会いたいぞ!

#25 見る音楽を作りこむミュージックビデオの世界

投稿日:

光一さんの「エンタテイナーの条件」単行本は何度も読み返したくなります。

 

あのときはこういうことを考えていたのか、とか、こんな思いがあったんだ、とか、たくさんの学びと発見があって、堂本光一という人が理解でき、ますます好きになります。

 

また、そのように分かりやすくきちんと語ってくれることが光一さんのクレバーなところですし、F1の話にしても、とても分かりやすいです。

 

今回また読み返しているのですが特にラストの3つの章についてちょっと思うことがありました。

 

今回の「#25 見る音楽を作りこむミュージックビデオの世界」というこのブログのタイトルですが、これは「エンタテイナーの条件」単行本の最終章のタイトルでもあります。

 

ここで光一さんは「DVDシングル」”INTERACTIONAL/SHOW ME UR MONSTER”について話していました。

錦織さんに相談したこと。

特に”INTERACTIONAL”は「もう36歳だし、こういう大人っぽい感じもアリなんじゃないの?」と周りからも言われた、とも。

 

この2曲のすばらしさは、もうみんな知っているわけですが・・・・。

 

このように「作りこむ」のが光一さんのスタイルですよね。

 

・・・ただ、これを読み返しながら、この時からもう4年が過ぎている、という事実に改めて愕然とするのです。

 

だって、この前の章は#24「~2つの現場」

これは「陰陽師」とケント・モリさんとの「MJ企画」の2つを指しています。

さらに#22 #23は帝劇での事故の話です。

 

あの「陰陽師」

あの事故

 

もう過去の事として記憶に残っていることが、ここに書かれている。

 

つまり、光一さんのソロ活動としてのドラマ出演や歌番組出演は、この時以来無いのです!

 

DVDシングルも「ソロアルバム」も「ソロコン」もです!!

 

ここに書かれているような拘りの表現、光一さんならではの「音楽の可視化」

光一さんは今もそれを考えているはず。

さらに「次」を求めているはず。

・・・でも、それはいつ公にされるのでしょう?

 

ずっと待っているのに。

 

あの感動の「INTERACTIONAL」のダンスを見ながら、この「次」はどんなものを見せてくれるのだろう?と楽しみはどんどん膨らんでいるというのに・・・。

 

何時まで待てばいいのでしょう?

せめて、『いつまで」というところだけでも、知りたいのに。

 

 







-会いたいぞ!
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「舞台」への思い!

光一さんの連載「エンタテイナーの条件・特別編」を何度も読み返しています。 病室で朝までジャニーさんと過ごせて本当に良かったと思います。 「ゆっくり思い出を振り返る特別な時間」だったと光一さんも言ってい …

「原点」はウエストサイドストーリー!!

雑誌「悲劇喜劇」で、ジャニーさんの原点は「ウエストサイドストーリー」であった、と述べられています。 光一さんもまた、そうだったと知って嬉しくなりました。 ここにこそ歌って踊る舞台の原点がある、と思って …

あの番組、何かやらかしました??

  見ていないあの番組ですが、Twitterによると今回も不快だったようす。   関西の今田さんの番組?で田口淳之介くんが「叱ってくれる先輩」として光一さんの話をしていたようで、「 …

来週土曜日は「SONGS」スピンオフ‼️

お忘れの方はいないでしょうが、もうすぐ初日ですし、どこがどう変わったのかあれこれ皆さんの感想をチェックするうちにうっかり、ということが無いように。   (↑これ自分のためですね、やっぱり) …

梅芸先行予約エントリーは6日23時30分まで!!

自分で言っておきながら忘れていたことに気づきました! エントリーしなきゃ!! 6日23時30分までエントリーが可能です。 なかなかチケットが取れない公演ですが、頑張りましょう。   &nbs …