会いたいぞ!

#25 見る音楽を作りこむミュージックビデオの世界

投稿日:

光一さんの「エンタテイナーの条件」単行本は何度も読み返したくなります。

 

あのときはこういうことを考えていたのか、とか、こんな思いがあったんだ、とか、たくさんの学びと発見があって、堂本光一という人が理解でき、ますます好きになります。

 

また、そのように分かりやすくきちんと語ってくれることが光一さんのクレバーなところですし、F1の話にしても、とても分かりやすいです。

 

今回また読み返しているのですが特にラストの3つの章についてちょっと思うことがありました。

 

今回の「#25 見る音楽を作りこむミュージックビデオの世界」というこのブログのタイトルですが、これは「エンタテイナーの条件」単行本の最終章のタイトルでもあります。

 

ここで光一さんは「DVDシングル」”INTERACTIONAL/SHOW ME UR MONSTER”について話していました。

錦織さんに相談したこと。

特に”INTERACTIONAL”は「もう36歳だし、こういう大人っぽい感じもアリなんじゃないの?」と周りからも言われた、とも。

 

この2曲のすばらしさは、もうみんな知っているわけですが・・・・。

 

このように「作りこむ」のが光一さんのスタイルですよね。

 

・・・ただ、これを読み返しながら、この時からもう4年が過ぎている、という事実に改めて愕然とするのです。

 

だって、この前の章は#24「~2つの現場」

これは「陰陽師」とケント・モリさんとの「MJ企画」の2つを指しています。

さらに#22 #23は帝劇での事故の話です。

 

あの「陰陽師」

あの事故

 

もう過去の事として記憶に残っていることが、ここに書かれている。

 

つまり、光一さんのソロ活動としてのドラマ出演や歌番組出演は、この時以来無いのです!

 

DVDシングルも「ソロアルバム」も「ソロコン」もです!!

 

ここに書かれているような拘りの表現、光一さんならではの「音楽の可視化」

光一さんは今もそれを考えているはず。

さらに「次」を求めているはず。

・・・でも、それはいつ公にされるのでしょう?

 

ずっと待っているのに。

 

あの感動の「INTERACTIONAL」のダンスを見ながら、この「次」はどんなものを見せてくれるのだろう?と楽しみはどんどん膨らんでいるというのに・・・。

 

何時まで待てばいいのでしょう?

せめて、『いつまで」というところだけでも、知りたいのに。

 

 







-会いたいぞ!
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

座長の「可愛い」話⁉️

最近、さすがに座長を持ちあげてばかりだなあ、と反省(?)   以前、井上さんが、持ち物が少ないのに、なぜか忘れる、とおっしゃっていましたね。 それが可愛い、とフォローされてもいましたが。 そ …

懐かしの「銀狼怪奇ファイル」!!

なぜだかわからないけれどもTwitterでトレンド入りしたそうで。 懐かしさのあまり、思い出に浸りたくなりました。   「ぎんろうかいき」の部分を変換すると「銀郎」「会期」になってしまうのが …

え~‼️ 光一さん飛入で芳雄さんと歌った‼️

ツイッターを見ていて、あまりに驚いて嬉かったので。 とりあえずみなさんの感想などはりつけます。 ちょっと多すぎかも。   舞台上で私服の光一さんと衣装の芳雄さんのハグが見られるとは…萌音ちゃ …

私はやっぱり「光一さんファン」!

トニー賞授賞式は、進行役の井上さんとゲストの光一さんがソファに並んで座っているところが見られて、楽しかったです。   「ハデスタウン」のエヴァのファンだという光一さん。 エヴァが受賞を逃して …

7月12日「ソロデビュー記念日」に向けて!!

さあ、7月です! 12日は光一さんの「ソロデビュー記念日」   待つばかりでなく、ファンの気持ちを伝えたいですね。       Twitterでもその日にタグを …