本・雑誌・記事

「KinKi Kidsの新しい形を探して」・・・でも誰が求めてる?

投稿日:

日経エンタの連載は前半はFNSの話、後半がキンキコンについて。

で、キンキコンについては、

あちらができる曲をあちらがピックアップしたそうで。

小さなホールコンサートはあちらが拒否、キンキはドームで、とこだわったとか。

結局、できることをした、と。

つまり、曲作りはあちら、演出は光一さん。

 

「できること」となったら、それしかありませんよね。

 

連載のタイトルは

【キンキの新しい形を探して】

でも、【新しい形】を誰が求めていると言うのですか?

キンキファンはキンキキッズが見られればいいのです。

演出がどうであれ、踊っても踊らなくても、もしかしたら、歌っても歌わなくてもかまわない。

あちらの望むような【漫談】だけでもいいのかも。

つまりは、キンキキッズが見られればいいのです。

そんな【キンキファン】に対して、新たなキンキを模索する意味がありますか?

かれらはそれを望んでいないのに。

徒労ではありませんか‼️

 

タレントがファンを作り、ファンがタレントを作る、これはやはり真実です。

あちらファンがあちらを今にようにしてしまい、光一さんファンが今の光一さんを作ったのです。

 

今度「SHOCK」20年の記事展示会があるそうですが、光一さんの20年はそっくりそのままファンの20年でもあるのです。

光一さんの記事を見ながら、当時の自分を思い出し、どの席で舞台を観ていたか、どんな状況で、どんな感想を持ったか、思い出すのです。

光一さんが舞台に支えられたというなら、時間と費用をかけて舞台を支え続けたのはファンでしょう。光一さんの進化を信じ、何度でも舞台に通い、さらに高みを目指す光一さんを信じ、期待し、見守り続けてきたのです。

 

そうして「光一クオリティー」を信じて「ソロコン」に期待し待ち続けてきたのです。

 

ファンの期待を裏切らない「光一ワールド」を信じ、求めて、「次」のステージに立つ光一さんを信じ、求めて。

 

・・・・でも、今、失望とともに光一さんから離れようとする人がいることを知っていますか?

ファンが変化してしまったら、ファンが期待しなくなったら、未来はありません。

 

キンキファンの前で漫談でもしますか?

 

光一さんのそんな姿は見たくありません。

 

「SHOCK」の進化と、「ソロコン」で「次」の光一さんを見ることが ファンの喜びですが、光一さんは別のものを見ているのではないか?と思います。

 

それはジャニーさんの幻影?

 

舞台のセンターに立つ光一さんのパフォーマンスをジャニーさんも認めていたはず。

ならばその道を迷わずに進んでください!!

 

『光一クオリティー』の新たなステージを見せてください!!

あなたのファンは、それをしっかりと受け止め、これからもあなたを支え続けるでしょう。

それがファンの幸せですから。

 

そういうファンの存在が、あなたの幸せではありませんか?

 

 







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こちらの記事も見逃せませんでした!

この記事。 舞台人・光一が戻ってくる 5カ月ぶりステージ「きっかけ、スタートになれば」 KinKiに拘る以前に内容に注目! とくにここ。 『舞台人・光一が戻ってくる。「エンターテイメントっていいものだ …

もう、見たいものだけを見る!と決めた!!

  もう12月なんですけど。 写真は11月の終わり。 美しい紅葉と、秋らしい青空‼️ 堂本光一という美しい生物‼️ それだけでいいかな …

日経エンタ連載❣️

今回はvol.85 「エンタメの新しい様式から生まれるもの」 音楽の日のこと ナイツテイルコンサートのこと、 SHOCK eternal のこと。 これまであちこちで光一さん自身が話してくれた内容とほ …

ステージナビの光一さん!

  1600回の特別カテコのレポと写真がたっぷり。 (表紙は滝沢くんと健くんです)   で特に印象に残ったのが、15時公演を東宝さんに申し入れたのは光一さん、ということ。 &nbs …

「少年隊」に感謝!!

20日夜に語った光一さんの言葉が記事になっていますね。 こちら。 堂本光一「今の自分いなかった」少年隊に感謝の思い   一部を抜粋します。⇓ 『夜公演のカーテンコールで「『SHOCK』の原点 …