覚え書き

景色は変わっても、たぶん【本質】は変わらない!!

投稿日:

⇑は今日の六甲山。

空に雲が多く、やや霞んでいます。

どんな天候でも山の姿は変わらないけれども、「見え方」は様々に違います。

ただ、どんな風に、何を見せるか、

そこに『堂本光一』としての在り方が問われるのでしょう。

 

 

舞台の座長として「コウイチ」を生き、演出家としてキャストをより生かす方法を考える、肉体を駆使して全力のパフォーマンスを見せる、それが『Endless SHOCK』の堂本光一。

 

でも、グループは一人ではなく他のメンバーがいる以上、思うようにはできない。

 

SHOCKカンパニーは、座長の元に集まった『覚悟』のメンバーだけれども。

Gは残念ながらそうではないので。

 

充分なパフォーマンスができないなら、もう辞めればいい、と思うけれども、Gを続ける理由があるのかもしれない、とも思ったり。

 

ジャニーズの基本がセルフプロデュースなら、百歩譲って今の、あるいは今後の「KinKi」の見せ方を、あちらにできる範囲で模索しているのかもしれません。

 

ただし、そんなものはちっとも見たくないですが。

 

 

あえて言えば、素材をどのように見せるか、その方法を素材によって考える、という基本的な姿勢は変わらないと言えるのかもしれませんね。「演出家目線」というものでしょうか。

 

さらに言えば、求めるファンに応える、という意味もあるのかもしれません。

 

実際、キンキを求めるファンが多いらしいし。

パフォーマンスなどどうでもよくて、ただキンキがそこにいればいいようで。

(光一さんの悪口を散々言いながらキンキが見たい、という心理は不可解ですが)

 

 

・・・自身のファンは後回し?

 

 

どういう「堂本光一」を今後見せてゆくのか?

 

結局、全力を尽くせる場でなければ、自身が満足できないのでは?と思います。

 

 

そんな「全力」の舞台の記事の展示会が開かれるそうです。

詳しくはこちら。

堂本光一「Endless SHOCK」20年スポーツ紙で振り返る パネル展開催

 

 

これもある意味、ジャニーズ事務所の「戦略」とも思われますが、「SHOCK」20年の歴史は間違いなく光一さんの歴史です。

むしろKinKiの歴史以上に『堂本光一』を支えてきた歴史でしょう。

そう考えれば、今後どこに軸を置くのか、明らかであるように思われます。

 

メンバー『二人』で作るべき『グループ』はもう失われています。一人に合わせるしかないなら、もう『グループ』とは言えないでしょう。

 

あれもこれも追いかける時間はありません。

 

今後の時間を何に費やすのか?

真剣に考えて欲しいと願っています。

 

・・・もちろん「ソロコン」も。

いえ、「ソロコン」こそを熱望しています!!

 

『堂本光一』の最高のパフォーマンスが見られる場が「ソロコン」ですから。

 

もう十分に「ソロファン」を待たせたのではありませんか?







-覚え書き
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「僕の背中には羽根がある」

なんとなく「眺めていた」ツイートに、吉田拓郎さんのラジオの話があって、そこでKinKiで一番好きな歌の話題になり、拓郎さんは「フラワー」が好きなのだけれども光一さんから『僕の背中には羽根がある』が一番 …

知りたいこと

12月はグループ活動 と思ってはいるものの ずっと気になっているのは光一さんの髪形 舞台が終わってもアーサイト様   これはなにかあるのかしら と思ったり   でもそれらしき発表は …

コロナ後遺症の実態!?

今日のニュースで風間俊介くんがコロナ陽性だったことがわかったとか。 感染経路が判然としないほどコロナが市中に広まっているのではないか、と思います。 それなりの対策はしていたと思いますから。 &nbsp …

「大人が本気でふざけたら・・・」日経エンタ7月号より

僕の動画に関しては、 「大人が本気でふざけたらこうなりましたって言うことですかね(笑)」 と日経エンタの連載で話している光一さんです。   この「大人が本気でふざけたら」というフレーズがずっ …

「スピンオフ」と「Endless SHOCK」

「スピンオフ」とは何でしょう? 最も一般的な定義は、本編から派生した物語。 例えば、ドクターXにおける「ドクターY」 これは、加地先生の物語であって基本ドクターXは出てきません。   半沢直 …