会いたいぞ!

「舞台」への思い!

投稿日:

光一さんの連載「エンタテイナーの条件・特別編」を何度も読み返しています。

病室で朝までジャニーさんと過ごせて本当に良かったと思います。

「ゆっくり思い出を振り返る特別な時間」だったと光一さんも言っていますね。

 

ある意味、光一さんはジャニーさんを、最も語れる人ではないか?とこの「特別編」を読んで思います。

 

 

私はいつも思うのですが、光一さんがただ一人、ジャニーさんの舞台を作り変えて、進化させた人だ、というのは、とても大きなことです。

ジャニーさん演出の舞台には多くのジャニーズタレントが立っています。

 

その舞台は光一さんが言うように、若いエネルギーの爆発力?を最大に発揮させるものであり、ストーリーは二の次で、観客を驚かせる仕掛けに富んだものです。

私が特に思い出すのは、唐突に出てきた「火を吐く竜」に飛び乗って戦う光一さんの姿です。

「なんじゃこりゃ!」と、それこそあの”ジーパン刑事の最期の言葉”を思い出してしまうくらい、訳の分からないシーンでした。

(このセリフが分からない人がいたらごめんなさい。世代の相違です!)

 

ですから、まあ光一さんの姿を愛でるだけ、が楽しみであり、最後の「ショータイム」を観に劇場に通っていたようなものでした。

 

もしもあのままの舞台が続いていたら、見続けていたかどうかとても疑問です。

まあ、光一さんもあのまま演じ続けていたかどうか疑問ですが。

 

「Endless SHOCK」に初めて変わったとき、ショータイムもなくなりましたね。

光一さんはやや不安を感じていたかもしれませんが、内容の変更にも、ショータイムがなくなったことにも、ほとんど文句が出ませんでした。

むしろ、観客は喝采したものです。

これこそ、光一さんの光一さんによる「舞台」だ!と。

 

 

光一さんが自分の納得できる舞台にしたい、と思い、ジャニーさんがそれを認めたことは、「舞台」を愛する人の共通の思いがあったからだと思います。

 

ジャニーさんにとって光一さんは「自慢の息子」だったでしょう。

 

光一さんにとってもジャニーさんは尊敬する「父」であり、いつか超えたいと思う高い壁だったでしょう。

 

ジャニーさんの「舞台」への思いを深く理解し、受け継いでいるのは光一さんだ、と私は思っています。

 

ただし、ジャニーさんは裏方に徹した方でしたが、光一さんはそうではありません。

 

自身が舞台の真ん中に立つことで、ジャニーさんには見えない光景を見たでしょう。

また「座長」として、ジャニーさんとは違った立場で舞台を考えたでしょう。

 

それは超えるとか超えないとかではなく、光一さんとジャニーさんの違いなのです。

二人は似ていても別の道を歩いているのです。

ですから、光一さんには光一さんの道を歩んで欲しいと私は熱望しています。

 

滝沢くんが引退して裏方としての道を選んだ。

それはそれで滝沢くんの選択です。

今後、ジュニアのプロデュースをするなら、頑張って欲しいと思いますが、光一さんには光一さんの道を進んで欲しいです。

事務所や後輩くんたちに囚われずに、自由に、未来に向かって欲しいです。

 

・・・・まずは梅芸。

次は何でしょう?

 

あちらのアルバム発売の話に、ちょっと触発された部分もありますが・・・・。

 

「エンタテイナー・堂本光一」を待っている人がたくさんいます!

そのことは忘れてほしくありません!!

 







-会いたいぞ!
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もう、6月半ば‼️

関西はまだ梅雨入りしていないようで。   不安定な天候が続いています。 今の気持ちのようでもあります。     さて、頂き物です。   ただし、下記のリンクは期 …

師走

師走です。 落葉と冬の花。 未曾有の感染症という災厄に見舞われた2020年。 これがどんな結末を迎えるのか、まだわかりません。 世界的な広まりをみれば、各国バラバラの対応では、終息しないでしょう。 生 …

「原点」はウエストサイドストーリー!!

雑誌「悲劇喜劇」で、ジャニーさんの原点は「ウエストサイドストーリー」であった、と述べられています。 光一さんもまた、そうだったと知って嬉しくなりました。 ここにこそ歌って踊る舞台の原点がある、と思って …

希望・・・・。

これは今朝の空。 青空は見えるけれども雲が邪魔をしています。   「ナイツテイルコンサート」の嬉しいお知らせ。 さらに光一さんの「ソロライブ」も予定されていたことがわかって。 もう嬉しさが爆 …

えっ!!光一さんは芳雄さんと「ピピン」観劇ですか!?

KinKiの話は「もう結構!」というか、どんどん関心が無くなってきています。   そんな時、光一さんが井上芳雄さんと「ピピン」観劇? 仲良くお話、とか、照れ笑いとか、「可愛い!」と声が上がっ …