で取るそうです。

「コンタクトが吸盤状態」って。

私にはわからない事態ですね。

 

 

「オレファン」は、ハミルトンの引退示唆の報道について。

「引退を示唆」したそうですが、どう受け取るか、という取り上げ方にもよるので、なぜそういう発言になったのか、様々な流れを考えて欲しいと言っています。

明日がわからない世界なので、そういう世界で生きている感覚を分かってほしい、と。

いつ何が起きても悔いのない状態でいたい、という事なんだろう、と言ってます。

 

ちょっと気になったのは、

『発言が炎上して弱気になる人もいるけれど、俺は図太いから』

という言葉。

仕事が成功しなければ明日はないという感覚、と言ってますが・・・。

 

光一さんは、20年以上この世界で生きているわけで、そういう「強さ」は身に着けていると思います。

よく言う「頑固さ」というのでしょうか?

「正解」はわからないけれども、これ、と信じてやるしかない、という思い。

美しく儚げでもある舞台での姿は、光一さんの強さに支えられているわけで。

 

 

今は、2019年の「SHOCK」に全て繋がってしまい、この舞台を作り上げた光一さんの特に「演出家」としての凄さに改めて気づかされて、「オリジナル作品」故の多くの可能性に心躍る気がしています。

 

 

光一さんのラジオはこちら。

どんなもんヤ

 

 

 

 







-ラジオ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

光一さんのラジオ 12/24

2018年はどんな年だったか? 「ジョン・ケアード学校で学んだ年」だったと言ってますね。 スタッフや演者の皆さんとの出会いもあったし、改めてお芝居やミュージカルについて学んだ年だった、と。 2019年 …

光一さんのラジオ 5/25

文化放送ではなく、レコード会社から、だそうです。 できるだけ「人に会わない」ように、という配慮らしいです。   例のマッスル動画について、 大事なのは腰や膝を傷めないフォームだそうなので、頑 …

光一さんのラジオ 8/5

今回は、なんだか印象に残るフレーズがいっぱいでした。   「公開告白をどう思いますか?」について、 「もうギャグでしのぐしかない、『ちょっと落ち着こうか』と言って『無理~!!』とか」 &nb …

光一さんのラジオ 1/28

まずは帝劇地下の「蘭」さんが閉店するという話。 光一さんもいつも出前を頼んでいたそうですが、場所は知っていたものの、とうとうお邪魔することもないままになってしまいました。 その「蘭」さんの記事がこちら …

光一さんのラジオ 5/13 「令和」のラジオ?

3月の「SHOCK」千穐楽のあと、みんなで打ち上げをした、という話からスタート。 (・・・・なんだか光一さんの声質が違ったように聞こえるのはなぜでしょう?)   4月1日の「令和」発表時には …