覚え書き

見たいものは?

投稿日:2020-01-02 更新日:

2020年1月2日。

朝の景色です。

美しい青空です‼️

六甲の山並みも美しい‼️

ちょっと雲がかかって見えない所もあります。

いつも変わらずに美しい稜線を見せてくれる六甲山が光一さんなら、私が見たいのは素の山並みではなく、青空をバックにさらに輝く六甲山であり、パフォーマンスでステージを盛り上げる光一さんです。

 

雲が出る日もあれば、雨で霞むこともある。

山並みは変わらないけれど。

何を観たいかはファンが決めること。

 

光一さんがどんな人か、どんな人生を選ぶのか、そういうこととは別に、ファンにはお金と時間を使ってでも見たいステージがあり、求めたい光一さんがいる。

 

それがあるからファンでいられる。

 

光一さんには、ジャニーさんからも、あちらからも自由になって、まさにその「翼」で空高く飛んで欲しいけれども。

また、それが『堂本光一』の魅力だと思うけれども。

 

そういうファンの声や気持ちは届いていないらしい。

 

それとも、かすかには届いている??

 

今はまだ、ある種の感傷に浸っているのか、情に流されているのか、もう少し待つべきだったか、と思いますが・・・。

 

でも、「共にいきてゆく」と言ってしまいましたからね、

自分の言葉にけっこう捕らわれる人(言葉に責任を持つ、とも言う。あちらには無い要素ですね)ですから、言ってしまった以上キンキは続くのかな(with の立場でも)と思っています。

 

あとは、ソロ活動がどうなるのか?

 

そこだけ。

 

 

まあ、今は、そんな感じ。

 

 

 

しかし、

眼を転じて海方向をみると、こんな光景が見られましたよ。

 

海沿いは雲が厚くて、どんよりしていたのですが、一瞬、光が差しました。

 

これはただの自然現象だけれども。

 

『どんよりの厚い雲』に妨げられても、こんなふうに光が差すこともある。

 

・・・・気づく、もしくは目覚める、もしくは覚醒する・・・・。

 

どんな言い方でもいいけれど、未来を本当に考えるなら、もっと柔軟に、もっと自由に、もっと捕らわれずに、見つめて欲しい。

 

光一さんの人生ですから、自身で決めればいいことです。

 

 

ファンもまた、自身で決めるしかありません。

 

 

これまで長い時間を過ごしてきたのは、そんなふうに自身で決められる自分を作るためだったのかもしれませんから。

 

 

 

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新たな出会い、えっ!光一さんファン⁉️

新たな出会いです。 昨日、素敵な夢をみました! という話しから、夢の中でかっこよかった光一くん、と続き、 「え、え〜!そうなの?」 白い制服のルカにやられた、というお馴染みのパターン。 大野くん大好き …

今日のカテコは大澄賢也さん⁉️

夜に皆さんの感想を拝見するのが、毎日の楽しみです。 今夜気になったのが、このツイート。   『ナイツテイル、観れば観るほど楽しい!チケット降ってこーい! カテコで賢也さんにリフトされそうにな …

この時代から「新しい文化」が生まれる!?

「7月に早々と舞台に立たせていただいて、その時は言葉にならないくらい胸が熱くなりました。今まで普通だった『舞台に立つ』ということが、こんなに凄いことだったとは、と。今回の朝ドラじゃないですが、こういう …

「19年」の重み!

昨日2019年3月21日、イチロー選手が現役を引退しました。 その記者会見を見ていて、特に2つの言葉が心に残りました。 それは、『応えたい』ということと、『自分なりに頑張ってきた』ということです。 & …

あと4公演!!

    台風の影響もなく無事に公演は続いているようですね。 コロナ感染で舞台稽古は中止、とかのニュースを聞くと、とにかく個々の予防対策が大事、とつくづく思います。   大 …